マニュアル キャンセル

マルチトラックエディターでのエフェクトの適用

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. テキストからスピーチを生成
    3. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    4. 波形エディターでのオーディオ表示
    5. オーディオの選択
    6. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    7. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    8. マーカーの操作
    9. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    10. 一般的な操作の自動化
    11. フェーズ、周波数および振幅の分析
    12. 周波数バンドスプリッター
    13. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    14. サンプルタイプの変換
    15. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

クリップまたはトラックへのエフェクトの適用

マルチトラックエディターでは、それぞれのクリップ、トラックおよびバスに最大 16 のエフェクトを適用し、ミックスを再生しながら調整することができます(個々に処理したいクリップがトラック内に複数含まれている場合は、クリップエフェクトを適用します)。

エフェクトは、エディター、ミキサーまたはエフェクトラックパネルで挿入、順序変更、または削除できます。ただし、プリセットとして設定を保存し、複数のトラックに適用することはエフェクトラックでのみ可能です。

マルチトラックエディターでは、エフェクトは「ノンディストラクティブ」なので、いつでも変更できます。例えばセッションを様々なプロジェクトに調整し直す場合は、セッションを再び開いてエフェクトを変更するだけで、新しい質感を得ることができます。

エディターパネルでのエフェクトスロット表示

  1. 次の操作を必要に応じて実行します。
    • クリップを選択して、エフェクトラックの一番上にある「クリップエフェクト」をクリックします。
    • トラックを選択して、エフェクトラックの一番上にある「トラックエフェクト」をクリックします。
    • エディターまたはミキサーの FX セクションを表示します。(エディターパネルで、左上隅にあるボタン をクリックします。)
  2. リスト内で最大 16 個のスロットのエフェクトを選択します(ラックでのエフェクトの挿入、バイパス、順序変更または削除を参照)。
  3. スペースバーを押すとセッションが再生されます。必要に応じてエフェクトを編集、順序変更、または削除します。
注意:

時間経過に従ってエフェクト設定を変更するには、エンベロープを使用します(エンベロープでのミックスのオートメーション化を参照してください)。

トラックエフェクトのプリレンダリングによるパフォーマンスの向上

マルチトラックエディターでは、トラックエフェクトをプリレンダリングすると、CPU 使用率が高い問題に対応でき、複雑なミックスやレイテンシの低い録音のパフォーマンスが向上します(レイテンシは、ユーザー入力とコンピューターからのサウンド出力間のディレイを測定します。レイテンシが大きい場合、録音中に耳に聞こえるエコーが発生し、演奏者のタイミングを乱すことがあります)。

トラック設定の編集は通常どおりに続行できます。再生または編集で一時停止が発生すると、プリレンダリングによってオーディオが処理されます。

  1. エディターパネル、エフェクトラックまたはミキサーでは、トラックをプリレンダリングボタン をクリックします。

SEND および EQ の前後に対するエフェクトの挿入

各トラックで、プリフェーダーやポストフェーダーへエフェクトを挿入できます。プリフェーダーに設定されたエフェクトは、オーディオを、SEND や EQ のに処理します。ポストフェーダーに設定されたエフェクトは、オーディオを、SEND や EQ ので処理します。大部分のミックスでは、デフォルトのプリフェーダー設定が適切です。ポストフェーダー設定を使用すると、非常に複雑なミックスで信号ルーティングを柔軟に行えます。

  1. エディターパネルまたはミキサーの FX セクションで、プリフェーダー/ポストフェーダーボタンをクリックして、送信や EQ の前 または後 にエフェクトを挿入します。
    注意:

    エフェクトラックでエフェクトを編集する場合は、左下隅のプリ / ポストフェーダーボタンをクリックします。

    各トラックでのプリフェーダーとポストフェーダーのエフェクトと SEND のルーティング

    A. 入力 B. EQ C. ボリューム D. ミュート E. SEND F. エフェクトラック 

アドビのロゴ

アカウントにログイン