新機能と変更された機能

2015 リリースの Adobe SpeedGrade CC では、Direct Link 付きの Premiere Pro のカラーワークフロー、パフォーマンスを向上させるための最適化されたスコープ、新しい SpeedLooks プリセットが提供されます。

詳しくは、新機能の簡単なご紹介とリソースへのリンクを参照してください。

SpeedLooks プリセット

このリリースの Speedgrade では、メディアに適用する幅広い Look カラープリセットが提供されます。これらの Look は SpeedLooks Cine LooksLook タブ)で検索できます。メディアでの Look の使用について詳しくは、Look の共有と再利用を参照してください。

Speedlooks-cinelooks

最適化されたスコープ

このリリースの SpeedGrade では、スコープレンダリングのパフォーマンスが向上しました。画像を分析できるツールであるスコープは、Analysis Tools パネルで使用できます。Analysis Tools パネルを表示するには、キーボードショートカット A を使用するか、左上にある Monitor パネル上の矢印をクリックします。スコープの使用について詳しくは、イメージ解析ツールを参照してください。

Optimized-scopes

Speedgrade で編集できる Premiere カラーワークフロー

Speedgrade には 2015 リリースの Premiere Pro CC の新しいカラーワークフローが統合されました。Direct Link を使用してプロジェクトを SpeedGrade に送信する場合、SpeedGrade に Lumetri カラーレイヤーが表示されます。このカスタムレイヤーには 1 つのレイヤーでプロジェクトに対して行ったすべてのカラーの変更がカスタムコントロールなしで反映されます。Lumetri カラーレイヤーは Premiere Pro でカラーの変更を適用した場合にのみ表示されます。必要に応じて、この機能のオンとオフを切り替えることができます。

Lumetri-Color-Layer

Premiere Pro のカラーワークフローについて詳しくは、カラーワークフローを参照してください。

Direct Link の使用について詳しくは、Premiere Pro と SpeedGrade 間の Direct Link のワークフローを参照してください。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー