この文書では、Adobe Photoshop および Adobe Photoshop Elements の描画色と背景色について説明します。

A. 描画色と背景色の関係

Photoshop や Photoshop Elements では、ペイント、塗りつぶしおよび選択範囲の境界線の描画には描画色が使用され、消去された領域やグラデーションには背景色が使用されます。また描画色と背景色は、他の特殊効果フィルターにも使用されます。

スポイトツール、カラーパネル、スウォッチパネルまたは Adobe カラーピッカーを使用して、新しい描画色や背景色を指定することができます。初期設定の描画色はブラックで、背景色はホワイトです。アルファチャンネルでは、初期設定の描画色はホワイトで、背景色はブラックです。

ブラシツールなどで描画を行う場合や、塗りつぶしツールなどで塗りつぶす場合は、描画色で設定された色が使用されます。塗りつぶしツールなどで塗りつぶされた箇所を消しゴムツールでなぞると、背景色で設定された色が表示されます。

B. 描画色と背景色の設定

描画色と背景色の上には 2 つのボタンがあり、左側のボタンをクリックすると、描画色と背景色を初期設定(描画色:黒、背景色:白)に戻すことができます。右側のボタンをクリックすると、描画色と背景色を入れ替えることができます。

描画色および背景色は、スポイトツール、カラーパネル、スウォッチパネルまたはカラーピッカーを使用して指定することができます。

  • スポイトツール
    ツールパネルからスポイトツールを選択し、開いている画像をクリックして、画像からカラーを指定することができます。

  • カラーパネル
    ウィンドウ/カラー からカラーパネルを表示し、カラーを指定することができます。カラーパネルではスライダーやスペクトルなどからカラーを指定できます。また、カラーパネル内の描画色/背景色をクリックすると、カラーピッカーが表示されます。

  • スウォッチパネル
    ウィンドウ/スウォッチ からスウォッチパネルを表示し、カラーを指定することができます。スウォッチパネルでは、プロジェクト別に異なるカラーのライブラリを作成して、カラー情報の保存や読み込みが行えます。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらカラーをクリックすると、背景色を選択できます。

     
  • カラーピッカー
    描画色や背景色をクリックすると、カラーピッカーウィンドウが表示されます。HSB、RGB、Lab および CMYK の 4 つのカラーモデルを使用し、数値で入力したりカラーフィールドをクリックしたりしてカラーを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー