スマートオブジェクトは、配置またはペーストされた画像を、元の画質を保持したまま編集や拡大・縮小、回転、ワープが可能な機能です。

スマートオブジェクトを使用すれば、Photoshop CS3 上に配置された画像を、品質を保持したまま、拡大・縮小や回転、ワープを行うことができます。Illustrator のベクトルデータをスマートオブジェクトとして配置した場合、元データを Illustrator CS3 で編集すると、Photoshop CS3 上に配置した画像にも、自動的に変更が反映されます。

スマートオブジェクトを作成すると、元のファイルとは別に作業用のファイル (ソースコンテンツファイル) が作成されます。スマートオブジェクトの編集は、ソースコンテンツファイルを介して行われるため、元のファイルのデータを維持することができます。

スマートオブジェクトの配置

新規にスマートオブジェクトを作成するには、[配置] コマンドを使用して画像を読み込む方法や、コピー&ペーストによる配置、レイヤーまたはオブジェクトをドラッグして配置する方法があります。スマートオブジェクトとして配置された画像は、[レイヤー] パレットでサムネールの右下にアイコン が表示されます。

※ Illustrator からスマートオブジェクトとしてペーストするには、Illustrator の 環境設定ダイアログボックスの [ファイル管理・クリップボード] で、[PDF] および [AICB (透明サポートなし)] オプションをオンにしておきます。

スマートオブジェクトの編集

Photoshop 上に配置されたスマートオブジェクトから、ソースコンテンツの編集を行うことができます。スマートオブジェクトを編集するには、[レイヤー] メニューの [スマートオブジェクト] で [コンテンツを編集] をクリックするか、[レイヤー] パレットでスマートオブジェクトのサムネールをダブルクリックします。編集を行うとき、ソースコンテンツのファイルがラスタデータまたは Camera Raw ファイルである場合は Photoshop、ベクトルデータの PDF または EPS データである場合は Illustratorで開きます。ソースコンテンツファイルが更新されて保存されると、Photoshop ドキュメント上に配置されたスマートオブジェクトも自動的に更新されます。

スマートオブジェクトの複製

Photoshop ドキュメント上でスマートオブジェクトを複製する際、元のソースコンテンツファイルとのリンクを維持するか、解除するか選択することができます。リンクを維持した場合、ソースコンテンツファイルを編集することにより、複数のオブジェクトに対して一度に変更を反映することができます。リンクを解除した場合には、一つのオブジェクトをもとに別々の編集を加えたオブジェクト (同じ形状で色違いなど) を複数配置することができます。

リンクを解除して複製

元のソースコンテンツファイルとのリンクを解除したスマートオブジェクトを作成するには、[レイヤー] メニューの [スマートオブジェクト] をポイントし、[スマートオブジェクトを複製] を選択します。

この方法で複製されたスマートオブジェクトのソースコンテンツファイルは、それぞれ独立したファイルとなります。複製したスマートオブジェクトのソースコンテンツファイルに対して行った編集は、元のスマートオブジェクトには反映されません。

リンクを維持して複製

元のスマートオブジェクトとリンクを維持したまま複製するには、[レイヤー] メニューの [新規] をポイントし、[選択範囲をコピーしたレイヤー] を選択します。また、スマートオブジェクトのレイヤーを、[レイヤー] パレットの下部にある [新規レイヤーを作成] アイコンにドラッグすることでも複製できます。

この方法で複製されたスマートオブジェクトのソースコンテンツファイルは共通です。いずれかのスマートオブジェクトのソースコンテンツファイルへの編集は、すべてのスマートオブジェクトに反映されます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー