マニュアル キャンセル

タイムおよびピッチ操作エフェクト

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. テキストからスピーチを生成
    3. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    4. 波形エディターでのオーディオ表示
    5. オーディオの選択
    6. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    7. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    8. マーカーの操作
    9. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    10. 一般的な操作の自動化
    11. フェーズ、周波数および振幅の分析
    12. 周波数バンドスプリッター
    13. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    14. サンプルタイプの変換
    15. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

自動ピッチ補正エフェクト

自動ピッチ補正エフェクトは、波形エディターとマルチトラックエディターの両方で使用できます。マルチトラックエディターでは、そのパラメーターをキーフレームおよび外部コントロールサーフェスを使用して時間の経過に従って自動化することができます。

エフェクトタイムとピッチ自動ピッチ補正を選択して、次のオプションを設定します。

スケール

マテリアルに最適なスケールのタイプを指定します:メジャーマイナー、またはクロマチック「メジャー」または「マイナー」は音符を音楽の特定のキーに修正します。「クロマティック」はキーに関係なく、最も近い音符に修正します。

キー

補正後のマテリアルに使用するキーを指定します。このオプションは、「スケール」で「メジャー」または「マイナー」を指定した場合のみ使用できます(「クロマチック」では 12 音階すべてが対象となり、キーは関係ありません)。

注意:

音階とキーの組み合わせにより、調号が決まります。

アタック

ピッチをスケール音階に対して補正する速度を制御します。速度の速い設定は通常、テンポの速いスタッカートの節のように、短い長さの音符に最適です。アタックを極端に速くすると、ロボットの合成音声のようなエフェクトが得られます。音符が長く持続する場合(ビブラートのかかった息の長いボーカルラインなど)は、アタックを遅くすると、自然な印象を与える補正結果を得ることができます。ソースマテリアルでは音楽のパフォーマンス全体を変更できるため、短い音楽のフレーズを個別に修正することによって、最適な結果が得られます。

感度

音符が修正されなくなるしきい値を定義します。「感度」の値はセント単位で指定します(1 セミトーンは 100 セント)。例えば、「感度」の値を 50 セントに設定した場合、音が自動補正されないようにするには、ターゲットとなるスケール音程との差が 50 セント(セミトーンの 2 分の 1)以内である必要があります。

リファレンスチャンネル

ピッチの変更が最も明瞭なチャンネルを選択します。このエフェクトは選択したチャンネルだけを分析しますが、ピッチの修正をすべてのチャンネルに手動で適用します。

FFT サイズ

エフェクトで処理するデータの各ピースにフーリエ変換サイズを設定します。通常、高い周波数の補正には小さい値が適しています。音声の場合、2048 または 4096 に設定すると、最も自然に聞こえます。短い、スタッカートの音符や打楽器のようなオーディオの場合は、1024 に設定してみてください。

キャリブレーション

ソースオーディオの調整標準を指定します。西洋音楽では、標準の A4 が 440 Hz です。ただし、ソースオーディオが別の標準を使用して録音された可能性があるため、410 ~ 470 Hz の A4 値を指定できます。

補正メーター

オーディオをプレビューする場合、フラットなトーンやシャープなトーンの補正量が表示されます。

手動ピッチ補正エフェクト

手動ピッチ補正エフェクトでは、「スペクトルピッチの表示」でピッチを視覚的に調整できます。「スペクトルピッチの表示」では、基本ピッチを明るい青の線で、倍音を黄色から赤の色相で示します。修正されたピッチは明るい緑色の線で表示されます。

注意:

手動ピッチ補正エフェクトを使用せずに、いつでもピッチを視覚的に監視できます。オプションバーの「スペクトルピッチを表示」アイコンをクリックします。解像度、デシベル範囲およびグリッド線をカスタマイズするには、「スペクトル表示」環境設定の「ピッチ表示」の設定を調整します。

  1. エフェクトタイムとピッチ手動ピッチ補正を選択します。

  2. 手動ピッチ補正 ウィンドウで、次のオプションを設定します。

    リファレンスチャンネル

    ピッチの変更が最も明瞭なチャンネルを選択します。このエフェクトは選択したチャンネルだけを分析しますが、ピッチの修正をすべてのチャンネルに手動で適用します。

    スプラインカーブ

    エンベロープキーフレームを使用して、時間経過と共に異なるピッチ補正を適用することで、トランジションをスムーズにします。

    ピッチ曲線の解像度

    エフェクトで処理するデータの各ピースにフーリエ変換サイズを設定します。通常、高い周波数の補正には小さい値が適しています。ボイスの場合は設定値を 2048 または 4096 にすると最も自然な結果が得られ、1024 にするとロボットの合成音声のようなエフェクトが得られます。

  3. エディターパネルで、次のいずれかの操作をおこないます。

    • ピッチを均等に変更するには、ヘッドアップディスプレイで「ピッチを調整」つまみをドラッグします。
    • 時間経過と共にピッチを変更するには、波形表示の中央にある黄色のエンベロープ線にキーフレームを追加します。
    注意:

    特定のピッチ範囲をズームインするには、「スペクトルピッチの表示」の右にある垂直ルーラーの中を右クリックしてドラッグします。ズームレベルをリセットする、または表示するスケールをカスタマイズするには、ルーラーを右クリックしてポップアップメニューからオプションを選択します。

ピッチベンダーエフェクト

ピッチを変えるために時間をかけてテンポを変えるには、ピッチベンダーエフェクトを使用します。 このエフェクトでは、Fade エフェクトや Gain Envelope エフェクトに似た、波形全体にわたるキーフレーム編集エンベロープを使用します。

エフェクトタイムとピッチピッチベンダーを選択し、次のオプションを設定します。

ピッチ

エディターパネルで、青のエンベロープ線をクリックしてキーフレームを追加し、キーフレームを上下にドラッグして振幅を変更します。複数のキーフレームをすばやく選択、位置変更または削除するには、キーフレームを使用したオートメーションの調整を参照してください。

注意:

スプラインカーブ」オプションを選択すると、キーフレーム間のトランジションを直線ではなく、よりスムーズな曲線にすることができます。グラフのスプラインカーブについてを参照してください。

品質

品質レベルを設定します。品質レベルを高くするほど質の良いサウンドが得られますが、処理時間は長くなります。品質レベルを低くするほど、不要な歪みが増えますが、処理時間は短くなります。通常、「中品質」以上のレベルを指定すれば歪みは気にならなくなります。ピッチをシフトアップするときにエイリアシングの発生を抑えることはできませんが、ピッチをシフトダウンするときの歪みは、品質レベルを上げるほど格段に少なくなります。

範囲

垂直定規(y 軸)のスケールを半音(1 オクターブは 12 半音)または bpm(拍/分)で設定します。セミトーンを選択した場合、ピッチは対数的に変化し、シフトアップまたはシフトダウンはセミトーン数で指定できます。bpm を選択した場合、ピッチは直線的に変化し、範囲とベーステンポの両方を指定する必要があります。別のレートに変更する際は、選択範囲のテンポを正確に指定することができますが、必須ではありません。

ピッチシフター

ピッチシフターエフェクトでは音程を変更します。これはリアルタイムなエフェクトで、マスターラックやエフェクトラックの他のエフェクトと組み合わせることができます。マルチトラックビューでは、オートメーションレーンを使用して、ピッチを時間と共に変化させることもできます。

エフェクト/タイムとピッチ/ピッチシフターエフェクトを選択し、次のオプションを設定します。

ピッチトランスポーズ

ピッチを調整するオプションがあります。

  • 半音 半音単位でピッチを置き換えます。これは二分音符に相当します(例えば、音符 C# は C より 1 半音分高い)。0 に設定すると、元のピッチのままです。+12 半音は 1 オクターブ高く、-12 半音は 1 オクターブ低くなります。
  • セント 半音より小さな単位でピッチを調整します。指定できる値の範囲は -100(1 半音低い)~ +100(1 半音高い)です。
  • 比率 シフトした周波数と元の周波数の関係を指定します。指定できる値の範囲は 0.5(1 オクターブ低い)~ 2.0(1 オクターブ高い)です。

精度

音質を決定します。設定を高くするほど処理に時間がかかります。8 ビットまたは低品質のオーディオには「低精度」を使用します。業務用機材で録音したオーディオには「高精度」設定を使用します。

注意:

どの精度を使用するのが最適かを簡単に判断するには、音質と処理時間の最適なバランスが見つかるまで、各設定でわずかな範囲を選択して処理します。

ピッチ設定

オーディオの処理方法を制御します。

  • スプライシング周波数 オーディオデータの各チャンクサイズを指定します(ピッチシフターエフェクトはオーディオを細かいチャンクに分割して処理します)。値が大きいほど、ストレッチされたオーディオは時間経過に沿って正確に配置されます。ただし、値を上げるほど偽音の発生は目立つようになります。高い精度では、スプライシング周波数が低いと、音の繰り返しやエコーが生じる場合があります。周波数が極端に高いと、甲高い金属音になることや、ボイスがトンネルにこもったような音質になることがあります。
  • オーバーラップ オーディオデータの各チャンクを前後のチャンクとどの程度オーバーラップさせるかを指定します。ストレッチによってコーラスのエフェクトが生じる場合は、「オーバーラップ」の比率を下げてください。それによりサウンドが途切れる場合は、途切れが生じる設定値とコーラスが生じる設定値の中間に比率を調整します。値の範囲は 0 ~ 50 %です。
  • 適切なデフォルト設定を使用する スプライシング周波数とオーバーラップに適切なデフォルト値を適用します。

ストレッチとピッチエフェクト(波形エディターのみ)

タイムとピッチ/ストレッチとピッチエフェクトを使用すると、オーディオ信号のピッチおよびテンポのいずれか、または両方を変更できます。例えば、テンポを維持したままで曲を高いピッチにトランスポーズすることや、ピッチを維持したままで音声のパッセージを遅くすることができます。

注意:

このエフェクトにはオフライン処理が必要です。このエフェクトが開いている間は、波形の編集、選択範囲の調整、時間インジケーターの移動はできません。

アルゴリズム

オーディオのストレッチとピッチのシフトを同時に実行する場合、またはストレッチまたはピッチの設定を時間経過と共に変更する場合は、「IZotope Radius」を選択します。IZotope Radius アルゴリズムは、処理には時間がかかりますが、ノイズは減少します。

精度

高い値を設定するほど品質は高くなりますが、処理に時間がかかります。

変更後のデュレーション

タイムストレッチ後のオーディオの長さを表します。「変更後のデュレーション」の値を直接調整することも、ストレッチの比率を変更することで間接的に調整することもできます。

注意:

ファイルを一定のデュレーションにストレッチすることが多い場合は、テンプレートアイコン をクリックして、今後使用するために設定を保存します。テンプレートを複数のファイルに適用するには、ファイルのバッチ処理を参照してください。

変更後のデュレーションとストレッチ設定をリンク

カスタムまたはプリセットのストレッチ設定を無効にして、デュレーション調整から計算します。

注意:

上記のオプションを選択すると、ラジオスポットを簡単に 30 秒または 60 秒の長さにすることができます。

ストレッチ

処理対象のオーディオの長さを既存のオーディオと比べて短縮したり長くしたりします。例えば、オーディオのデュレーションを現在のものから半分に短縮するには、「ストレッチ」の値として 50 %を指定します。

ピッチシフト

オーディオの音調を上げたり下げたりします。半音は、鍵盤上の半音と同じです。

最終ストレッチまたは最終ピッチシフト(Audition アルゴリズム)

最初のストレッチまたはピッチシフトの設定を、最後に選択したオーディオサンプルの設定になるまで、時間経過と共に変更します。

ストレッチとピッチシフトをロック(IZotope アルゴリズム)

オーディオをストレッチしてピッチの変更を反映します。この逆の処理も可能です。

最初のストレッチとピッチシフトをロック(Audition アルゴリズム)

オーディオをストレッチしてピッチの変更を反映します。この逆の処理も可能です。最終ストレッチまたは最終ピッチシフト設定は影響を受けません。

詳細設定(IZotope Radius アルゴリズム)

三角形をクリックすると、次のオプションが表示されます。

ソロ楽器または声

ソロ演奏をより短時間で処理します。

スピーチの特性を維持

スピーチのリアル感を維持します。

フォルマントシフト

ピッチシフトでフォルマントを調整する方法を指定します。デフォルト値は 0 で、声質やリアル感を維持しつつピッチシフトと共にフォルマントを調整します。正の数値を設定すると声質が高くなります(例えば、男性の声が女性のようになります)。負の値を設定すると、その逆になります。

ピッチコヒーレンス

ソロ楽器や声の音質を維持します。大きい値を設定すると、フェージングノイズは減少しますが、ピッチ変調が増加します。

詳細設定(Audition アルゴリズム)

三角形をクリックすると、次のオプションが表示されます。

スプライシング周波数

波形の引き延ばし処理時にピッチまたはテンポを維持するために使用する、オーディオデータのチャンクサイズを指定します。値が大きいほど、ストレッチされたオーディオは時間経過に沿って正確に配置されます。ただし、レートが上がるほど偽音の発生は目立つようになります。甲高い金属音になることや、トンネルにこもったような音質になることがあります。高い精度の設定では、スプライシング周波数が低いと、音の繰り返しやエコーが生じる場合があります。

オーバーラップ

オーディオデータの各チャンクを前後のチャンクとどの程度オーバーラップさせるかを指定します。ストレッチによってコーラスのエフェクトが生じる場合は、「オーバーラップ」の比率を下げてください。ただし、下げすぎるとサウンドに途切れが生じる可能性があります。「オーバーラップ」の値は最高 400 %まで設定できますが、テンポを非常に速く(200 %以上)する処理の場合以外はお勧めしません。

適切なデフォルトを選択

スプライシング周波数とオーバーラップに適切なデフォルト値を適用します。ピッチまたはテンポを維持する設定では、このオプションが効果的です。

固定母音

ストレッチされたボーカルの母音のサウンドを保持します。このオプションにはかなりの処理時間が必要です。大きな選択範囲に適用する前に、小さな選択範囲で試してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン