マニュアル キャンセル

ビデオの読み込みとビデオクリップの操作

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. 既知の問題
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
    6. マイクチェックを実行 (ベータ版)
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. マルチトラックのセッションマーカーとクリップマーカー
    3. テキストからスピーチを生成
    4. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    5. 波形エディターでのオーディオ表示
    6. オーディオの選択
    7. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    8. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    9. マーカーの操作
    10. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    11. 一般的な操作の自動化
    12. フェーズ、周波数および振幅の分析
    13. 周波数バンドスプリッター
    14. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    15. サンプルタイプの変換
    16. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

マルチトラックセッションへのビデオファイルの挿入

マルチトラックエディターでは、ビデオファイルを挿入して、セッションをビデオプレビューと正確に同期させることができます。ビデオファイルを挿入すると、そのビデオクリップはトラック表示の最上部にあるビデオトラックに表示され、オーディオクリップはその下のトラック上に表示されます。

オリジナルサウンドトラックのオーディオクリップからビデオクリップを個別に移動できます。このようなクリップを移動前に同期状態を保つには、Ctrl キーを押したままクリック(Windows)するか、Command キーを押したままクリック(Mac OS)して、両方を選択します。

注意:

セッションに含めることができるビデオクリップは一度に 1 つだけです。

関連するビデオクリップとオーディオクリップ(同期させるには両方を選択)

  1. マルチトラックエディターで、挿入するポイントに時間インジケーターを合わせます。
  2. マルチトラック/ファイルを挿入を選択して、サポートされている形式のビデオファイルを選択します(ビデオファイル形式を参照してください)。
  3. ビデオ用のオーディオのミキシングが完了したら、ミックスダウンを書き出して、ビデオアプリケーションに読み込みます(マルチトラックミックスダウンファイルの書き出しを参照してください)。
注意:

ビデオファイルからオーディオを簡単に編集するには、ファイル/開くを選択します。これは、ビデオのプレビューを必要としないサウンドトラックの編集や、ラジオや CD のようなオーディオメディア向けにサウンドトラックを抜き出す場合に最適です。

ビデオクリップのフレームに対するスナップ

マルチトラックセッションをビデオに同期させるには、オーディオクリップと時間インジケーターをフレームにスナップします。

  1. ビュー/時間表示を選択し、クリップのフレームレートに応じた SMPTE 時間形式を選択します。
  2. 編集/スナップ/フレームにスナップを選択します。

オーディオクリップの調整中にビデオフレームプレビューをスポット

タイムラインでオーディオクリップを追加または移動するときに、ビデオパネルの再生ヘッドのすぐ下にフレームを表示し、それを見ながら会話やサウンドエフェクト、音楽的なクレッシェンドをぴったりに調整することができます。タイムラインの青の破線が、スポットの調整が行われている場所を正確に示します。この機能を有効にするには、次の手順に従います。

  • オーディオクリップの調整時に、ビデオフレーム/ビデオ/スポットを選択します。
ビデオ環境設定
ビデオ環境設定

ビデオパネルのカスタマイズ

ビデオパネルで、マルチトラックセッションとして再生されるビデオクリップをプレビューして、特定のビデオイベントとサウンドトラックを同期させることができます。例えば、シーンの変更、タイトルシーケンスまたは特殊エフェクトです。

注意:

ビデオパネルを表示または非表示にするには、ウィンドウ/ビデオを選択します。

エディターパネルのビデオパネルと関連するクリップ

ビデオパネルをカスタマイズするには、ビデオパネルを右クリックして、次のいずれかのオプションを選択します。

ズーム比率

ズームインまたはズームアウトします。

幅に合わせる

プレビューがパネルに収まるように調整します。

タイムコードオーバーレイ

タイムコードオーバーレイは、現在の時間表示文字列をビデオパネルとビデオ全画面モニターにオーバーレイとして表示します。この機能の環境設定を行うには、次の手順に従います。

  1. Adobe Audition CC/環境設定/ビデオを選択するか 、 ビデオパネルを右クリックしてビデオ環境設定を選択します。

    タイムコードの環境設定
    タイムコードの環境設定

  2. このウィンドウを使用して環境設定をおこないます。以下を調整できます。


    有効:ビデオタイムコードのオーバーレイを有効または無効にします。
    サイズ:タイムコードの表示サイズを調整します。
    背景の不透明度:表示されているタイムコードの背景の不透明度を調整します。
    位置:環境設定に従ってタイムコードを配置します。
    タイムリファレンス:タイムリファレンスをセッションまたはメディアに設定する場合に選択します。

    セッション:このオプションは、マルチトラックセッションの開始時間を設定します。
    メディア:このオプションは、メディアの内部タイムコードを 環境設定 として設定します。

    有効にすると、タイムコードオーバーレイがビデオパネルに表示されます。

    タイムコードオーバーレイ
    タイムコードオーバーレイ

Adobe Audition では、さらに多くのことを行えます。

Adobe Audition は、オーディオのレコーディングとミキシングポッドキャスト、およびサウンドエフェクトのデザインを行うことができる強力なツールです。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン