この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Premiere Elements でディスクへ書き出す際の注意事項について説明します。

ディスク書き出しの際の注意事項

Premiere Elements で DVD などのディスクへの書き出しが失敗する原因はいくつかありますが、それらの多くは以下の内容を確認することで回避することができます。

  • 信頼性の低いメディアを使用していないか
    データをこの先何年もの間、安全、安心に利用し続けるには、信頼できるメディアを使用することが重要です。最高品質のメディアを使用していることを確認してください。
    また、書き出す前に、ディスクの表面を確認してください。ディスク上の傷や埃によって、書き出しが失敗する可能性が高まります。新しいディスクや、別のブランドのディスクの使用をお試しください。
  • ファームウェアのメンテナンスやアップグレードを行っているか
    技術の進歩に伴い、書き込みのファームウェアはディスクの技術と同期させる必要があります。ドライバおよびファームウェアは最新の状態にしてください。
    埃やその他の異物が原因で、ディスクへの書き出しが失敗する場合があります。書き出しの失敗を防ぐために、ディスクレンズが綺麗なことを確認してください。
  • 高速書き出しを使用していないか
    可能な限り、高速書き出しは行わないでください。高速書き出しは失敗する可能性があり、結局はディスクの書き込みに、より時間がかかる場合があります。確実に書き出すために、最適、または低速書き出しを使用してください。
  • コンピューターで複数のタスクを実行していないか
    ほとんどの場合、コンピューターは複数のタスクを行えるように設計されていますが、ディスクへの書き出し処理中は、重いタスクを避けることが重要です。完了するまで一晩中、書き出し動作のままにしてみてください。同時に複数のタスクが実行されていない場合は、翌朝にはコンピューターのディスクへ書き出しが成功している可能性が高いです。また、前述したように、必ず信頼できるメディアを使用してください。

詳細については、ディスクへの書き込みのガイドラインと互換性 を参照してください。

また、以下の情報もご参照ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー