内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop で赤目を修正する方法について説明します。

A. 赤目現象について 

カメラのフラッシュが目の網膜に反射すると、瞳が赤く写ることがありますこれを赤目と呼びます。暗い場所では瞳孔が開いているため、写真撮影する際に赤目が発生しやすくなります。赤目は、カメラの赤目軽減機能を使用したり、外部フラッシュを接続してカメラのレンズとフラッシュの間隔を離すことで回避することができます。

B. 赤目を修正する

Photoshop では、赤目修正ツールを使用して、赤目現象をワンクリックで補正することができます。また、動物のフラッシュ撮影で発生した、白または緑の反射を除去することも可能です。

  1. Photoshop を起動し、瞳が赤く映った画像を開きます。

  2. ツールパネルから、赤目修正ツールを選択します。

  3. オプションバーで、「瞳の大きさ」と「暗くする量」を調整します。

  4. 写真画像の赤目の部分をクリックするか、赤目を範囲選択します。

  5. 赤目が修正されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー