注意:

エフェクトをプレビューしながら、エディターパネルで選択範囲や時間インジケーターを調整できます(ノーマライズおよびストレッチのエフェクトは例外)。

波形エディターでの複数エフェクトの適用

波形エディターで、エフェクトラックを使用して複数のエフェクトを適用できます(エフェクトラックにはノイズリダクションなどのプロセスエフェクトはありません。これらのプロセスエフェクトは個別に適用する必要があります)。

  1. ウィンドウ/エフェクトラックを選択します。
  2. 番号付きのリストで、最大 16 スロットのエフェクトを選択します(ラックでのエフェクトの挿入、バイパス、順序変更または削除を参照してください)。
  3. 再生を開始して変更をプレビューし、必要に応じてエフェクトを編集、ミックス、順序変更します。

    注意:

    処理済みのオーディオとオリジナルのオーディオを比較するには、ラックの左下隅にあるメインのパワーボタン、または個々のエフェクトのパワーボタンを選択します。

  4. オーディオデータに変更を適用するには、「適用」をクリックします。

    注意:

    設定内容を保存するには、ラックのプリセットを保存します(エフェクトプリセットの使用を参照してください)。

波形エディターでの個別エフェクトの適用

  1. エフェクトメニューの任意のサブメニューから、エフェクトを選択します。
  2. プレビューボタン をクリックし、必要に応じて設定を編集します。

    注意:

    設定を編集する際には、レベルパネルを確認して振幅を最適化します。

  3. オリジナルのオーディオを処理済みのオーディオと比較するには、パワーボタン を選択および選択解除します。
  4. オーディオデータに変更を適用するには、「適用」をクリックします。

プロセスエフェクトについて

プロセスエフェクトは、メニューコマンドに「プロセス」と示されています。これらの大量の処理を必要とするエフェクトは、波形エディターでオフラインでのみ使用できます。リアルタイムエフェクトとは異なり、プロセスエフェクトは個別にしか適用できないため、エフェクトラックではアクセスできません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー