アーカイブされたマテリアルなどの EDL のないフッテージのシーンの変更を自動的に検出できます。SpeedGrade がシーンの変更を識別したら、シーンの変更にキーフレームを追加したり、フッテージを個別のクリップに分割したりすることができます。

ワークフローは次の手順から構成されます。

  1. シーンの変更を検出します。
  2. フッテージのグレーディングまたは編集の準備を行います。
  3. フッテージの保存または書き出しを行います。

シーンの変更の検出

  1. タイムラインでフッテージを選択します。

  2. 「Timeline」タブをクリックして、Setup パネルを選択します。

  3. 「Tools」で、「Scene Change Detect」をクリックします。

    Scene Change Detect ダイアログボックスが表示され、フッテージのシーン変更が自動的にスキャンされます。

    Scene detect ダイアログボックス
  4. スキャンが完了すると、ダイアログボックスの左側にある矢印ボタンを使用して、結果を確認できます。

    • 内容を確認するために、フレームを移動します。
    • シーンの変更を確認するには、「This Frame is a Scene Change」チェックボックスをオンにします。
    • シーンの変更を追加するには、このチェックボックスを使用します。
  5. 必要に応じて、シーン検出の感度を調整し、「Rescan Clip」をクリックできます。

フッテージのグレーディングまたは編集の準備

シーンの変更をマークしたら、次のようにして、フッテージのグレーディングまたは編集を準備します。

  • フッテージを個別のショットやシーンに分割するには、「Split into Clips」をクリックします。
  • シーンの変更にフラグを設定するには、「Add Keyframes to Clip」をクリックします。

フッテージの保存または書き出し

クリップに分割するか、キーフレームを追加したら、シーンが検出されたコンテンツを SpeedGrade プロジェクトとして保存したり、Edit Decision List(EDL)を作成したりすることができます。

「Timeline」タブの下の「Setup Panel」で、次のいずれかの操作を行います。

  • コンテンツを SpeedGrade プロジェクトとして保存するには、「Save IRCP」をクリックします。
  • Edit Decision List を書き出すには、「Save EDL」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー