マニュアル キャンセル

ドップラーシフターエフェクトの適用方法

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. 既知の問題
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
    6. マイクチェックを実行 (ベータ版)
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. マルチトラックのセッションマーカーとクリップマーカー
    3. テキストからスピーチを生成
    4. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    5. 波形エディターでのオーディオ表示
    6. オーディオの選択
    7. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    8. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    9. マーカーの操作
    10. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    11. 一般的な操作の自動化
    12. フェーズ、周波数および振幅の分析
    13. 周波数バンドスプリッター
    14. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    15. サンプルタイプの変換
    16. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

エフェクトスペシャルドップラーシフターエフェクトを使用すると、対象物が近づいてから去っていくように感じるピッチの増減(通り過ぎるパトカーのサイレンなど)を作成できます。自動車がこちらに向かってくるときは、自動車の前進によって音の波が圧縮されるので、耳に届く音の周波数は実際よりも高くなります。逆に車が遠ざかるときには反対の現象が生じるので、波形が引き伸ばされてピッチの低い音になります。

注意:

Adobe Audition のエフェクトで使用される多くのグラフとは異なり、ドップラーシフターグラフは対話形式ではないので、直接操作することはできません。このグラフは、エフェクトのパラメータを調整するとそれに従って変化します。

パスのタイプ

音源が移動するように感じさせるパスを指定します。パスのタイプによって、使用できるオプションは異なります。

コントロール

Character Animator のスターターモードの概要

直線のオプション

Creative Cloud Collaboration および web ベータプログラム

円のオプション

直線のオプション

  • 開始距離でエフェクトの仮想的な開始点をメートル単位で設定します。
  • 速度でエフェクトの仮想的な移動速度をメートル/秒単位で定義します。
  • 進入角度でエフェクトの出現位置の方向を度単位で設定します。
  • 前側通過位置でエフェクトがリスナーの前を通過しているような効果を作る場合のリスナーとの距離をメートル単位で指定します。
  • 右側通過位置でエフェクトがリスナーの右を通過しているような効果を作る場合のリスナーとの距離をメートル単位で指定します。

円のオプション

  • 半径でエフェクトの円のサイズをメートル単位で設定します。
  • 速度でエフェクトの仮想的な移動速度をメートル/秒単位で定義します。
  • 開始角度でエフェクトの仮想的な開始アングルを度単位で設定します。
  • 前側中心位置で音源の中心をリスナーの前方どれくらいの距離に置くかをメートル単位で指定します。
  • 右側中心位置で音源の中心をリスナーの右方どれくらいの距離に置くかをメートル単位で指定します。

距離または方向に基づいてボリュームを調整

指定した値に基づいて、エフェクトのボリュームが自動的に調整されます。

品質レベル

処理品質を 6 段階で指定します。品質レベルが低いほど処理時間は短くなりますが、高い方が一般に品質の良い結果が得られます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合