パン & スキャンを使用して、各種の出力形式にあわせてショットのフレーミングを調整します。イメージの位置の変更、伸縮、回転、および歪曲により、イメージを他のフレーム形式に最もよく合うように調整できます。


キーフレーミングを使用すると、ショット内またはショット間での調整ができます。詳細については、キーフレームの操作を参照してください。

パン & スキャントラックの作成

  1. タイムラインのパン & スキャンボタンをドラッグして、パン & スキャントラックを作成できます。パン & スキャンボタンは Timeline Elements の Timeline パネルにあります。

    パン & スキャンボタン

    緑のパン & スキャントラックはタイムラインに表示されます。

    パン & スキャントラック
  2. パン & スキャントラックをクリックして、Pan and Scan パネルを開きます。

  3. Crop Preset メニューの出力形式を選択します。

    プリセット

    注意:

    他の形式を「Crop」テキストボックスに入力できます。

  4. Pan and Scan ウィジェットを使用すると、新しいフレーム形式でイメージを配置、伸縮、回転、歪曲できます。このウィジェットは Mask ウィジェットと同様に機能します。このウィジェットの詳細については、「マスクの適用」を参照してください。

    :Pan and Scan ウィジェットには Mask ウィジェットのすべての機能があるわけではありません。たとえば、ぼかしノードやスプラインノードは使用できません。

    また、Pan & Scan パネルではパン & スキャン調整を数値指定により適用できます。「R」ボタンを押すとデフォルト設定に戻ります。

    数値指定による調整

クリップに沿ってのパン & スキャン調整の変更

パン & スキャントラックはタイムライン全体のグローバルトラックです。パン & スキャン調整はクリップ全体に影響します。キーフレームを使用するとクリップに沿って調整を変更できます。キーフレームの使用の詳細については、「キーフレームの操作」を参照してください。

クリップに沿ってパン & スキャン調整を作成するための一般的なワークフローは次のとおりです。

  1. クリップの先頭にキーフレームを作成します。

  2. 設定の影響を受けないタイムラインに沿った任意の位置にキーフレームを作成します。

  3. あるキーフレームから次のキーフレームへのディゾルブを作成します。このとき、2 番目の位置で 2 回目の「Record Keyframe」ボタンを押します。

    パン & スキャントラックの「Dissolve」矢印
  4. 2 箇所のキーフレーム位置でパン & スキャン設定を調整します。

パン & スキャンプレビューオプション

Crop Preview メニューから、プレビューオプションとして「Normal (crop)」、「Transparent」、「Outline」のいずれかを選択できます。プロジェクトに最も適した表示形式を選択します。

「Normal」プレビュー
「Normal (crop)」プレビュー
「Transparent」プレビュー
「Transparent」プレビュー
「Outline」プレビュー
「Outline」プレビュー

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー