この文書では、Adobe Photoshop でスマートフィルターを使用する方法について説明します。

A. スマートフィルターについて

スマートフィルターとは、スマートオブジェクトに適用されたフィルターで、元画像を変更せずにフィルターの適用や調整ができる機能です。レイヤー効果としてフィルターを適用できるため、元画像のオリジナルの状態が完全に保持できます。画像の保存し直しや、最初から操作をやり直す必要はありません。スマートフィルターレイヤーの表示 / 非表示を切り替えたり、フィルター適用後に再調整や削除を行うことができます。

B. スマートオブジェクトについて

スマートオブジェクトは、Photoshop や Illustrator ファイルなどのラスター画像やベクトル画像からの画像データを含むレイヤーです。スマートオブジェクトでは、すべてのデータ特性とともに元の画像のコンテンツを保持するため、非破壊編集を行うことができます。スマートオブジェクトは、以下の方法で作成できます。

  • ファイル/スマートオブジェクト から開く
  • ファイル/配置 でファイルを配置
  • Illustrator からデータをペースト
  • レイヤー/スマートオブジェクト/スマートオブジェクトに変換 などから変換する

C. スマートフィルターの適用方法

  1. Photoshop を起動し、スマートフィルターを適用する画像を開きます。
  2. 適用するレイヤーがスマートオブジェクトでない場合は、フィルター/スマートフィルター用に変換 を選択して、スマートオブジェクトに変換します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    ・ スマートフィルターをスマートオブジェクトレイヤー全体に適用するには、レイヤーパネルで該当するレイヤーを選択します。
    ・ スマートフィルターの効果をスマートオブジェクトレイヤーの一部の領域に適用する場合は、該当部分を選択ツールなどで選択します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。
    ・ フィルターメニューからフィルターを適用します。(抽出、ゆがみ、パターンメーカー、Vanishing Point を除いた、任意のフィルター(スマートフィルターに対応したサードパーティ製のフィルターを含む)を選択できます。)
    ・ イメージ/色調補正/シャドウ・ハイライト、またはイメージ/色調補正/バリエーションを選択します。

  5. フィルターオプションがある場合は、設定して「OK」をクリックします。



  6. スマートフィルターが適用されます。



     

D. スマートフィルターの編集

スマートフィルターに編集可能な設定が含まれている場合は、いつでも編集できます。 また、スマートフィルタの描画オプションも編集できます。

スマートフィルターを編集するには、フィルター名をダブルクリックします。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー