マルチトラッククリップのストレッチ

  1. クリップストレッチグローバルクリップのストレッチを有効化を選択します。

  2. エディターパネルで、クリップの右上隅または左上隅にある白い三角形をドラッグします。

    注意:

    複数のクリップを選択して、比例的にストレッチします。

選択されたクリップのストレッチ設定をカスタマイズするには、プロパティパネルにある次の「ストレッチ」オプションを調整します。

モード

以下から選択します。

  • オフ:ストレッチを無効にして、クリップを元の長さに戻します。
  • リアルタイム:クリップをドラッグすると、ストレッチの結果を確認できます。このモードは、編集中に選択すると便利です。
  • レンダリング (高品質):処理にかかる時間は長くなりますが、可聴ノイズを回避できます。リアルタイムモードでの再生速度やパフォーマンスが低下する場合は、このモードを選択します。

種類

以下から選択します。

  • モノフォニック:ソロ楽器や会話に最適です。
  • ポリフォニック」は、複数の楽器や複雑な環境音に最適です。
  • バリスピード:デュレーションに加えてピッチを変更します。アナログのテープ装置の速度を変更するの場合と似ています。
注意:

同じモードをすべてのクリップにすばやく適用するには、クリップストレッチすべてのストレッチクリップをリアルタイム処理またはすべてのストレッチクリップをレンダリングを選択します。


デュレーション、ストレッチおよびピッチ

エディターパネルでクリップをドラッグするよりも正確な調整のために数値エントリを指定します。

詳細設定

次の内容を設定します。

  • トランジェント感度ポリフォニックモードで使用可能):感度をトランジェント(ドラムヒットや音の開始など)に設定します。これは、ストレッチのアンカーポイントとして使用します。トランジェントが不自然に聞こえる場合は、この値を増やします。
  • ウィンドウサイズ:処理するオーディオのチャンクサイズをミリ秒単位で指定します。エコーまたは雑音が発生する場合のみ調整してください。
  • 精度設定(レンダリングモードで使用可能)は、品質と処理速度のバランスを決定します。
  • フォルマントを保持」(「レンダリング」および「モノフォニック」が選択されている場合に使用可能)は、ピッチシフト中に臨場感を維持しながら、楽器やボイスの音質を調整します。
注意:

高い声を低く聞こえるようにする、またはその逆にするには、「フォルマントを保持」を選択し、大幅にピッチをシフトします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン