内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Premiere Pro でフレームの速度を変更する方法について説明します。

Premiere Pro では、フレームの速度を変更することができます。正確なキーフレームコントロールと、タイムリマップによる高品質のスローモーションなどの機能で効率良く、かつリアルタイムに作業を行うことが可能です。

A. 速度・デュレーションの調整

ビデオクリップやオーディオクリップのデュレーションとは、クリップの最初のフレーム(インポイント)から最後のフレーム(アウトポイント)までの再生時間のことです。クリップのインポイントとアウトポイントを変更することにより、クリップのデュレーションを調整することができます。

クリップと同様に、静止画像のデュレーションを変更することもできます。静止画像のデュレーションの調整では、任意の長さに設定することになりますが、速度は変わりません。

  1. タイムラインパネルまたはプロジェクトパネルで、1 つまたは複数のクリップを選択します。

  2. クリップ/速度・デュレーション を選択します。

  3. クリップ速度・デュレーション ダイアログボックスで以下の設定を行い、「OK」をクリックします。

    • 選択したクリップの速度を変更せずにデュレーションを変更するには、連動ボタンをクリックして切断されたリンクを表示します。連動を解除すると、デュレーションを変更せずに速度を変更することもできます。
    • クリップを逆方向に再生するには、「逆再生」をオンにします。
    • 速度やデュレーションが変わってもオーディオの現在のピッチを維持するには、「オーディオのピッチを維持」をオンにします。
    • 変化する隣接のクリップに合わせて移動させるには、「変更後に後続のクリップをシフト」をクリックします(このオプションは、タイムラインパネルでクリップの速度やデュレーションを変更する場合にだけ使用できます)。
 

B. レート調整ツールを使用したクリップ速度とデュレーションの変更

レート調整ツールを選択し、タイムラインパネルでクリップのいずれかの端をドラッグすると、任意のデュレーションに収まるようにクリップの速度を変更できます。

  1. ツールパネルから、レート調整ツールを選択します。

  2. タイムラインパネルで、クリップの端をドラッグします。

  3. デュレーションに応じてクリップの速度を変更することができます。

C. タイムリマップを使用したクリップ速度とデュレーションの変更

Premiere Pro のタイムリマップ機能を使用してフレームの速度を自由に制御し、ムービーをよりドラマチックに演出することができます。タイムリマップ機能を使用して、クリップのビデオ部分の再生速度を速めたり、遅くしたり、逆方向に再生したり、保持したりすることができます。

  1. 目的のクリップが入っているビデオトラックのトラックヘッダーで、、「キーフレームを表示」ボタンをクリックします。
    「キーフレームを表示」が選択されていなければ選択します。

    ※ トラックが閉じているときは、三角印をクリックして展開します。

  2. クリップエフェクトメニューの三角形をクリックし、タイムリマップ/速度 を選択します(クリップエフェクトメニューの三角形は、ビデオトラックの各クリップのファイル名の横に表示されます。表示が見にくい場合は、ズームインして表示領域を確保する必要があります)。

  3. ラバーバンドを上または下に移動すると、クリップの速度が増加または減少します。速度の変化量を元の速度のパーセント値で表すツールヒントが表示されます。

  

C. スムーズな動きのためのフレームのブレンド

クリップの速度を変更したり、異なるフレームレートで出力した場合に、動きがぎこちなくなることがあります。その場合、フレームブレンド機能をオンにして補間フレームを作成し、動きをスムーズにします。

フレームブレンド機能をオンにするには、クリップ/ビデオオプション/フレームブレンド を選択します。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー