英語以外のオペレーティングシステムでは Creative Cloud 製品が体験版モードで起動する

問題点:英語版以外の Creative Cloud アプリケーションが体験版モードで起動する。

Adobe Creative Cloud メンバーシップを購入し、英語以外の言語で Creative Cloud アプリケーションを起動すると体験版モードで開きます。このページでは、この問題の解決策をご紹介します。

解決策

Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションは、オペレーティングシステムの言語で初期設定されます。以下の手順を実行して、言語を英語に変えることができます。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションを開きます(タスクバー(Windows)/メニューバー(macOS)で アイコンを選択します)。

  2. 右上のアカウントアイコンを選択し、「環境設定」を選択します。

    Creative Cloud デスクトップアプリのアカウントアイコン

    表示されている画面が図と異なる場合:Creative Cloud デスクトップアプリケーションの以前のバージョンに関する説明を参照してください。

  3. アプリ」を選択します。デフォルトのインストール言語として「英語 (各国共通)」を選択して、「完了」を選択します。

    Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「デフォルトのインストール言語」オプション

問題が解決しない場合

上記の解決策が機能しない場合は、購入した Creative Cloud アプリケーションが体験版として表示されるをお試しください。

追加情報

この問題は、英語限定版のメンバーシップを購入しながら、Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションを別の言語に設定した場合に発生します。

Adobe Creative Cloud をインストールすると、言語はオペレーティングシステムの初期設定言語に設定されます。初期設定言語がドイツ語の場合、Adobe Creative Cloud は Creative Cloud アプリケーションの言語をドイツ語に設定します。

お持ちの Creative Cloud メンバーシップの確認方法の詳細については、お住まいの国のアドビストアにアクセスしてください。「マイオーダー」、「購入」または「アカウント」をクリックします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン