この文書では、Adobe Photoshop で画像を Zoomify で書き出す方法について説明します。

A. Zoomify とは

Zoomify では、地図サイトなどでよく使用されているように、用意した高解像度画像をユーザがパンやズームを使って詳細表示できます。書き出した画像は元の JPEG ファイルとサイズが変わらないため、ダウンロード時間が変わることはありません。 Photoshop によって SWF ファイル、JPEG ファイルと HTML ファイルが書き出され、Web サーバにアップロードできる状態になります。

B. Zoomify への書き出し方法

  1. Photoshop を起動し、画像を開きます(高解像度の画像を用意します)。
  2. ファイル/書き出し/Zoomify を選択します。
  3. Zoomify を書き出し ダイアログボックスが表示されたら、以下の書き出しオプションを設定し、「OK」をクリックします。
    テンプレート : ブラウザで表示される画像の背景とナビゲーションを設定します。
    保存先 : ファイルの保存先とベース名を指定します。
    画像タイルオプション : 画質を指定します。
    ブラウザオプション : ユーザのブラウザで基本画像を表示する際の画像の幅と高さをピクセル単位で設定します。

  4. 保存先に ベース名が付いたフォルダー、SWF ファイル、HTML ファイルが作成されます。

  5. HTML ファイルを開くと、ブラウザで Zoomify 画像が表示されます。
    ※ 手順3 の設定で、「Web ブラウザーで開く」にチェックを入れている場合は、自動的に Zoomify 画像が表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー