波形エディターとマルチトラックエディターの比較

Adobe Audition には、オーディオファイル編集用のビューとマルチトラックミックス作成用のビューがあります。個々のファイルを編集するには、波形エディターを使用します。複数のオーディオファイルをミキシングしてビデオに統合するには、マルチトラックエディターを使用します。

波形エディターとマルチトラックエディターでは異なる編集方法を用い、それぞれに特有の長所があります。波形エディターでは、オーディオデータを変更し、ファイルを保存すると元に戻すことのできない「ディストラクティブ」編集法が用いられます。このような恒久的な変更は、サンプルレートやビットデプスの変換、マスタリング、バッチ処理などに適しています。マルチトラックエディターでは「ノンディストラクティブ」編集法が用いられます。これは恒久的にファイルを変更するのではなく、リアルタイムに実行され、多くの処理能力が必要になりますが、柔軟性は高くなります。つまり、複数のレイヤーから成る音楽作品やビデオサウンドトラックを徐々に作成、変更を繰り返す場合に適しています。

プロジェクトの要件に合わせて、ディストラクティブ編集とノンディストラクティブ編集を組み合わせることができます。たとえば、マルチトラック内のクリップにディストラクティブ編集したい場合は、クリップをダブルクリックして波形エディターを開きます。同様に、編集済みの波形に対して行った変更が好ましくない場合は、「取り消し」コマンドを使用して前の状態に戻すことができます。ディストラクティブ編集は、ファイルを保存するまで適用されません。

波形エディターとマルチトラックエディターの基本コンポーネント

波形エディターとマルチトラックエディターでは使用できるオプションは異なりますが、ツールやステータスバーなどの基本コンポーネントとエディターパネルは共通しています。

wa23
波形エディターとマルチトラックエディターの基本コンポーネント(波形エディターの表示)

A. ビューボタンとツールバー B. エディターパネルと上部のズームナビゲーター C. その他のパネル D. ステータスバー 

エディターの切り替え

  1. 次のいずれかを実行します。
    • ビューメニューで、波形エディターまたはマルチトラックエディターを選択します。
    • ツールバーで、波形エディターボタン またはマルチトラックエディターボタン をクリックします。
    • マルチトラックエディターで、波形エディターで開くオーディオクリップをダブルクリックします。または、ファイルパネルでファイルをダブルクリックします。

エディターパネルでのズーム表示

ed_zoom_nav_time
特定の時間範囲をズームインするには、次の場所で右クリックしたままドラッグします。

A. ズームナビゲーター B. タイムラインルーラー 

特定の時間範囲のズーム

ズームナビゲーターまたはタイムラインルーラーで、右クリックしたままドラッグします。ポインターが虫眼鏡の形に変わったら、範囲の終了位置までドラッグします。選択した範囲がエディターパネル全体に表示されます。

タイマーを使用して時間をズーム

エディターパネルの下部にあるタイマーアイコンをクリックします。特定の時間にズームできるプリセットスロットが 5 つあります。プリセットの保存メニューで、現在選択されているデュレーションのプリセットスロットを上書きすることができます。

時間にズーム
時間にズーム

特定の周波数範囲にズーム

スペクトル表示の垂直ルーラーで、右クリックしたままドラッグします。(オーディオ波形とスペクトル表示を参照してください。)

表示範囲の拡大または縮小

ポインターをズームナビゲーターのハイライトされた領域の左端または右端に置き、虫眼鏡アイコンをドラッグします

段階的なズームインまたはズームアウト

エディターパネルの右下で、ズームインボタンまたはズームアウトボタンをクリックします。

注意:

環境設定ダイアログボックスの一般セクションで、このズームの倍率を設定できます。(環境設定のカスタマイズを参照してください。)

全体にズームアウト(すべてのトラック)

縦方向のスペースがすべて表示されるように、すべてのトラックを同じ高さにして、ズームアウトすることができますこのビューでは、マルチトラックエディターパネルの高さをすべて使用するように、各トラックの高さが変更されます。各トラックは同じ高さで統一されます。最小化されたトラックの高さは、最小のまま維持されます。

全体にズームアウトするには、ビュー/全体にズームアウト(すべてのトラック)を選択します。

マウスホイールまたは Mac トラックパッドを使用したズーム

ズームナビゲーターまたはルーラーの上にポインターを置いて、ホイールを動かすか、2 本の指を使用して上下いずれかにドラッグします(波形エディターでは、ポインターが波形上にあるときにもこの方法でズームできます。)

注意:

スペクトル表示上でホイールを動かすかドラッグし、Shift キーを押すと、対数周波数スケールとリニア周波数スケールを切り替えることができます(対数スケールは人間の聴覚をより反映し、リニアスケールはそれぞれの周波数を視覚的によりわかりやすく表示します。)

選択したオーディオの拡大表示

エディターパネルの右下で、インポイントをズームインボタン 、アウトポイントをズームインボタン または選択範囲をズームボタンをクリックします。

オーディオファイル全体またはマルチトラックセッションの表示

エディターパネルの右下で、全体にズームアウトボタンをクリックします。

注意:

個別のパネルにズームボタンを表示するには、ウィンドウ/ズームを選択します。

ズームレベルを高くすると、エディターパネルで別のオーディオ部分に移動することができます。

  • ズームナビゲーターで、左か右にドラッグします。
wa_navigate
ズームナビゲーターを使用したスクロール

  • 水平マウススクロールまたはマウスの中央ボタンを使用して、マルチトラックおよび波形ビューでタイムラインをスクロールします。

  • スペクトル表示でオーディオの周波数をスクロールするには、垂直ルーラー上で上または下にドラッグします(オーディオ波形とスペクトルの表示を参照してください。)

選択/ビューパネルには、現在の選択範囲の開始と終了およびエディターパネルのビューが表示されます。パネルには、この情報がデシマルまたは小節と拍などの現在の時間形式で表示されます(時間表示形式の変更を参照してください。)

  1. 選択/ビューパネルを表示するには、ウィンドウ/選択/ビューを選択します。

  2. (オプション)選択またはビューを変更するには、「開始」、「終了」または「デュレーション」ボックスに新しい値を入力します。

自動スクロールによる操作

波形エディターとマルチトラックエディターの操作では、自動スクロールを使用することができます。スクロールのタイプを選択するには、環境設定/再生を開きます。ラジオボタンを使用して、それぞれのエディター用に個別にスクロールのタイプを選択します。

  • ページ毎のスクロール:再生ヘッドが左から右に移動します。右端に到達すると、次のフレームにジャンプします。
  • 中央配置のスクロール:再生ヘッドは中央に配置されたまま、再生ヘッドの下のトラックが移動します。そのため、再生中のオーディオの現在の時間が常に中央に表示されます。
再生環境設定の自動スクロール
再生環境設定の自動スクロール

再生または録音の開始時に自動スクロールを有効にする」に設定するには、チェックボックスを有効にします。

開始時に自動スクロールを有効にする
開始時に自動スクロールを有効にする

波形エディターの右上隅およびマルチトラックエディターの左上隅にあるエディターパネルの自動スクロールインジケーター()を使用して、自動スクロールの有効/無効を切り替えます。自動スクロールが有効になっているときに再生ヘッドを手動で移動すると、自動スクロール機能が自動的に無効になります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー