この文書では、Adobe Photoshop で操作を誤ってしまった場合などに、操作を取り消してやり直す方法について説明します。

A. 操作の取り消し、やり直し

編集 メニューから、直前の操作を取り消したり、取り消した操作を 1 段階進んだり戻ったりしてやり直すことができます。

 

B. 最後に保存した状態への復帰

ファイル/復帰 を選択すると、画像を最後に保存した状態へ戻すことができます。
※ 「復帰」は、ヒストリーパネルにヒストリー画像として追加され、元に戻すことができます。ヒストリーパネルについては、「C. ヒストリーパネル」を参照してください。

C. ヒストリーパネル

ヒストリーパネルは、ウィンドウ/ヒストリー を選択して表示することができます。

C-1. ヒストリーの利用方法

ヒストリーパネルでは、操作の履歴を一時的に保存し、一覧表示します。画像に操作を加えるたびに、操作の履歴がヒストリー パネルに追加されていきます。追加された履歴をクリックすると、数段階前の操作時の画像を即座に呼び出すことができます。

C-2. スナップショット

ヒストリーパネルでは、画像の一時的なコピーをスナップショットとしてパネルに追加することができます。 スナップショットを選択すると、その状態の画像に戻って作業を続けることができます。スナップショットを使用するには、以下の操作を行います。

  1. ヒストリーパネルのオプションメニューから「新規スナップショット」を選択します。

  2. 新規スナップショット ウィンドウでスナップショット名を入力し、対象を選択して「OK」をクリックします。
    「ドキュメント全体」を選択した場合は、現在のレイヤー構成などを維持した状態でスナップショットを保存します。「統合レイヤー」を選択した場合は、すべてのレイヤーが統合された状態の画像でスナップショットを保存します。「現在のレイヤー」を選択した場合は、選択しているレイヤーのみのスナップショットを保存します。

  3. ヒストリーパネルにスナップショットが作成されます。

C-3. ヒストリーパネルの設定

ヒストリーオプション

ヒストリーパネルのオプションメニューから「ヒストリーオプション」を選択すると、スナップショットの自動作成やノンリニアヒストリーなどについての設定を変更することができます。ノンリニアヒストリーを許可すると、特定のヒストリー画像に戻ってから編集を加えても、その後のヒストリー画像が削除されなくなります。 

ヒストリーの環境設定

編集/環境設定/パフォーマンス から、環境設定でヒストリー履歴を何段階まで保存するか設定することができます。設定数以上のヒストリー画像は、古いものから順に削除されていきます。 

ヒストリーログ

Photoshop で行った編集の履歴をヒストリーログとして作成することができます。ヒストリーログは、外部ファイルとして書き出すか、編集されたファイルのメタデータにログファイルを保存することができます。ヒストリーログの設定は、編集/環境設定/一般 を選択し、環境設定 ダイアログボックスで行います。ヒストリーログの作成するかどうか、ログ項目の設定の変更などを行うことができます。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー