ストックの画像とビデオについて説明する際によく使われる法律用語がいくつかあります。これらを理解することによって、時間と費用を節約できます。

法律用語と著作権の重要性

アドビがコンテンツをライセンスできるかどうかは次に示す法律の分野によって決まります。

  • プライバシーの権利/肖像権
  • 商標/トレードドレス
  • 著作権
  • Creative Commons

それぞれについて次に具体的に説明します。

プライバシーの権利および肖像権

プライバシーの権利とは文字通りの意味で、人が干渉されない権利です。これは世界中の国における基本的な権利ですが、保護する法律には違いがあります。同様に、肖像権では、人が自分の名前と肖像の商用目的での使用を制御する権利が保証されます。

ストックのライセンスに関してプライバシーの権利と肖像権が意味するのは、認識できるすべての人物について、署名入りのモデルリリースという形式で許可が必要ということです。該当する場合は、コンテンツに含まれる私有財産の所有者からの署名入りのプロパティリリースも必要です。疑わしい場合には、コンテンツに表示される特定可能な人物、場所、またはオブジェクトを商用目的で使用できるように、モデルリリースまたはプロパティリリースを取得してください。詳細は、モデルリリースプロパティリリースの要件をご覧ください。

商標とトレードドレス

商標とは、会社、ブランド、製品やサービスを特定できる、一連の語、ロゴ、またはシンボルです。 トレードドレスは商標の一種で、一般的に、パッケージまたは製品自体の外観またはデザインに関連します。

トレードドレスには、特徴的な形状または色が含まれる場合があります。例えば、「UPS」、スローガン「What can brown do for you?」、シールドロゴ「United Problem Solvers」、および配達員の制服の茶色はすべて、ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)の商標です。

商標やトレードドレスを描写する作品を承認することはできません。商標登録された記号やオブジェクトを完全に消去するか削除してください。商標やロゴを部分的に削除しても、提出したコンテンツから商標やロゴを完全に削除したとは見なされません。商標またはその他の知的財産で保護された一般的なテーマについて詳しくは、画像に関して確認されている制限事項を参照してください。

著作権

著作権は、詩、建築デザイン、写真、ビデオ、絵画など、有形的表現媒体でのアイデアの表現とみなされるものすべてを保護します。100 か国を超えるベルヌ条約の調印国はすべて同様に著作権を保護しています。

著作物の権利者は、作品の配布、複製、公での上演/演奏、変更について独占的な権利を持ちます。権利者は、これらの権利の一部またはすべてを顧客に付与することもできます。

コンテンツを Adobe Stock に提出することで、コントリビューター様はそのコンテンツに関する著作権を所有しているか、著作権のライセンスを得ていることを保証するものとします。コンテンツは、Adobe Stock コントリビューター向け契約書など、アップロード契約またはコンテンツ使用許諾契約に基づいてアドビにライセンスされます。その後、アドビが、利用条件または特定のダウンロード/エンタープライズ使用許諾契約書を使用してクライアントにコンテンツのライセンスを付与します。詳しくは、コンテンツの使用を参照してください。

Adobe Stock では、画像やビデオを仲介するにあたり、提供されたコンテンツが他の誰かの著作物のコピーかどうかに注意を払っています。ただし、著作権保護された既存の作品に対する画像の類似性に関する正式な規定はありません。コントリビューターのコンテンツが、著作権を侵害していると思われる場合は、知的所有権侵害の申し立てをお送りください。詳しくは、コンテンツの使用を参照してください。

Creative Commons ライセンスとパブリックドメイン

Creative Commons ライセンスは、コンテンツ作成者が、自身が作成した作品を共有、使用、変更する権限を付与するために使用されます。Creative Commons ライセンスにはいくつかの種類があります。ここで最も関連があるのは Creative Commons Zero(CC0)で、これは、コンテンツ作成者の著作権をパブリックドメインに配置します。

パブリックドメインのコンテンツは、著作権によって保護されません。通常、これは著作権の有効期限が切れているためで、この種類の作品は著作権保護の対象外となるか、作成者がパブリックドメインに作品を意図的に配置します。 

パブリックドメインまたは Creative Commons Zero は、作品自体に対する著作権が切れている場合のみ機能します。モデルまたはプロパティなど、作品内にまだ知的財産が表示されている場合があります。例えば、コカコーラの瓶を持つ人の写真の著作権はパブリックドメインへの配置対象ですが、コカコーラのロゴ、瓶の形状、その人の肖像は商業的な使用は認められません

NASA の画像と変更された NASA の画像
NASA の画像(1)と、ストック用に認められた変更された NASA の画像(2)

通常、Creative Commons Zero(CC0)コンテンツまたは Adobe Stock サイトにアップロードされたパブリックドメインコンテンツは採用されません。ただし、変更された NASA 画像は例外になる場合もあります。コンテンツに NASA の商標や宇宙飛行士または他の人物の肖像が表示されておらず、コンテンツが明らかに新しいビジュアル作品の作成に使用されている場合、NASA パブリックドメインの画像が組み込まれたコンテンツを採用できます。例えば、上の画像では、オリジナルとは明らかに異なる新しい画像(2)を作成するように NASA 画像(1)が変更されています。

注意:

この記事は情報提供のみを目的とするものです。弁護士による法的なアドバイスやそれに代わるものではありません。また、コンテンツ内の該当するすべての知的財産権を完全に網羅しているかどうかは、状況によって異なる場合があります。法律に関する個別の質問については、弁護士にご相談ください。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー