二次カラー補正は画像内の特定のカラー範囲に適用されます。イメージの一部にアクセントを付けたり、変更したり、トーンダウンしたりできます。

ビデオについては、Patrick Palmer による二次カラー補正を参照してください。

カラー範囲の選択と調整

  1. Look パネルで「+S」アイコンをクリックして、二次グレーディングレイヤーを追加します。

    「+S」アイコン
  2. ターゲットのカラー範囲を選択します。範囲を選択するには、次のいずれかの操作を行います。

    1. 範囲セレクターでプリセットカラーの範囲を選択します。

      カラー範囲セレクター

      注意:

      範囲セレクターを表示するために Look パネルをスクロールする必要がある場合があります。

      6 つの標準カラーのいずれも適切な開始位置ではない場合、セレクターの右側にあるグレーの
      ボタンをクリックして、他のオプションを表示します。

      オプションの「Hue」、「Lightness」、「Saturation」を選択解除することもできます。これは、特定のルミナンスゾーンの調整のターゲット設定に役立ちます。例えば、「Hue」と「Saturation」をオフにすると、クリーンな明度キーを得られます。

    2. 画像のカラー範囲をサンプリングします。サンプリング範囲ボタン(プラス記号が付いているスポイトのアイコン)をクリックし、左マウスボタンを押したまま、サンプリングする色範囲の上でマウスを動かします。終了したら、マウスボタンを放します。

  3. Look パネルの右隅にある「Grey-out」のオプションを使用して、画像内の選択した領域を表示します。

    Grey-out メニュー
  4. 「Hue」、「Lightness」および「Saturation」のスライダーをドラッグして、ターゲットの色範囲を拡張または制限します。

    一番上のスライダーは、選択した範囲全体を移動します。一番下のスライダーは、選択対象をぼかします。

  5. コントラストスライダーや「Offset」カラーホイールなどの調整ツールを使用して、ターゲット範囲のカラー補正を行います。

例:スキントーンと二次スキントーンの区別

  1. Look パネルの「+S」ボタンをクリックして、二次グレーディングレイヤーを追加します。

  2. スキントーンをサンプリングするには、サンプリング範囲のボタン(プラス記号が付いているスポイトのアイコン)をクリックし、左マウスボタンを押したまま、画像内のスキンの範囲上で長方形にドラッグします。

    画像のサンプリング

    範囲セレクターのスライダーでは、サンプリングされたカラー値が表示されます。

    スキントーンのカラー範囲
  3. Gray-out メニューの「Color/Gray」オプションを選択すると、画像内の選択した領域が表示されます。

  4. 「Hue」、「Lightness」および「Saturation」のスライダーをドラッグして、範囲選択を調整します。

    例えば、狭い範囲のスキントーンの処理を行うとします。

  5. ぼかしスライダーを右にドラッグして、肌のしみやしわを取り除きます。

  6. 「Offset」色相制御をイエローにドラッグして、スキントーンを明るくします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー