マニュアル キャンセル

エンベロープを使用したミックスのオートメーション化

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. テキストからスピーチを生成
    3. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    4. 波形エディターでのオーディオ表示
    5. オーディオの選択
    6. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    7. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    8. マーカーの操作
    9. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    10. 一般的な操作の自動化
    11. フェーズ、周波数および振幅の分析
    12. 周波数バンドスプリッター
    13. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    14. サンプルタイプの変換
    15. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

ミックスをオートメーション化すると、時間経過に従ってミックスの設定を変更できます。例えば、重要なフレーズではボリュームを自動的に大きくし、その後、ボリュームを徐々に下げるといったことが可能です。ミックスのオートメーション化の処理を見るには、このビデオチュートリアルを参照してください

エンベロープは特定の時点での設定を視覚的に示します。これらの設定は、エンベロープ線のキーフレームをドラッグして編集できます。エンベロープはノンディストラクティブであるため、オーディオファイルは一切変更されません。波形エディターでファイルを開くと、マルチトラックエディターで適用したエンベロープが影響していないことを確認できます。

エディターパネルのクリップエンベロープとトラックエンベロープ
エディターパネルのクリップエンベロープとトラックエンベロープ

クリップ設定のオートメーション化

クリップエンベロープを使用すると、クリップのボリューム、パンおよびエフェクトの設定をオートメーション化できます。

ステレオトラックでは、クリップボリュームとパンのエンベロープはデフォルトで表示され、カラーと最初の位置で識別できます。ボリュームエンベロープは黄色の線で、最初はクリップの上半分に配置されます。パンエンベロープは青色の線で、最初は中央に配置されます(パンエンベロープの場合は、クリップの一番上が完全な左、一番下が完全な右を表します)。

注意:

モノラルトラックおよび 5.1 サラウンドトラックでは、クリップにパンエンベロープはありません。

2 つのクリップエンベロープ
2 つのクリップエンベロープ

クリップエンベロープの表示と非表示

クリップエンベロープはデフォルトで表示されますが、編集の邪魔になる場合や見た目に煩わしい場合は隠すことができます。

  1. ビューメニューから、次のオプションを必要に応じて選択します。
    • クリップボリュームエンベロープを表示 
    • クリップパンエンベロープを表示
    • クリップエフェクトエンベロープを表示

個々のオートメーションパラメーターの表示または非表示

エフェクトのパラメーターの表示
エフェクトのパラメーターの表示

  1. クリップの右上隅で、パラメーターメニューをクリックして、ラックミキシングオプションまたはエフェクトパラメーターを選択します(メニューでは、表示されるパラメーターにはチェックマークが付きます。パラメーターを非表示にする場合はそのパラメーターを再度選択します。)。

    パラメーターのキーフレームを編集すると、メニュー内でそのパラメーターにはアスタリスク(*)が付きます。

    注意:

    「ラックパワー」オプションでは、時間の経過と共にクリップのエフェクトラックのオンとオフを切り替えることができます。

クリップキーフレームの編集の無効化

不注意によりキーフレームを作成したり移動したりすることがないように、キーフレームの編集を無効にします。

  1. マルチトラックメニューから、「クリップキーフレームの編集を有効にする」の選択を解除します。

トラック設定のオートメーション化

トラックエンベロープを使用すると、時間経過に従ってボリューム、パン、エフェクトの設定を変更できます。トラックエンベロープは各トラックの下のオートメーションレーンに表示されます。オートメーション化されたパラメーターにはそれぞれ独自のエンベロープがあり、クリップエンベロープと同じように編集することができます。

エディターパネルでのトラック設定のオートメーション化
エディターパネルでのトラック設定のオートメーション化

トラックエンベロープの作成

トラックエンベロープを使用すると、特定の時点でトラック設定を正確に変更できます。

エディターパネルでオートメーションレーンを表示
エディターパネルでオートメーションレーンを表示

  1. エディターパネルで、オートメーション化するトラックのトラックオートメーションモードメニューの左にある三角形をクリックします(このメニューはデフォルトで「読み取り」に設定されています)。

  2. エンベロープを表示メニューから、オートメーション化するパラメーターを選択します。
  3. エンベロープ線で、キーフレームをクリックしてドラッグし、追加して調整します。

トラックオートメーションの記録

セッションの再生中に、トラックボリューム、パンおよびエフェクトの設定に加えた調整を記録して、時間の経過と共に動的に展開するミックスを作成できます。調整はトラックエンベロープに自動的に変換され、正確に編集することができます。

注意:

Mackie Control などの外部コントローラーを使用して複数の設定を同時に調整できます。コントロールサーフェスのサポートを参照してください。

  1. メインパネルで、オートメーションの記録を開始する場所に時間インジケーターを配置します。
  2. トラックオートメーションモードメニューでオプションを選択します。
  3. オートメーションの記録を開始するには、再生を開始します。オーディオを再生しながら、エディター、ミキサーまたはエフェクトラックパネルで、トラック設定またはエフェクト設定を調整します。
  4. オートメーションの記録を停止するには、再生を停止します。
注意:

記録されたキーフレームが大きすぎる場合や不規則な場合は、記録されたオートメーションキーフレームの最適化を参照してください。

トラックオートメーションモードのオプション

エディターパネルまたはミキサーで、各トラックについて次のモードのいずれかを選択できます。

オフ

再生およびミックスダウン中にトラックエンベロープを無視しますが、エンベロープの表示を続行するため、キーフレームを手動で追加または調整できます。

読み取り

再生およびミックスダウン中にトラックエンベロープを適用しますが、トラックエンベロープに加えた変更を記録しません(変更をプレビューできますが、キーフレームは記録されている設定に戻ります)。

書き込み

再生を開始すると、既存のキーフレームを現在の設定で上書きします。再生が停止するまで新しい設定を記録します。

ラッチ

最初に設定を調整したときにキーフレームの記録を開始し、再生が停止するまで新しい設定を記録します。

タッチ

ラッチと似ていますが、設定の調整を終了すると、以前に記録した値に設定を徐々に戻します。オートメーションの特定のセクションを上書きし、その他のセクションは変更しない場合に、「タッチ」を使用します。

オートメーション書き込み時の設定の保護

オートメーションの記録時に、特定のパラメーターが他のパラメーターの調整中に誤って変更されないように保護できます。

  1. エディターパネルの左側で、特定のトラックのコントロールを選択します。
  2. オートメーションレーンを表示/非表示アイコンをクリックします。
  3. エンベロープを表示メニューで、パラメーターを選択します。
  4. パラメーターを保護アイコンをクリックします。

記録されたオートメーションキーフレームの最適化

記録されたオートメーションで大きすぎるキーフレームや不規則なキーフレームを作成しないようにするために、環境設定ダイアログボックスのマルチトラックセクションで次の設定を最適化します。

自動一致時間

タッチモードでパラメーターをオリジナルの値に戻す速度を指定します。設定できる値の範囲は 0.00 ~ 5.00(秒)で、デフォルト値は 1.00 です。

リニア編集ポイントの簡略化

変更できない固定されたパラメーター設定のキーフレームを削除します。

簡略化する最小時間間隔

指定した値よりも長い時間間隔でキーフレームを作成します。「最小時間」フィールドに 1 ~ 2000 ミリ秒の間隔を入力します。

キーフレームを使用したオートメーションの調整

エンベロープ線でキーフレームを使用すると、時間の経過と共にクリップおよびトラックのパラメーターを変更できます。キーフレーム間のすべての中間値は、2 つあるトランジション方法のうちいずれかを使用して、自動的に計算または補間されます。

  • ホールド  トランジション:新しいキーフレームで値が急激に変化します。

  • リニア  トランジション:キーフレーム間で値が徐々に一様に変化します。

スプラインカーブをエンベロープ全体に適用し、上記のキーフレームに固有の設定を無効にして、キーフレーム付近でスピードが変化する、自然に聞こえるトランジションを作成することもできます(グラフのスプラインカーブについてを参照してください。)

キーフレーム間のトランジション

A. ホールド B. リニア(デフォルト) C. スプラインカーブ 

キーフレームの追加

次のいずれかの操作を行います。

  • エンベロープ線上にポインターを置きます。プラス記号 が表示されたらクリックします。

  • 再生ヘッドの位置を、トラックパラメーターを変化させる位置に合わせます。トラックコントロールのキーフレームを追加アイコン をクリックします。

トラックキーフレーム間の移動

  1. エディターパネルで、トラックコントロールの下部にある選択メニューからパラメーターを選択します。

  2. 前のキーフレームアイコン または次のキーフレームアイコン をクリックします。

1 つのパラメーターに複数のキーフレームを選択

  • 任意のキーフレームを右クリックして「すべてのキーフレームを選択」を選択します。

  • Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押したまま、特定のキーフレームをクリックします。

  • Shift キーを押したまま、一連のキーフレームをクリックして選択します。

キーフレームまたはエンベロープ線の位置変更

  • 選択したキーフレームの位置を変更するには、ドラッグします(時間の位置またはパラメーター値を維持するには、Shift キーを押したままドラッグします)。

  • キーフレームを作成せずにエンベロープのセグメントの位置を変更するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押したままドラッグします。

2 つのキーフレーム間のトランジションの変更

  • 最初のキーフレームを右クリックして、値をすぐに変更するには「ホールドキーフレーム」を選択し、次の値へのトランジションを徐々に行うには選択を解除します。

エンベロープ全体にスプラインカーブを適用

  • エンベロープ線を右クリックして「スプラインカーブ」を選択します。

キーフレームの削除

  • エンベロープ線を右クリックして「選択したキーフレームを削除」を選択します。または、個々のキーフレームをクリップまたはトラックの外側にドラッグします。

クリップキーフレームの編集の無効化

不注意によりキーフレームを作成したり移動したりすることがないように、キーフレームの編集を無効にします。

  • マルチトラックメニューから、「クリップキーフレームの編集を有効にする」の選択を解除します。

キーフレームを手動で編集する

キーフレームを右クリックして、トラックオートメーションエンベロープのコンテキストメニュー、またはマルチトラックセッションのクリップオートメーションエンベロープを開き、「キーフレームを編集」を選択します。ダイアログボックスが表示されます。特定のキーフレームの時間値およびパラメーター値で入力します。電源スイッチのような数値ベースではないパラメーターについては、パラメーター値の名前が表示されているダイアログのセカンドコントロールにツールヒントが含まれています。

キーフレームを編集
キーフレームを編集

パラメーター値を入力します
パラメーター値を入力します

アドビのロゴ

アカウントにログイン