この文書では、Adobe Photoshop のアルファチャンネルについて説明します。

A. アルファチャンネルとは

アルファチャンネルとは、画像の特定の領域に対して編集、分離、保護などの操作を行うときに、画像の一部を保護する「マスク」として使用できる新規チャンネルのことをいいます。

チャンネルは、さまざまな種類の情報を保存するグレースケール画像です。Photoshop では、新規画像の作成時にカラー情報チャンネルが自動的に作成されます。チャンネルには画像のカラー要素に関する情報が含まれていて、カラーモードによってチャンネル数が異なります。例えば、RGB 画像には初期設定で R (レッド)、G (グリーン)、B (ブルー) の 3 つのチャンネルがありますが、この初期設定のカラーチャンネルのほかに、編集のためのチャンネルとして、アルファチャンネルを画像に追加することができます。

B. アルファチャンネルの作成と編集

アルファチャンネルは、画像のどの部分が透明または半透明かを定義し、選択範囲をマスクとして編集したり保存することができます。アルファチャンネルのマスクを編集するには、ペイントツールや編集ツール、フィルタを使用します。

ここでは、アルファチャンネルの作成方法の一例を紹介します。

B-1. 選択範囲をアルファチャンネルとして保存する

  1. Photoshop を起動し、新規ファイルを作成するか、既存のファイルを開きます。
  2. 選択ツールなどを使用して、範囲を選択します。

  3. ウィンドウ/チャンネル を選択し、チャンネルパネルを開きます。
  4. 以下のいずれかの操作を行います。

    • チャンネルパネル下部にある「選択範囲をチャンネルとして保存」ボタンをクリックします。
    • 選択範囲/選択範囲を保存 を選択して、選択範囲を保存 ダイアログボックスを表示し、チャンネル名を入力して「OK」をクリックします。
  5. チャンネルパネルに、選択した範囲が新しいチャンネルとして追加されます。

B-2. アルファチャンネルを編集する

  1. Photoshop を起動し、新規ファイルを作成するか、既存のファイルを開きます。
  2. ウィンドウ/チャンネル を選択し、チャンネルパネルを開きます。
  3. チャンネルパネル下部にある「新規チャンネルを作成」ボタンをクリックします。

  4. 新しいチャンネルが作成されます。

  5.  チャンネルパネルで、作成した一色のアルファチャンネルを選択した状態で、以下のような操作を行います。

    • グラデーションツールなどで塗りつぶします(なめらかな変化のある選択範囲が作成できます)。
    • ブラシツールなどで描き込みます(グレースケール画像のため、白~黒にかけて透明度が変化します)。
    • フィルターメニューから、フィルターを適用します。

C. アルファチャンネルの利用方法

作成したアルファチャネルを利用すると、特殊な効果を作成することができます。
ここでは一例として、グラデーションのアルファチャンネルを選択範囲として使用し、「グラフィックペン」フィルターを適用する方法について紹介します。

  1. 手順 B-2. の方法でグラデーションツールでアルファチャンネルを作成します。

  2. チャンネルパネルでアルファチャンネルを選択し、パネル下部の「チャンネルを選択範囲として読み込む」ボタンをクリックします。

  3. アルファチャンネルから選択範囲が作成されます。

  4.  チャンネルパネルで、RGB チャンネル(カラーモードが RGB の場合)を選択します。

  5. フィルター/フィルターギャラリーを選択します。
  6. ウィンドウから適用するフィルター(ここでは「グラフィックペン」)を選択し、オプションで調整して「OK」をクリックします。

  7. アルファチャンネルの選択範囲でフィルターが適用されます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー