このページでは、米国の市民または登録外国人である Adobe Stock コントリビューター向けの税金の基本について説明します。

税金の概要

クリエイティブコンテンツのライセンスを販売することは経済活動の 1 つです。Adobe Stock コントリビューターとして、米国でのこれらの販売から得られる収入はアメリカ合衆国 IRS(Internal Revenue Service:アメリカ合衆国内国歳入庁)の源泉徴収税の対象になります。 

IRS は、税金収集と税法への準拠を取り締まる米国政府機関です。米国企業として、アドビ、およびアドビのコントリビューターは米国税法を遵守し、IRS に適切な源泉徴収税フォームを提供する必要があります。これらのフォームは、コントリビューターの状況に固有であり、その収入に米国の源泉徴収税を適用する必要があるかどうかを判断するために必要です。

以降には、ご自身の状況に合ったタックスフォームを判断するのに役立つ情報が掲載されています。以下の各手順に従って、税/法務アドバイザーに問い合わせて、明確なアドバイスを受けることをお勧めします。 

注意:

以下の情報は一般的なガイドラインを提供するものであり、税に関するアドバイスを提供するものではありません。承認済みのフォームがないコントリビューターはすべて、30%の最大の源泉課税の対象となります。

プロフィールを確認する

コントリビューターアカウントで自身のプロフィールを確認して、すべての情報が最新であることを確認します。情報に間違いがあると、フォームが正しく判断されなかったり、収入が源泉課税の対象になったりします。

税金フォームを提出する

税金フォームはコントリビューターアカウントページで電子的に入力および署名する必要があります。フォームは、結婚、名前の変更、離婚、会社の創設や解散など、税金に影響する出来事が発生するたびに更新する必要があります。システムには正しいフォームを選択するのに役立つ一連のオプションが用意されています。記入したフォームはコントリビューターポータルから直接提出できます。

個人および LLC、パートナーまたは法人

W9 フォーム:通常は、Adobe Stock から得た収入に源泉徴収税が適用されないよう W-9 を提出します。米国在住のコントリビューターの場合は、有効な W-9 フォームには米国の社会保障番号、雇用主番号または ITIN が必須です。

W-9 の書き方

年末

各年末に、その年の米国での販売による収入をすべて IRS に報告する必要があります。$10 以上の収益を得た個人には、収益が記載された 1099 フォームを発行します。法人には 1099 を発行しません。支払をリクエストしたかどうかに関係なく、収益は報告されて課税されます。この収入について税金を支払うのは 1 回のみで、資産を回収するときには支払う必要はありません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー