この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。 

A. 一般的な問題

A-1. ライブラリに保存されているファイル

Mac OS X 10.7 では、Library フォルダーが表示されない設定になっています。環境設定、プリセット、およびその他のユーザー設定は Library フォルダーに保存されます。ライブラリフォルダーにアクセスするには以下の操作を行います。

  1. 移動/フォルダへ移動を選択します。
  2. フォルダへ移動 ダイアログボックスに「~/Library /」と入力し、「移動」をクリックします。

その他の方法については、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 cpsid_91195 非表示のユーザーライブラリフォルダーにアクセスする方法(Mac OS X 10.7)

A-2. Java ランタイムの手動インストール

多くの Adobe アプリケーションには、Oracle Java Runtime Environment(JRE)に依存する機能が存在します。Mac OS X 10.7 では、Java はプリインストールされず、ユーザーがオプションで選択する必要があります。

Adobe 製品のインストーラーは、Apple 社による上記の変更が行われる前に構築されているため、Java がインストール済みであることを前提として動作します。この問題について、弊社では、OS インストール時に Java をインストールできるようにするか、または Adobe アプリケーションのインストール前にオプションで Java をインストールできるようにするよう、Apple 社と協議しました。Adobe アプリケーションの起動時に、Java がインストールされていない場合、Java をインストールするようメッセージが表示されます。Adobe アプリケーションの起動時に Java をインストールしない場合、いくつかの機能が失われるか、または正常に機能しません。これらの問題は Java をインストールすることで改善される可能性があります。社内 IT では、Adobe アプリケーションのトラブルを回避するために、Java をプリインストールしておくか、 またはファイアウォール越しに Java をインストールできるようにするなどの対処が必要になります。

Java ランタイムをインストールしていない場合、以下のような問題が発生することが確認されています。

  • 一部の機能が使用できないか、または正しく動作しない
  • 起動に失敗する
  • アプリケーションの使用時に Java ランタイムのインストールを求められる
  • アプリケーションがフリーズするか、または強制終了する(2822671)

Java ランタイムを手動でインストールする方法については、以下の技術文書を参照してください。

文書番号 cpsid_91087 JRE をインストールする方法(Mac OS X 10.7)

A-3. クラッシュレポーター

Adobe Illustrator CS5.x および InDesign CS5.5 でクラッシュレポーターが表示されないか、または 10 分から 15 分後に表示されます。(2846993)

A-4. スクロールが反対方向に動作する

「スクロールまたはナビゲートの際に指先の動きにしたがってコンテンツを移動する」機能により、アプリケーション内でスクロールが正しく動作せず、反対方向にスクロールされることがあります。この動作を修正するには、システム環境設定のマウスセクションでこの機能を無効にします。

A-5. Rosetta 使用不可

Mac OS X 10.7 では Rosetta がサポートされていません。Rosetta を使用して動作可能だった PowerPC ベースの従来の Adobe アプリケーションは、10.7 と互換性がありません。

A-6. Mac OS X 10.7 の新機能

Mac OS X 10.7 にはオートセーブ、修復、バージョン管理、フルスクリーンモード、マルチタッチジェスチャなどのさまざまな新機能が搭載されています。これらの新機能が動作するために新しいコードが必要なため、お客様にとってどの機能を弊社製品で有効にすべきか、今後調査を行います。修復機能に関しては、以下の問題が確認されています。

文書番号 cpsid_91050 システム環境設定の「アプリケーションの終了および再起動時にウィンドウを復元する」が機能しない

B. 製品ごとの問題

B-1. Acrobat ファミリー

Mac OS X 10.7 および 10.6(2011 年 7 月以降)には Safari 5.1 が付属しますが、Acrobat/Adobe Reader 各プラグインは Safari 5.1 ブラウザーとの互換性がありません。10.6/10.7 いずれの環境においても、Acrobat/Adobe Reader は、単独のアプリケーションとしては正常に動作し、ブラウザー外部で PDF 文書を開くことができます。Safari 5.1 ではネイティブで PDF 文書が開かれますが、LiveCycle および Acrobat のワークフロー内では正常に動作しません。これらのワークフローにおいては、Safari 5.1 内部で Acrobat/Adobe Reader のプラグインが機能する必要があります。

お客様への推奨事項

Acrobat または Adobe Reader を使用したブラウザーベースの PDF 運用、特に LiveCycle でフォームや Workspace を使用するお客様には、Safari 5.0.x および Mac OS X 10.6.x を継続して使用されることを推奨します。弊社では引き続き問題の調査を行い、随時情報を更新いたします。

詳細については、文書番号 cpsid_90985 Safari 5.1 と Acrobat/Adobe Reader の互換性についてを参照してください。

B-2. Adobe Drive

Adobe Drive 2.x で、DAM(Digital Asset Management)サーバーに接続すると、マウントされたドライブの第二レベルのフォルダー内の追加のファイルやフォルダーが、Photoshop、InDesign、InCopy、Illustrator および Finder から参照できません。Adobe Drive 3 で、この問題は修正されています。詳細については、以下の文書を参照してください。

Folder contents not visible in drive mounted on Mac OS 10.7 | Adobe Drive 2.x*(cpsid_91116)

B-3. Adobe Connect

Adobe Connect Add-in 9.4.80.0 の Mac OS X 10.7 における使用は、正式にはサポートされていません。詳細については、以下の文書を参照してください。

文書番号 cpsid_91659 Adobe Connect アドインにおける既知の問題(Mac OS X 10.7 Lion)

B-4. Contribute

  • CS5.x
    • LPDF ファイルが PDF ファイルとして検出されます。パブリッシュ中にエラーメッセージが表示されます。
    • Firefox ブラウザー内のカラーパネル外側でテキスト / ハイライトのカラーを選択すると、Contribute プラグインが強制終了します。(ブラウザー編集内の Contribute)
    • Content Type メタデータを有効にしてパブリッシュすると、Content Type のパブリッシュに成功しますが、メタデータは作成されません。XML ファイルのこのようなカテゴリーは、Mac OS X 10.7 でバリデーションできないため、編集することができません。
  • CS4
    • カラーピッカーダイアログボックスで、ダイアログボックス外側のカラーを選択できません。

B-5. Dreamweaver

B-6. Fireworks

Fireworks CS4 : カンバスで選択したカラーが、カラーピッカーに反映されません。

B-7. Flash Builder

  • Flash Builder 4.0.x  は Mac OS X 10.7 で動作しません。Mac OS X 10.7 用の Flash Builder 4.0.x アップデーターの提供予定はありません。
  • Flash Builder 4.5 は概ね Mac OS X 10.7 と互換性がありますが、製品のインストールと使用において、いくつかの問題が確認されています。
    • Flash Builder 4.5.1 をインストールする前に、あらかじめ Mac OS X 10.7 用の Java をインストールする必要があります。Java がインストール済みでない場合、4.5.1 ではなく 4.5 がインストールされます。Java ランタイムのインストール方法については、文書番号 cpsid_91087 JRE をインストールする方法(Mac OS X 10.7)を参照してください。
    • Flash Builder 4.5 に付属している Flash Player は、Mac OS X 10.7 での使用が推奨されないバージョンです。デフォルトバージョンではなく、最新バージョンのデバッガーをダウンロードしてインストールしてください。
    • パッケージエクスプローラー内で右クリックすると、Flash Builder を長時間使用した後に動作が停止します。この問題を解決するには、Flash Builder を再起動します。
  • Eclipse 3.7 のプラグインとしてインストールされた Flash Builder 4.6 for PHP は、Mac OS X 10.7 との互換性がありますが、スタンドアロン構成(Zend Studio に統合された Flash Builder 4.6)として使用する場合、パッケージエクスプローラー内を右クリック(Control + クリック)しても反応が無い場合があります。この問題を解決するには、パッケージエクスプローラーを一度閉じてから開きなおします。それでも問題が改善されない場合は Flash Builder を再起動します。

B-8. Flash Catalyst

Flash Catalyst CS5/CS5.5 は、概ね Mac OS X 10.7 と互換性がありますが、製品を使用する上でのいくつかの問題が確認されています。

B-9. Flash Player

弊社では、Mac OS X 10.7 環境で最善のパフォーマンスを確保するために、Flash Player 10.3.183.5 を使用することを推奨します。このバージョンでは、Flash Player 設定パネルをクリックしても反応しない問題が修正されています。

B-10. Flash Professional

  • Flash CS4 Professional は Mac OS X 10.7 で動作しません。Mac OS X 10.7 用 アップデーターの提供予定はありません。Mac OS X 10.7 環境では使用しないことを推奨します。
  • Flash Professional CS5/CS5.5 は、概ね Mac OS X 10.7 と互換性があります。

B-11. Illustrator

Illustrator CS5.x : 保存先をデスクトップに指定すると、「名前をつけて保存」または「書き出しダイアログボックス」ウインドウのオプションが無効になります。(2828132、この問題はMac OS X 10.7.2アップデートにより修正されています。)

Illustrator CS3, CS4 : 印刷すると強制終了する場合があります。過去にそのシステムにはAcrobat 8.xがインストールされていました。回避方法についてはこちらのTechNoteを御覧下さい。

B-12. Photoshop Lightroom

Photoshop Lightroom 3

Photoshop Lightroom 2

B-13. LiveCycle

Adobe Reader プラグインに依存するワークフローは機能しません。

B-14. Photoshop

B-15. Premiere Pro

  • Premiere Pro CS5/CS5.5 では、「カウントダウンマーク」 の数字が失われます。
  • Premiere Pro CS5.5 のタイムコードエフェクトで、タイムコードのオーバーレイがレンダリングされません。
  • Premiere Pro CS5 では、スポイトツール(Ultra キーエフェクトなど)が正しく動作しません。この問題は Premiere Pro CS5.5 では確認されておりませんが、縦の解像度が異なる複数モニターの環境でスポイトツールを使用すると、別の問題が発生することが確認されています。
  • Premiere Pro CS5.5 では、スポイトツール(Ultra キーエフェクトなど)が正しく動作しません。(この問題は、Premiere Pro CS5 のアップデート 5.5.2 で修正されています。)
  • 特定の環境において、CUDA 処理(Mercury Playback Engine ハードウェアアクセラレーション)が無効になります。詳細については、以下の文書を参照してください。

    文書番号 cpsid_91602 Mac OS X における Nvidia CUDA ドライバーの使用について(Premiere Pro)

B-16. InDesign

InDesign CS3, CS4 : 印刷すると強制終了する場合があります。過去にそのシステムにはAcrobat 8.xがインストールされていました。回避方法についてはこちらのTechNoteを御覧下さい。

B-17. Premiere Elements

Premiere Elements 9 では、タイムラインにクリップを配置(ドラッグ)すると、タイムライン上に存在しないクリップが表示されたり、タイムライン自体がカラフルになったりノイズが表示される場合があります。(2964018)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー