この文書では、Adobe Photoshop のワープ機能について説明します。

A. ワープとパペットワープ

ワープ機能を使用すると、コントロールポイントをドラッグして画像の形状、シェイプ、パスなどを操作できます。パッケージに合わせてラベルを貼り付けたり、立体的な画像を作成することが可能です。

パペットワープは、メッシュを視覚化して、他の領域に影響を与えずに特定の画像領域を大きく変形できます。画像のちょっとしたレタッチ(髪型など)から、大がかりな変形(腕や脚の位置の変更など)まで、様々な用途に使用できます。

B. ワープ機能の使用方法

  1. Photoshop を起動し、変形させる画像を開く、または作成します。
  2. 背景のみの画像や複数レイヤーから成る画像の場合は、1 つのレイヤーにまとめます。
    ・ 背景のみの場合は、レイヤー/新規/背景からレイヤーへ を選択します。
    ・ 複数レイヤーの場合は、レイヤー/表示レイヤーを結合 や レイヤー/レイヤーを統合 などでまとめます(背景に統合された場合は、上記の方法でレイヤーに変換します)。

  3. 編集/変形/ワープ を選択します。
  4. 画像を囲むようにバウンディングボックスが表示されます。



  5. コントロールパネルから、ワープスタイルを選択します。

    ※ 「カスタム」では、コントロールポイントやバウンディングボックスのセグメントなどをドラッグして自由に変更することができます。「アーチ」や「波形」などのシェイプもプリセットで用意されており、各シェイプの数値を入力してワープの適用量を調整することも可能です。また、任意のシェイプを使用した後で自由に変形を加えることも可能です。







  6. 「基準点の位置」アイコンをクリックして変形の基準となる場所を変更したり、ハンドルやメッシュ領域内をドラッグしたり、コントロールパネルの値を入力してワープ量を調整します。



  7. Enter キー(Windows) または Return キー(Mac OS)を押して、変更を確定します。

C. パペットワープの使用方法

  1. Photoshop を起動し、変形させたい画像を開きます。
  2. 背景の場合は、レイヤー/新規/背景からレイヤーへ を選択します。

  3. 画像内の一部分を変更させたい場合は、選択ツールなどで範囲を選択します。

  4. 編集/パペットワープを選択します。
  5. オプションバーで、以下のメッシュ設定を調整します。

    モード : メッシュの全体的な伸縮性を指定します。広角の画像やテクスチャマップのワープに適した伸縮性の高いメッシュには、「変形」を選択します。

    密度 : メッシュのポイントの間隔を指定します。「ポイント数を増加」を選択すると精度は向上しますが処理時間がかかり、「ポイント数を減少」を選択するとその逆になります。

    拡張 : メッシュの外枠を伸長または縮小します。

    メッシュを表示 : 選択を解除すると調整ピンだけが表示され、変形のプレビューがクリアになります。

    ※ 調整ピンを一時的に隠すには、H キーを押します。



  6. 画像ウィンドウ内をクリックして、変形する領域と固定する領域にピンを追加します。

  7. オプションバーの「回転」で角度を入力するか、Alt キー(Windows) または Option キー(Mac OS) を押して円が表示されたら、メッシュ近くでカーソルをドラッグすると、メッシュが回転します。

  8. Enter キー(Windows) または Return キー(Mac OS)を押して、変更を確定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー