ワークフローを高速化するために、高ビットレートのマスターファイルからレンダリングした低ビットレートのプロキシファイル(「プロキシ」と呼ばれる)を操作できます。この記事では、元のファイル名とソースタイムコードを維持しながらオフライン編集のためのプロキシファイルを作成する方法を説明します。

  1. すべてのソースクリップをタイムラインに移動するには、次の手順を実行します。

    1. SpeedGrade の Desktop でソースフォルダーを参照します。
    2. Desktop の右下にある「Add All」ボタンをクリックします。
  2. レンダリングされたプロキシファイルの出力フォルダーを定義するには、次の手順を実行します。

    1. 「Output」タブを選択します。
    2. ブレッドクラムコントロールで Folder フィールドの出力パスを指定します。
    出力パス
  3. プロキシファイルのファイル名を入力する代わりに、次のファイル命名オプションで指定します。

    1. File Name フィールドで「M」アイコンをクリックし、プリセットメタデータタグのリストを表示します。
    2. 「Src.PathElement.0」オプションを選択します。
    Src.PathElement

    このオプションは、レンダリングのためにタイムラインを個別の QuickTime ファイルに分割します。また、出力ファイル名をソースファイル名と一致させます。

  4. 「Time Code Source to the Source」オプションを設定して、マスターファイルのタイムコード情報を保持します。

    タイムコードソース

    ワークフローに基づいて、タイムコードソースを別のタイムコードジェネレーターに設定することもできます。

  5. 通常のレンダリング作業と同様に、出力形式、キャリブレーション検索テーブル(LUT)およびフレーム設定を選択します。

  6. 「Online Quality」または「Offline Quality」を選択し、「Render」をクリックします。

    レンダリング

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー