この文書では、Adobe Photoshop で画像の著作権を保護する「デジタル透かし」機能について説明します。

A. デジタル透かし機能について

デジタル透かしとは、画像にノイズとして追加されるデジタルコードのことで、肉眼で確認することはできません。Photoshop では、Digimarc 社の ImageBridge 技術を使用したデジタル透かし機能を利用して、画像に著作権情報を追加することができます。

Digimarc 社のデジタル透かしは、デジタル形式とプリント形式のどちらでも耐久性があります。デジタル透かしが埋め込まれている画像をコピーすると、透かし情報もすべてコピーされます。また、一般的な画像編集やファイル形式の変更はもちろん、プリントアウトした画像をスキャンしてコンピュータに取り込んでも検出可能な透かしが残ります。

また、画像に著作権情報を追加することで、画像が著作権によって保護されていることをユーザに知らせることができます。閲覧者は、画像の作成者の連絡先についての情報を入手することができます。この機能は、画像の作成者が作品のライセンス管理を行う場合に使用します。

 注意 : Digimarc 社のデジタル透かしを使用するには、Digimarc 社に情報を登録し、著作者 ID (DigimarcID) と個人登録番号 (PIN) を取得しておく必要があります。Digimarc 社のデジタル透かしについて詳しくは、こちらの Digimarc 社 Web サイト をご覧ください。

http://www.digimarc.com/

B. デジタル透かしの埋め込み

  1. Photoshop を起動し、デジタル透かしを埋め込む画像を開きます。
  2. フィルター/Digimarc/透かしの埋め込み を選択します。
     注意 : すでに画像に透かしが埋め込まれている場合、透かしの埋め込みは機能しません。画像にレイヤーが含まれている場合は、レイヤーを統合する必要があります。レイヤーが統合されていない場合、透かしはアクティブなレイヤーにのみ適用されます。

     注意 : インデックスカラーモードの画像には、デジタル透かしを追加することができません。この場合は、画像を RGB モードに変換してから透かしを埋め込ます。埋め込み後、画像をインデックスカラーモードに変換します。ただし、変換時に透かしが消去されてしまう可能性もあります。

  3. 透かしの埋め込み ダイアログボックスで、以下の設定を行います。

    ・ 登録
    初めてデジタル透かしの埋め込みを行う場合、Web ブラウザを起動して Digimarc 社の Web サイトにアクセスし、著作者 ID (DigimarcID) と個人登録番号 (PIN) を取得します。
    ・ 画像情報
    画像の「著作年」、「項目 ID」、または「処理 ID」を入力します。
    ・ 画像の属性
    「限定使用」を選択すると、画像の用途が制限されます。「コピー禁止」を選択すると、画像のコピーを禁止することを示します。「アダルトコンテンツ」を選択すると、画像のコンテンツが成人向けであることを示すラベルが付けられます。Photoshop では、「アダルトコンテンツ」オプションが選択されていても成人向け画像へのアクセスは特に制限されません。
    ・ 透かしの耐久度
    画像の用途や埋め込む情報の目的に応じて、適切な透かしの耐久度を設定します。値を低く設定すると、デジタル透かしは画像内で見えにくくなりますが、耐用性が低下します。また、フィルターを適用したり、画像編集、プリントおよびスキャンなどを行うと、透かしが消失する可能性があります。値を高く設定すると、デジタル透かしの耐用性は向上しますが、画像にノイズが表示されることがあります。透かしの耐久度の確認は、画像にデジタル透かしを埋め込んだ本人しか利用することができません。
  4. 設定が終了したら「OK」をクリックし、画像を保存します。

C. デジタル透かしの読み込み

デジタル透かしの読み込みを行い、透かしの情報の確認を行うことができます。デジタル透かしの読み込みは、フィルター/Digimarc/透かしの読み込み から行います。

透かしが検出された場合、透かしの情報 ダイアログボックスに著作者 ID (DigimarcID)、著作権取得年 (取得している場合)、および画像の属性が表示されます。 

また、透かしが検出された場合、ドキュメントウィンドウのタイトルバーに著作権記号 「(c)」 が表示され、ファイル情報 ダイアログボックスの内容が更新されます。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー