この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

 

内容 (What's Covered)

 

A. トラブルシューティング/初級編

A-1. 必要システム構成

A-2. 最新のアップデータを適用

A-3. Windows Update

A-4. QuickTime のトラブルシューティング

A-5. スタートアップ項目やサービスの無効化

A-6. デスクトップからのインストール

A-7. サードパーティ製プラグインのトラブルシューティング

B. トラブルシューティング/中級編

B-1. 新規ユーザアカウント

B-2. ビデオカードドライバのアップデート

B-3. デバイスドライバの互換性を確認

B-4. コーデックのトラブルシューティング

B-5. フォントのトラブルシューティング

B-6. 一時ファイルの最適化

B-7. 仮想メモリの設定

B-8. ハードディスクの修復とデフラグ

B-9. システムのウイルススキャン

B-10. 問題の原因となるファイルを特定

C. トラブルシューティング/上級編

C-1. SCSI のトラブルシューティング

C-2. RAM のトラブルシューティング

 

この文書は、Windows 版 Adobe Premiere Pro CS4 を使用する際に発生するシステムエラーまたはフリーズの対処方法について説明します。システムエラーは、以下のようなさまざまな形で現れます。

 

- ダイアログボックスの空白やちらつき

- カーソルや画面のフリーズ

- 予期しない再起動

- 以下のようなエラー

  • 「Unhandled exception detected. Application will be terminated. (処理できない例外が検出されました。アプリケーションを終了します。)」
  • 「Sorry, a serious error has occurred that requires Adobe Premiere Pro to shut down. (重大なエラーが発生しました。Adobe Premiere Pro を終了する必要があります。ご不便をおかけして大変申し訳ありません。現在のプロジェクトが保存されるよう試みます。)」
  • 「API failure. (API が失敗しました。)」
  • 「Illegal Instruction. (不正な命令)」

 

システムエラーは、デバイスドライバ、ソフトウェア、ハードウェア、特定のファイル内の不正なエレメントやそれら相互のコンフリクトなど、さまざまな要因で起こる可能性があります。Premiere Pro で作業しているときにだけシステムエラーが起こる場合もありますが、必ずしも Premiere Pro が原因とは限りません。Premiere Pro がシステムに要求する処理によって、潜在的なシステムの問題が表面化する場合があります。

この文書を最大限に活用するために、記載の作業を順序どおりに行ってください。行った作業とその結果を、エラーやその他のトラブルも含めて記録します。トラブルの状況や操作過程に関する詳しい情報があれば、弊社テクニカルサポートにお問い合わせの際に、より適切なサポートを提供できます。

 

 注意 : 一部の作業では隠しファイルを見つけ、その拡張子(例えば「filename.ini」ファイルの「*.ini」)をもとにファイルを見つける作業があります。Windows の初期設定では隠しファイルや拡張子が非表示になっています。隠しファイルや隠しフォルダ、ファイル名の拡張子を表示するには、以下の操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows Vista

    コンピュータを開き [整理] メニューから [フォルダと検索のオプション] を選択します。

    Windows XP

    マイコンピュータを開き [ツール] メニューから [フォルダオプション] を選択します。
  2. [表示] タブをクリックします。
  3. [すべてのファイルとフォルダを表示する] を選択します。
  4. [登録されている拡張子は表示しない] のチェックをはずします。



  5. [OK] をクリックします。

A. トラブルシューティング/初級編

このセクションの作業は、最も一般的なシステムエラーの解決に役立ちます。これらの作業を実行する前に、作成したプロジェクトファイルなどのすべての個人用データのバックアップを作成してください。また、システムエラーが発生した場合は、必ずコンピュータを再起動してメモリをリフレッシュしてください。再起動せずに作業を続行すると、他の問題が発生する可能性があります。

A-1. 必要システム構成

コンピュータが以下の Premiere Pro CS4 の必要システム構成を満たしていることを確認してください。必要システム構成を満たしていない場合は、Premiere Pro が正しく動作しない場合があります。

- DV 再生の場合は 2 GHz 以上、HD 再生の場合は 2.8 GHz 以上のデュアル構成、HDV 再生の場合は 3.4 GHz 以上のプロセッサ*を搭載したパーソナルコンピュータ

- Microsoft Windows XP Service Pack 2 日本語版(Service Pack 3 を推奨)、または Windows Vista Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise Service Pack 1 日本語版(32 ビット版 Windows XP および 32/64 ビット版 Windows Vista で動作可能)

- 2 GB 以上の RAM

- 10 GB 以上の空き容量のあるハードディスクドライブ(フラッシュベースのストレージデバイスでのインストールは不可能)※インストール時には追加の空き容量が必要

- 1280 x 900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ、および OpenGL 2.0 対応のグラフィックカード

- DV/HDV 用には 7,200 RPM 以上のハードディスク、HD 用には RAID 0 でストライピングされたディスクアレイ(SCSI ディスクサブシステムを推奨)

- SD/HD ワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカード

- DV および HDV キャプチャ、テープへの書き出し、DV デバイスへの伝送用に、OHCI IEEE 1394 ポート

- DVD-ROM ドライブ(ディスクの作成用に DVD+-R バーナーが必要)

- ブルーレイディスクの作成にはブルーレイディスクドライブが必要

- Microsoft Windows Driver Model もしくは、ASIO 対応サウンドカード

- マルチメディア機能を使用するには QuickTime 7.4.5 が必要

- オンラインサービスのためにブロードバンドインターネット接続

* AMD プロセッサを搭載したシステムでは SSE2 対応が必須

コンピュータに搭載されているメモリ容量を確認するには、以下のいずれかの操作を行います。

Windows Vista

  1. [スタート] メニューから [コンピュータ] を右クリックします。
  2. [プロパティ] を選択します。
  3. [システム] セクションに搭載メモリ容量が表示されます。



Windows XP

  1. [スタート] メニューから [マイコンピュータ] を右クリックします。
  2. [プロパティ] を選択します。
  3. [システムのプロパティ] ダイアログボックスの [全般] タブ下方にメモリ容量が表示されます。



A-2. Premiere Pro のアップデート

Premiere Pro の最新のアップデータを適用することによって、オペレーティングシステムやドライバとの互換性が向上する可能性があります。アップデートを行う前に、お使いのコンピュータが最新バージョンの必要システムを満たしているか確認してください。また、Premiere Pro と同時に使用する Adobe Encore などの関連アプリケーションもアップデートすることを推奨します。

無償アップデータは、以下の弊社 Web サイトからダウンロードできます。

http://www.adobe.com/jp/downloads/updates/

A-3. Windows Update

Windows のアップデートを行うことにより、アプリケーションのパフォーマンスや互換性の問題が改善される場合があります。以下の Microsoft 社 Web サイトから Service Pack およびその他のアップデータを入手することができます。インストール方法などの詳細については Microsoft 社テクニカルサポートにお問い合わせください。

Microsoft Update

http://www.update.microsoft.com/

注意:

システムアップデートをインストールする前に、Premiere Pro および使用するその他のソフトウェアやハードウェアの必要システム要件を確認し、互換性に問題が無いか確認してください。インストールするアップデートが存在しない場合は、サードパーティ製ソフトウェアおよびハードウェアの製造元へお問い合わせください。

最新版の Service Pack をインストールした後で Windows またはアプリケーションを再インストールした場合は、Service Pack を再度インストールする必要があります。アプリケーションによっては、共通に使用するシステムファイルをインストールするため、Service Pack によって更新された新しいバージョンが上書きされます。

A-4. QuickTime のトラブルシューティング

注意:

2016 年 4 月、Apple 社は QuickTime for Windowsのサポート終了を告知し、アンインストールが推奨されています。詳細については、以下の情報を参照してください。

QuickTime Windows版のサポート終了について

https://blogs.adobe.com/creativestation/video-apple-ends-support-for-quicktime-windows

Windows 版 QuickTime について

https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cq04220418.html

QuickTime のバージョンが古い場合、または QuickTime ファイルが破損している場合、Premiere Pro の起動や動作に影響を及ぼすことがあります。以下の Apple 社 Web サイトから最新バージョンの QuickTime をダウンロードし、インストールします。

http://www.apple.com/jp/quicktime/download/

破損した QuickTime ファイルを置き換えるには、QuickTime をアンインストールし、システムに残っている QuickTime ファイルやフォルダを削除してから、QuickTime の再インストールを行います。QuickTime のアンインストール方法については、以下の弊社技術文書を参照してください。

230150 QuickTime をアンインストールする方法

A-5. スタートアップ項目やサービスの無効化

Windows の起動時に自動的に読みこまれるドライバやソフトウェア(スクリーンセーバやウイルス対策ユーティリティなど)は、Premiere Pro とコンフリクトを起こし、問題の原因となる可能性があります。一時的に最小限のスタートアップ項目とサービスだけを有効にして Premiere Pro を起動し、コンフリクトの原因を特定します。

不要なスタートアップアイテムとサービスを無効にするには、以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下のいずれかの操作を行います。



    Windows Vista

    a. [スタート] メニューの [検索の開始] テキストボックスに「msconfig」と入力し、Enter キーを押します。







    b. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [続行] をクリックします。



    Windows XP

    a. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。

    b. [名前] テキストボックスに「msconfig」と入力し、[OK] をクリックします。



  3. [スタートアップ] タブと [サービス] タブをそれぞれ選択してチェックが入っていない項目名をメモなどに記録します。
  4. [スタートアップ] タブを選択し、[すべて無効にする] ボタンをクリックします。
  5. [サービス] タブを選択し、[Microsoft のサービスをすべて隠す] にチェックを入れます。



  6. [すべて無効](Windows Vista)/[すべて無効にする](Windows XP)ボタンをクリックし、[FLEXnet Licensing Service] にチェックを入れます。
  7. [OK] をクリックし、[再起動] ボタンをクリックします。



     注意 : 再起動後に「システム構成ユーティリティを使って Windows の開始方法を変更しました。」画面が表示される場合は [OK] をクリックし、システム構成ユーティリティが起動したら [キャンセル] をクリックします。
  8. Windows が起動したら、通知領域(タスクトレイ)に表示されているアイコンを右クリックして終了します。
  9. Premiere Pro を起動し、問題を再現します。

問題が再現しない場合 :

無効にしたスタートアップ項目のうちいずれかが、コンフリクトの原因となっている可能性があります。スタートアップ項目を 1 つずつ有効にして、どの項目とコンフリクトを起こしているか特定し、アプリケーション、またはサービスをアップデートします。アップデートの詳細については、各製造元へお問い合わせください。

問題が再現する場合 :

スタートアップ項目が問題の原因ではありません。スタートアップ項目を再び有効にして、次のトラブルシューティングへ進みます。

無効にした項目を再度有効にするには、以下の操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows Vista

    [スタート] メニューの [検索の開始] テキストボックスに「msconfig」と入力して Enter キーを押します。

    Windows XP

    a. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。

    b. [名前] テキストボックスに「msconfig」と入力して [OK] をクリックします。
  2. [全般] タブで [通常スタートアップ] を選択し、[OK] をクリックします。
  3. [スタートアップ] タブおよび [サービス] タブを選択し、上記手順 3. でメモした項目を無効にします。
  4. [OK] をクリックし、Windows を再起動します。

 

 A-6. デスクトップからのインストール

 

デバイスドライバやウイルス対策ユーティリティなどのシステムコンポーネントが Premiere Pro CS4 インストーラとコンフリクトを起こし、インストールが正しく完了しない場合があります。コンフリクトを回避するために、Premiere Pro CS4 をデスクトップからインストールします。

 

デスクトップから Premiere Pro CS4 をインストールするには以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。 
  2. 以下の弊社技術文書を参照し、Premiere Pro をアンインストールします。

    文書番号 234636 アンインストール手順(Windows 版 Creative Suite 4)
  3. アンインストール完了後、コンピュータを再起動します。
  4. Premiere Pro CS4 アプリケーション DVD-ROM を、コンピュータの DVD ドライブに挿入します。
  5. [Adobe Premiere Pro CS4] ウインドウが表示されたら、[DVD コンテンツを参照] をクリックします。
  6. 「Adobe CS4」フォルダをデスクトップにドラッグ&ドロップしてコピーします。
  7. 「Adobe CS4」フォルダを開き「Setup.exe」ファイルをダブルクリックします。
  8. 画面上の指示に従い、インストールを完了します。



Creative Suite 4 Master Collection/Production Premium に含まれている Premiere Pro CS4 をデスクトップからインストールする場合は、以下の文書を参照してください。

文書番号 234469 デスクトップからのインストール手順(Windows 版 Creative Suite 4)

 

 A-7. サードパーティ製プラグインのトラブルシューティング

 

Premiere Pro CS4 プラグインフォルダからサードパーティ製プラグインを移動し、Premiere Pro CS4 を起動します。問題が改善されない場合、移動したプラグインを元の場所に戻し、次のセクションに進みます。問題が改善された場合、コンフリクトの原因となっているプラグインを特定します。

 

以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下のフォルダ内から、サードパーティ製プラグインをデスクトップなどに 1 つ移動します。



    Program Files¥Adobe¥Adobe Premiere Pro CS4¥Plug-ins¥ja_JP
  3. Premiere Pro を起動し、問題が再現するか確認します。

問題が再現しない場合 :

Premiere Pro を終了し、別のプラグインに対して問題が再現されるまで手順 2. ~ 3. を繰り返します。

問題が再現する場合 :

移動したプラグインの製造元にアップデートについてお問い合わせください。

 

 B. トラブルシューティング/中級編

 

上記のセクションで問題が解決できない場合は、以下のトラブルシューティングを行います。

 

 B-1. 新規ユーザアカウント

 

問題が発生する際にログインしているユーザアカウントと同等の権限を持った新規ユーザアカウントを作成します。新規ユーザアカウントで問題が解決した場合、既存のユーザアカウントが破損している可能性があります。ユーザアカウントの作成方法について詳しくは、Windows ヘルプを参照するか、システム管理者にお問い合わせください。

 

 B-2. ビデオカードドライバのアップデート

 

ビデオカードの製造元の多くは、ソフトウェアドライバを頻繁に更新しています。ビデオカードドライバのアップデートを行っていない場合は、ビデオカードの製造元へドライバの更新について問い合わせるか、製造元の Web サイトからアップデータをダウンロードしてください。ビデオカードの製造元は、デバイスマネージャで確認することができます。

 

 B-3. デバイスドライバの互換性を確認

 

デバイスドライバとは、Windows がディスプレイカードやスキャナ、キーボードなどのデバイス(周辺機器)と通信するためのソフトウェアファイルです。使用しているデバイスのドライバが最新のものかどうかを確認するために、デバイスの製造元にお問い合わせください。

デバイスドライバの問題を確認するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. 以下のいずれかの操作を行います

    Windows Vista

    a. [システムとメンテナンス] をクリックし、[デバイスマネージャ] をクリックします。

    b. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

    ※ 管理者アカウントでログインしていない場合、管理者パスワードが必要です。

    Windows XP

    a. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックし、[システム] をクリックします。

    b. [ハードウェア] タブをクリックし、[デバイスマネージャ] をクリックします。
  3. 各デバイスの左隣にあるプラス「+」記号をクリックします。
  4. [ ! ] [ ? ] [×] マークのついたデバイスがある場合は、そのデバイスをダブルクリックします。
  5. デバイスの状態を確認します。

    - [デバイスの状態] セクションを確認します。デバイスが正しく機能していない場合は、この情報を参考にしてトラブルシューティングを行います。

    - [<デバイス名>のプロパティ] ダイアログボックスに [ドライバ] タブが表示される場合はクリックします。[ドライバ] タブにドライバの製造元が表示されない場合は、[ドライバの詳細] をクリックします。製造元が Microsoft 社の場合は、汎用のドライバを使用している可能性があります。デバイスの製造元から最新のドライバを入手してください。

 

 B-4. コーデックのトラブルシューティング

 

起動時に発生する問題やアプリケーションがフリーズする問題の多くは、コーデックの不具合、または互換性のないコーデックによって発生します。最近インストールしたビデオコーデックあるいはオーディオコーデックを削除することによって、問題の原因を特定することができます。また、その他のコーデックを一時的に無効にすることで、インストールされているコーデックの互換性についてテストすることができます。

 

コーデックを一時的に無効にするには、以下の操作を行います。

 

 警告 : 以下の操作は、Windows レジストリの編集を必要とします。Windows レジストリには、コンピュータとアプリケーションのための重要な情報が含まれています。レジストリの編集については、弊社ではサポートを行っておりません。変更する前には、必ずレジストリのバックアップを作成してください。レジストリの詳細は、Windows のマニュアルを参照するか、Microsoft 社にお問い合わせください。

 

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下のいずれかの操作を行います。



    Windows Vista

    a. [スタート] メニューの [検索の開始] テキストボックスに「regedit」と入力して Enter キーを押します。







    b. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [続行] をクリックします。

    ※ 管理者ユーザでログインしていない場合は、管理者パスワードが必要となります。



    Windows XP

    a. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。

    b. [名前] テキストボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。



  3. レジストリエディタが起動したら、左側のリストに表示されているフォルダを展開し、以下のレジストリキーを検索します。



    HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows NT¥CurrentVersion¥Drivers32
  4. 無効にするコーデックをダブルクリックします。



     注意 : ビデオコーデックは通常「vidc」で始まり、オーディオコーデックは通常「.acm」という拡張子で終了します。また、ファイル名は、常にコーデックの通称名と一致しているわけではありません(例えば、Cinepak は vidc.cvid のように表示されます)。
  5. [文字列の編集] ダイアログボックスで、[値のデータ] 内のデータの最初にセミコロン(;)を追加してエントリを無効にします。



    例 : 「;iyuv_32.dll」
  6. [OK] をクリックします。
  7. 手順 4. ~ 6. を繰り返して互換性をテストするすべてのコーデックを無効にします。

    ※無効にしたビデオコーデック、またはオーディオコーデックを再度有効にするには、上記手順 5. で追加したセミコロン(:)を削除します。
  8. レジストリエディタを終了します。

 

 

コーデックを削除するには以下の操作を行います。(Windows XP のみ)



 注意 : コーデックを削除するとビデオやオーディオファイルの一部が読めなくなったり、アプリケーションが動作しなくなったりする可能性があります。コーデックを削除する際にはご注意ください。どのコーデックがシステム上に残っているかの判断が難しいような場合には、弊社テクニカルサポートにお問い合わせください。

 

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [サウンド、音声、およびオーディオデバイス] をクリックします。



  3. [サウンドとオーディオデバイス] をクリックします。



  4. [サウンドとオーディオデバイスのプロパティ] ダイアログボックスの [ハードウェア] タブをクリックします。
  5. デバイスのリストから [ビデオ CODEC] を選択し、[プロパティ] ボタンをクリックします。



  6. [ビデオ CODEC のプロパティ] ダイアログボックスの [プロパティ] タブをクリックします。
  7. 削除する CODEC を選択して [削除] をクリックします。
  8. [OK] をクリックし、[ビデオ CODEC のプロパティ] ダイアログボックスを閉じます。
  9. [OK] をクリックし、[サウンドとオーディオデバイスのプロパティ] ダイアログボックスを閉じます。

 

 B-5. フォントのトラブルシューティング

 

フォントが問題の原因となっているかどうかを特定するために、アクティブな TrueType フォントを別の場所へ移動して動作を確認します。

 

 注意 : Windows によってインストールされた TrueType フォントは移動させないでください。Windows によってインストールされるフォントの情報については、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 233842 Windows Vista によってインストールされるフォント

文書番号 221220 WindowsXP によってインストールされるTrueTypeフォント

 

フォントによる問題を解決するには、以下の操作を行います。

  1. 新規フォルダを任意の場所に作成します。(例: C:¥TrueType など)
  2. 「Windows¥Fonts」フォルダを開きます。
  3. Windows によってインストールされているもの以外の TrueType フォントファイルを、手順 1. で作成したフォルダに移動します。
  4. Windows を再起動します。
  5. 手順 3. で移動したフォントのいくつかを「Fonts」フォルダに戻します。
  6. Windows を再起動します。
  7. Premiere Pro を再起動し、問題が再現されるか確認します。

問題が再現しない場合 :

手順 5. ~ 7. を別のフォントに対して繰り返し行います。

問題が再現する場合 :

手順 5. で移動したフォントのいずれかが原因となっています。これらのフォントを「Windows¥Fonts」フォルダから移動し、手順 5. ~ 7. を繰り返します。ただしこの場合は、一度に 1 つずつフォントを移動させます。問題が再現された際には、以下のいずれか、もしくは複数の操作を行ってください。

- FontMaster などのサードパーティ製フォント管理ユーティリティを使用している場合は、ユーティリティを使用してフォントを削除します。操作方法についての詳細は、フォント管理ユーティリティに付属のマニュアルを参照してください。

- フォントを削除し、オリジナルのメディアからフォントを再インストールします。

- フォントのアップデートを行います。詳細はフォントの配布元にお問い合わせください。

 

 B-6. 一時ファイルの最適化

 

Windows およびアプリケーションは、作業データを一時ファイル(*.tmp)としてハードディスク上に保存します。サイズの大きいファイルや古いファイルは Windows またはアプリケーションのパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。Windows に付属のディスククリーンアップユーティリティを使用するか、手動で一時ファイルを削除し、一時ファイルが保存されるハードディスクの空き容量を確保します。

 

 注意 : この作業は定期的に行うことを推奨します。Windows やアプリケーションが終了する際、通常一時ファイルは自動的に削除されますが、正常に終了しなかった場合、一時ファイルがハードディスクに蓄積されることがあります。

 

ディスククリーンアップを起動するには以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [すべてのプログラム] を選択します。
  2. [アクセサリ] から [システムツール] - [ディスククリーンアップ] を選択します。

※ ディスククリーンアップの詳細については Windows ヘルプを参照してください。

 

 B-7. 仮想メモリの設定

 

仮想メモリによって、システムがメモリ(RAM)に保管する情報をハードディスクへ保存することが可能となります。Windows ではページングファイルを使って仮想メモリを管理していますが、最小と最大のサイズを任意の値で設定することもできます。設定したページングファイルのサイズが Windows の初期設定と異なっている場合に、アプリケーションがエラーを返すことがあります。ただし、いくつかのアプリケーションは、Windows のデフォルトサイズと異なるページングファイルサイズを要求する場合もあるため、他のアプリケーションに悪影響を与えない場合にのみ以下の操作を行い、ページングファイルのサイズを変更してください。

 

 注意 : コンピュータのページングファイルのサイズを変更する際は、管理者権限でログインしている必要があります。

 

ページングファイルのサイズを変更するには、以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows Vista

    a. [スタート] メニューから [コンピュータ] を右クリックして [プロパティ] を選択します。

    b. 画面左側のタスクから [システムの詳細設定] を選択します。

    c. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

    ※ 管理者アカウントでログインしていない場合、管理者パスワードが必要です。

    Windows XP

    [スタート] メニューから [マイコンピュータ] を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [詳細設定] タブをクリックし、[パフォーマンス] セクションの [設定] ボタンをクリックします。
  4. [詳細設定] タブをクリックし、[仮想メモリ] セクションの [変更] をクリックします。
  5. 以下のいずれかの操作を行います。



    Windows Vista

    a. [すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する] のチェックをはずし、[ドライブ] のリストから搭載メモリの 3 倍以上の空き容量があるハードディスクを選択します。

    ※ ドライブ名をクリックすると、[空き領域] に選択したドライブの空き容量が表示されます。







    b. [各ドライブのページングファイルのサイズ] セクションで、[カスタムサイズ] を選択します。



    Windows XP

    a. [ドライブ] のリストから搭載メモリの 3 倍以上の空き容量があるハードディスクを選択します。

    ※ ドライブ名をクリックすると、[空き領域] に選択したドライブの空き容量が表示されます。

    b. [選択したドライブのページングファイルサイズ] セクションで、[カスタムサイズ] を選択します。
  6. [初期サイズ] フィールドに搭載メモリ容量の 1.5 倍の値を入力します。

    ※ 例えば搭載メモリ容量が 1 GB(1024 MB)の場合は、1536 MB になります。
  7. [最大サイズ] フィールドに [初期サイズ] 値の 2 倍の値を入力します。
  8. [設定] をクリックします。
  9. [OK] をクリックし、すべてのダイアログボックスを閉じます。
  10. Windows を再起動します。

 

 B-8. ハードディスクの修復とデフラグ

 

システムエラーは、破損したセクタまたは断片化されたファイルがハードディスクに存在する場合に起こることがあります。Windows に付属のエラーチェックツールおよびディスクデフラグユーティリティ、または Symantec 社 Norton Utilities などのサードパーティ製のディスクユーティリティを使用して、ハードディスクを修復し、断片化を解消します。これらのユーティリティは、それぞれのハードディスクまたはパーティションごとに実行する必要があります。Windows に付属のエラーチェックツールおよびディスクデフラグユーティリティの詳細については、Windows ヘルプを参照してください。サードパーティ製ディスクユーティリティの詳細については、ユーティリティに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。

 

 注意 : ディスクデフラグがファイルをディスクの不良セクタに移動させてしまうことを回避するために、ディスクデフラグの前にエラーチェックを実行してください。

 

エラーチェックツールは、不良セクタ、リンクの切れたアロケーションユニット、ファイルの断片、相互リンクされたファイル、そして無効なファイル名を修復します。

エラーチェックツールを使用するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コンピュータ](Windows Vista)/[マイコンピュータ](Windows XP)を選択します。
  2. エラーチェックを行うハードディスクを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  3. [<ディスク名>のプロパティ] ダイアログボックスで [ツール] タブをクリックします。
  4. [エラーチェック] セクションの [チェックする] ボタンをクリックします。

    ※ Windows Vista で [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は、[続行] をクリックします。
  5. [ディスクのチェック<ディスク名>] ダイアログボックスで [開始] ボタンをクリックします。

 

ディスクデフラグユーティリティを使用するには、以下の操作手順を行います。

  1. [スタート] メニューから [すべてのプログラム] - [アクセサリ] - [システムツール] を選択します。
  2. [システムツール] から [ディスクデフラグ] を選択します。

    ※ Windows Vista で [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は、[続行] をクリックします。

 

 B-9. システムのウイルススキャン

 

最新のウイルス対策ソフトウェア(Norton AntiVirus、McAfee AntiVirus など)を使用し、システムのウイルスをチェックします。ウイルスに感染するとソフトウェアが破壊され、システムエラーが発生することがあります。詳細は、ウイルス対策ソフトウェアのヘルプやマニュアルを参照してください。

 

 B-10. 問題の原因となるファイルを特定

 

エラーメッセージの内容から問題の原因となっているファイルが特定できる場合、問題となるファイルが含まれているアプリケーション、または関連するアプリケーションを再インストールすることで問題を解決できる可能性があります。プロジェクトに含まれるファイルが原因でエラーが表示される場合は、ファイルをハードディスクに再度コピーするか、ファイルを作成したアプリケーションでファイルを再作成、または再キャプチャします。Windows のシステムファイルが原因でエラーが表示される場合は、Microsoft 社へお問い合わせください。

 

 C. トラブルシューティング/上級編

 

上記セクションの手順を行っても問題が改善しない場合、ハードディスクの再フォーマット、またはハードディスクと Premiere Pro のコンフリクトを特定することによって問題を解決できる可能性があります。

 

 警告 : 弊社ではハードウェアについてのサポートは行っておりません。以下の内容はサービスの一環として提供するものです。ハードウェアの問題に関する詳細は、ハードウェアの製造元または正規販売店にお問い合わせください。ハードウェアのトラブルシューティングを自分で行うと、コンピュータの保証が無効になることがあります。

 

 注意 : ハードウェアを取りはずしたり付け替える場合は、必ずコンピュータと周辺機器の電源を切ってください。

 

 C-1. SCSI のトラブルシューティング

 

内部または外部 SCSI デバイス用の SCSI カードが搭載されている場合は、カードの設定が正しく、SCSI チェーンが適切に接続されていることを確認します。さらに、SCSI ドライバをアップデートし、ハードウェアやケーブルの破損をチェックします。詳細は、SCSI カードの製造元にお問い合わせください。

 

 C-2. メモリ(RAM)のトラブルシューティング

 

コンピュータ本体にメモリモジュールが正しく取り付けられており、問題の原因ではないことを確認するために、以下のいずれかまたは両方を行います。

- RAM モジュールの取り付け位置を変えてみます。

- 多くのメモリが搭載されている場合は、Windows と Premiere Pro の起動に必要な最小限の RAM を残し、それ以外を取りはずした状態で問題が発生するかどうかを確認します。引き続き問題が発生する場合は、取りはずしたものと取りつけてあるモジュールを取り替え、問題が発生するかどうかを確認します。問題が解消した場合は、取りはずした RAM の 1 つまたは複数が問題を引き起こしています。詳細はメモリの製造元にお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー