この文書では、Adobe Phtooshop でクイック選択ツールを使用する方法について説明します。

A. クイック選択ツールについて

クイック選択ツールとは、画像の上をブラシで軽くなぞるだけで選択範囲を自動的に決定し、画像の選択がすばやく簡単に行える機能です。 

マウスをドラッグすると、選択範囲が外向きに拡大し、画像内で定義された境界線を自動的に見つけて、それに従うようになります。選択ブラシのサイズや、選択範囲の追加/削除も簡単に行えます。 

B. クイック選択ツールの使用方法

  1. Phtooshop を起動し、画像を開きます。
  2. ツールパネルから、クイック選択ツールを選択します。

  3. オプションパネルから、 「新規選択」、「選択範囲に追加」、「現在の選択範囲から一部削除」のいずれかを指定します。

    ※ 何も選択しない場合、初期設定では「新規選択」が設定されています。最初の選択範囲を作成すると、自動的に「選択範囲に追加」に変わります。

  4. ブラシサイズを変更するには、オプションパネルのブラシメニューをクリックし、ピクセルサイズを入力するか、スライダーをドラッグします。ブラシサイズが「筆圧」または「スタイラスホイール」を感知するようにするには、「サイズ」のオプションを使用します。

    ※ 選択範囲を作成するときに、右角括弧(])キーを押すと、クイック選択ツールのブラシ先端サイズが大きくなり、左角括弧([)キーを押すと、サイズが小さくなります。

  5. クイック選択オプションを選択します。

    • 全レイヤーを対象 : 現在選択されているレイヤーのみではなく、すべてのレイヤーに基づいて選択範囲を作成します。
    • 自動調整 : 選択範囲の境界線における粗さとブロック歪みを減らします。自動調整では、選択範囲が画像の境界線に向けて自動的にフローし、境界線を調整ダイアログボックスの「コントラスト」オプションおよび「半径」オプションを使用して手動で適用できる境界線調整の一部が自動的に適用されます。
  6. 選択したい画像の一部をドラッグします。大まかに画像をなぞると、自動的に選択範囲を調整します。

    • 選択範囲から削除するには、オプションパネルの「現在の選択範囲から一部削除」をクリックし、既存の選択範囲上をドラッグします。
    • 追加モードと削除モードを一時的に切り替えるには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押します。
  7. 選択範囲の境界線をさらに調整する場合は、「境界線を調整」ボタンをクリックし、以下のオプションを設定します。

    また、半径調整ツールおよび調整消去ツールを使用することで、髪の毛や毛皮などのやわらかい領域の選択範囲に細かいディテールを追加できます。

    • スマート半径
      境界領域に出現するはっきりしたエッジや滑らかなエッジの半径を自動調整します。境界線が全体的にハードまたはソフトの場合、または半径の設定と調整ブラシをより詳細に制御する場合は、このオプションの選択を解除します。
    • 半径
      境界線の調整が行われる選択範囲の境界領域のサイズを指定します。境界線をシャープにするには小さな半径を使用し、境界線をソフトにするには大きな半径を使用します。
    • 滑らかに
      選択範囲の境界領域の不規則な部分(「ギザギザ」の部分)を減らし、アウトラインを滑らかにします。
    • ぼかし
      選択範囲とその周りのピクセルの間をぼかします。
    • コントラスト
      値を大きくすると、選択範囲の境界線に沿ったソフトなエッジが明確になります。一般的に、「スマート半径」オプションと調整ツールを使用する方が効果的です。
    • エッジをシフト
      負の値を設定するとソフトなエッジの境界線は内側に移動し、正の値の場合は外側に移動します。境界線を内側に移動すると、選択範囲の境界線から不要な背景を削除できます。
    • 不要なカラーの除去
      カラーのフリンジを、完全に選択された近隣のピクセルのカラーで置き換えます。カラーの置き換えの強さは、選択範囲の境界線の柔らかさに比例します。
      ※ このオプションはピクセルのカラーを変更するため、新規レイヤーや新規ドキュメントへの出力が必要です。元のレイヤーを保持すれば、必要に応じて元に戻すことができます(ピクセルカラーの変更を簡単に確認するには、「表示」で「レイヤーを表示」を選択します)。

    • 不要なカラーの除去とフリンジの置き換えのレベルを変更します。
    • 出力先
      調整された選択範囲が、現在のレイヤー上の選択範囲またはマスクになるのか、それとも新しいレイヤーまたはドキュメントを作成するのかを指定します。

手順説明の動画

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー