この文書では、Adobe Photshop での Camera Raw ファイルの取り扱いについて説明します。

A. Camera Raw とは

「Camera Raw」 の 「RAW」 とは、直訳すると 「生の」、「そのままの」 という意味の英語で、デジタルカメラの用語として使用する場合は、「生のデータ」や「加工してない元のデータ」 という意味で使われます。

Camera Raw 形式のデータは、撮影した被写体をカメラの内部でデジタル化しただけで、補正や圧縮などの処理を行っていないデータです。色や階調の情報量を極力圧縮せずに保存するので、画質の劣化を最小限におさえることができます。

Camera Raw ファイルは、デジタル写真の上級者に好まれており、今後ますます流通していくことが予想されます。

B. Photoshop と Camera Raw ファイル

B-1. Camera Raw ファイルの読み込みと編集

これまで各メーカーの RAW ファイルには互換性がなく、RAW ファイルの閲覧、編集には各社専用のソフトウェアが必要となっていましたが、Photoshop では、主要メーカーのデジタルカメラで撮影した RAW ファイルを他のファイルと同様にファイルメニューから読み込むことができます。 

 注意 : Photoshop では、サポートしているカメラからのみ RAW ファイルを開くことができます。Photoshop が対応しているカメラ機種、および Camera Raw ファイルについて詳しくは、こちらをご参照ください。 

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop/cameraraw.html  

Camera Raw ファイルを開くと、自動的に Camera Raw ダイアログボックスが表示され、カメラ上で行うようなホワイトバランス、色調範囲、コントラスト、彩度およびシャープを設定することができます。

B-2. Camera Raw ファイルの保存

Photoshop では、Camera Raw ファイル編集することはできますが、編集した画像を Camera Raw 形式で保存することはできません。しかし、補正後の写真を他の Photoshop 互換ファイル形式で保存することはできます。また、最後に処理を行ったときの画像設定内容を保存することもできます。

Camera Raw ダイアログボックスでは、ダイアログボックス左下の「画像を保存」ボタンから、Digital Negative (DNG)、JPEG、TIFF または Photoshop (PSD) 形式で保存することができます。

Photoshop でファイルを開いた場合は、補正後の写真を編集することもでき、通常の画像と同様に、PSD、JPEG、ビックドキュメント形式 (PSB)、TIFF、Cineon、汎用フォーマット、PNG、Portable Bit Map などの Photoshop 対応形式で画像を保存することができます。 

B-3. Camera Raw フィルター

Camera Raw 機能がファイルターメニューに加わわり、Camera Raw ファイルを読み込んだ後に再度補正を加えたり、Camera Raw ファイル以外にも効果を適用することができます。レイヤーをスマートオブジェクトに変換すれば、スマートフィルターの非破壊編集が可能です。フィルター/Camera Raw フィルターを選択するとダイアログボックスが表示されるので、画像を補正できます。

C. Digital Negative 形式(DNG)について

Digital Negative(DNG)は、デジタルカメラの Raw 画像データとデータの意味を定義するメタデータを含むファイル形式です。DNG は、現在の様々な Camera Raw ファイル形式に互換性を提供して統一を進めるために、Adobe が提供し、一般に公開している Camera Raw ファイル用の長期保管可能な形式です。Camera Raw プラグインは、Camera Raw 画像データを DNG 形式に保存できます。

Digital Negative(DNG)ファイル形式について詳しくは、こちら をご確認ください。

D. Camera Raw ファイルと Photoshop の汎用ファイル

Photoshop では、Camera Raw ファイル編集することはできますが、編集した画像を Camera Raw 形式で保存することはできません。Photoshop では汎用フォーマット (.raw) を利用できますが、これは Camera Raw 画像ファイルとは形式が異なります。Camera Raw 画像ファイルには、カメラの CCD や CMOS からの未処理のビットが含まれており、Camera Raw プラグインで行われるような複雑な処理が必要です。Photoshop の汎用フォーマットは、異なるアプリケーション間やプラットフォーム間で画像をやり取りするための柔軟なファイル形式です。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー