シーケンスのカラー調整のワークフローは、次の手順で構成されています。

EDL のロード

EDL(Edit Decision Lists)はメタデータドキュメントであり、Adobe Premiere Pro のような編集ツールからのプロジェクトタイムラインを SpeedGrade のような仕上げ作業を行うツールに移行するのに使用されます。

ヒント:開始前に、ソースクリップと EDL ファイルを単一のフォルダーに配置しておきます。このように整理しておくことで、プロセスをより迅速にまたより効果的に行うことができます。

SpeedGrade がビデオトラックおよび Reels パネルにプレースホルダーサムネイルを配置します。Reels パネルは画面左下の「Timeline」タブにあります。

  1. SpeedGrade のユーザーインターフェイスの左上にあるファイルブラウザーを使用して、EDL ファイルを含むフォルダーを選択します。
  2. EDL ファイルをダブルクリックしてロードします。

    ヒント:多数のサムネイルがある場合は、右上の All Files メニューから「EDL」オプションを選択することで EDL ファイルのサムネイルをフィルターできます。

リールでソースクリップを再接続します。

Reels パネルで EDL のリールの概要が表示されます。EDL をロードする際に、SpeedGrade は Reels パネルにソースクリップのプレースホルダーサムネイルを挿入します。次のように、Reels パネルのプレースホルダーサムネイルにソースクリップを再接続します。

  1. ソースクリップを含むフォルダーを選択して Desktop ウィンドウ上にソースクリップを表示します(まだの場合)。

  2. ソースクリップのメディアの種類のサムネイルをフィルターします。例:QuickTime ムービー

  3. 「Timeline」タブをクリックしてから Reels パネルをクリックし、ソースクリップのプレースホルダーを表示します。

  4. 「Load from Desktop」をクリックして、ソースクリップをサムネイルに再接続します。SpeedGrade が Desktop およびビデオトラック上でソースクリップを再接続します。

    「Load from desktop」ボタン

調整クリップの作成

シーケンスをカラー調整する場合は、シーケンスのビデオクリップに関連付けられた非破壊的な調整クリップで作業します。ビデオクリップを直接調整しないでください。調整クリップは、保存したり、移動したり、複数のビデオクリップに適用したりできます。調整クリップは、ビデオトラック上部の調整トラックの Timeline で管理でされます。

調整クリップを作成するには、「Timeline」タブの Setup ボタンをクリックして、次のうちのいずれかを実行します。

  1. 調整トラックで一連の調整クリップを作成するには、Setup ウィンドウの 3 列目にある Extract Grade Clips ボタンをクリックします。

    Extract Grade Clips ボタン
  1. 単一のビデオクリップ用の調整クリップを作成するには、ターゲットクリップ上の調整トラックに Crading Clip ツールをドラッグします。

    Grading Clip ツール
  1. ビデオトラックにすべてのビデオクリップの調整クリップを追加するには、ビデオトラックのビデオクリップ上に Grading Clip ツールをドラッグします。

調整クリップへのカラー調整の適用

  1. Timeline で、ビデオクリップではなく調整クリップを選択します。
  2. 選択した調整クリップにカラー調整を適用します。カラー調整について詳しくは、クリップのカラー調整を参照してください。

    調整クリップを共有しているすべてのビデオクリップに調整が適用されます。

ヒント:複数の再生ヘッドを使用することによって、ショットからショットへのカラーが一致しているかビデオクリップを比較します。詳しくは、複数の再生ヘッドを使用してショットを比較を参照してください。

追加のビデオクリップへの調整クリップの適用

Timeline で追加のビデオクリップに単一の Look を適用します。

  1. Grading Clip ツールを「Timeline」タブからビデオクリップの上にある調整トラックにドラッグします。

  2. 調整クリップの右側をドラッグして、複数のクリップをカバーするようにします。

    調整クリップのドラッグ

    その下のすべてのビデオクリップに調整クリップのカラー調整が適用されます。

調整されたシーケンスのレンダリング

  1. 右上の「Output」タブをクリックし、Metadata Render Engine を開きます。
  2. Desktop メニューをクリックして目的のフォルダーを選択します。
  3. 「File Name」テキストボックスでレンダリングするファイルへの名前を割り当てます。
  4. Format & Options で、レンダリングする出力ファイルの形式を選択します。
  5. 「Render」タブで Online Quality をクリックします。
  6. 「Render」ボタンをクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー