手動ピッチ補正エフェクトでは、「スペクトルピッチの表示」でピッチを視覚的に調整できます。「スペクトルピッチの表示」では、基本ピッチを明るい青の線で、倍音を黄色から赤の色相で示します。修正されたピッチは明るい緑色の線で表示されます。

注意:

手動ピッチ補正エフェクトを使用せずに、いつでもピッチを視覚的に監視できます。オプションバーの「スペクトルピッチを表示」アイコンをクリックします。解像度、デシベル範囲およびグリッド線をカスタマイズするには、「スペクトル表示」環境設定の「ピッチ表示」の設定を調整します。

  1. エフェクトタイムとピッチ手動ピッチ補正を選択します。

  2. 手動ピッチ補正ウィンドウで、次のオプションを設定します。

    リファレンスチャンネル

    ピッチの変更が最も明瞭なチャンネルを選択します。このエフェクトは選択したチャンネルだけを分析しますが、ピッチの修正をすべてのチャンネルに手動で適用します。

    スプラインカーブ

    エンベロープキーフレームを使用して、時間経過と共に異なるピッチ補正を適用することで、トランジションをスムーズにします。

    ピッチ曲線の解像度

    エフェクトで処理するデータの各ピースにフーリエ変換サイズを設定します。通常、高い周波数の補正には小さい値が適しています。ボイスの場合は設定値を 2048 または 4096 にすると最も自然な結果が得られ、1024 にするとロボットの合成音声のようなエフェクトが得られます。

  3. エディターパネルで、次のいずれかの操作をおこないます。

    • ピッチを均等に変更するには、ヘッドアップディスプレイで「ピッチを調整」つまみをドラッグします。
    • 時間経過と共にピッチを変更するには、波形表示の中央にある黄色のエンベロープ線にキーフレームを追加します。

    注意:

    特定のピッチ範囲をズームインするには、「スペクトルピッチの表示」の右にある垂直ルーラーの中を右クリックしてドラッグします。ズームレベルをリセットする、または表示するスケールをカスタマイズするには、ルーラーを右クリックしてポップアップメニューからオプションを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー