時間の監視

エディターパネルでは、次の機能が時間の監視に役立ちます。

  1. パネルの上の方にあるタイムラインで、時間インジケーター を使用すると、特定のポイントで再生または録音を開始できます。

  2. パネルの左下にある時間表示は、現在の時刻を数値形式で示します。デフォルトの時間形式は「デシマル」ですが、簡単に変更することもできます(時間表示形式の変更を参照してください)。同じ形式がタイムラインでも使用されます。

    注意:

    時間表示を別のパネルに表示するには、ウィンドウ/時間を選択します。

    ir03
    時間の監視に役立つ各種機能

    A. 時間インジケーター  B. タイムライン  C. 時間表示 

時間インジケーターの位置合わせ

エディターパネルで、次のいずれかの操作を行います。

  1. タイムラインで、インジケーター  をドラッグするか、特定の時点をクリックします。

  2. 左下の時間表示で、ドラッグして数値を選択するか、特定の時間を入力します。

  3. パネルの下部で、次のいずれかのボタンをクリックします。

    注意:

    個別のパネルにこれらのボタンを表示するには、ウィンドウ/トランスポートを選択します。

    一時停止

    時間インジケーターを一時的に停止します。一時停止ボタンをもう一度クリックすると再生または録音を再開できます。

    CTI を前に移動

     時間インジケーターを次のマーカーの先頭に配置します。マーカーがない場合は、時間インジケーターをその波形またはセッションの先頭に移動します。

    巻き戻し

     時間インジケーターを巻き戻します。

    注意:

    巻き戻しボタンを右クリックすると、カーソルが移動する速さを設定できます。

    早送り


     時間インジケーターを早送りします。

    注意:

    早送りボタンを右クリックすると、カーソルが移動する速さを設定できます。

    CTI を次に移動

     時間インジケーターを次のマーカーに移動します。マーカーがない場合は、時間インジケーターをその波形またはセッションの末尾に移動します。

オーディオのスクラビングでの再生

オーディオをスクラビング(ファイルを早送りまたは巻き戻しするときに音入りのプレビューを生成すること)するには、次のいずれかを実行します。

  1. 時間インジケーター をドラッグします。

  2. 巻き戻し または早送り ボタンを押します。

  3. J キーを押して巻き戻すか、K キーを押して停止するか、L キーを押して早送りします。J キーまたは L キーを繰り返し押すと、巻き戻しや早送りのスピードが徐々に上がります(デフォルトを変更するには、再生環境設定で「JKL シャトル速度」を設定します)。

オーディオのリニア再生またはループ再生

注意:

再生をすぐに開始または停止するには、スペースバーを押します。

  1. エディターパネルで、時間インジケーターの位置を合わせるか、範囲を選択します。
  2. (オプション)パネルの下部で、再生ボタン を右クリックして、次のいずれかを選択します:

    停止時に CTI を開始位置に戻す

    Audition 3.0 およびそれより前のバージョンの動作を反映します(Shift + X キーを押すと、このオプションのオンとオフが切り替わります)。

    スペクトル選択範囲のみを再生

    長方形選択ツール 、なげなわ選択ツール またはブラシ選択ツール で選択した周波数のみ再生します。

  3. (オプション)選択範囲を微調整する場合や、別のエフェクト処理で実験する場合は、ループ再生ボタン をクリックします。
  4. 再生を開始するには、再生ボタンをクリックします。

注意:

デフォルトでは、再生する範囲が波形の表示されている範囲を超えていれば、エディターパネルがスクロールします。環境設定ダイアログボックスの「再生」領域で、自動スクロールを無効にすることができます。

複数のファイルまたはビュー間での時間インジケーターの同期

波形エディターでは、時間インジケーターの位置を維持したままで複数ファイル間を切り替えることができます。これは、1 つの波形について複数の異なるバージョンを編集する場合に便利です。マルチトラックエディターでは、時間インジケーターの位置を維持したままで波形エディターに切り替えることができます。これは、編集やエフェクトを両方のビューで適用する場合に便利です。

波形エディターのファイル間で時間インジケーターを同期

  1. 編集/環境設定/一般(Windows)または Adobe Audition/環境設定/一般(Mac OS)を選択します。

  2. 「波形エディターでファイル間の選択範囲、ズームレベルおよび CTI を同期」を選択します。

マルチトラックエディターと波形エディターの間で時間インジケーターを同期

  1. 編集/環境設定/マルチトラック(Windows)、または Adobe Audition/環境設定/マルチトラック(Mac OS)を選択します。

  2. 「クリップを波形エディターと同期」を選択します。

時間表示形式の変更

注意:

デフォルトでは、すべてのオーディオファイルおよびマルチトラックセッションで同じ時間表示形式が使用されます。開いているファイルまたはセッションの形式をカスタマイズするには、ウィンドウ/プロパティを選択し、「詳細設定」を展開して、「時間表示環境設定と同期」の選択を解除します。

ビュー/時間表示を選択し、次に示すオプションから適切な形式を選択します。

デシマル(mm:ss.ddd)

分、秒および 1000 分の 1 秒でタイムが表示されます。

CD 75 fps

オーディオ CD で使用されている形式(1 秒は 75 フレーム)で時間が表示されます。

SMPTE 30 fps

SMPTE 形式(1 秒は 30 フレーム)で時間が表示されます。

SMPTE ドロップ(29.97 fps)

SMPTE ドロップフレーム形式(1 秒は 29.97 フレーム)で時間が表示されます。

SMPTE 29.97 fps

SMPTE ノンドロップフレーム形式(1 秒は 29.97 フレーム)で時間が表示されます。

SMPTE 25 fps(EBU)

ヨーロッパの PAL テレビフレームレート(1 秒は 25 フレーム)を使用して時間が表示されます。

SMPTE 24 fps(フィルム)

フィルムに適した 1 秒 24 フレームの形式で時間が表示されます。

サンプル

編集ファイルの先頭から数えた実際の経過サンプル数で時間が表示されます。

小節と拍

音楽の小節:拍:下位区分の形式で時間が表示されます。設定をカスタマイズするには、「テンポを編集」を選択して、プロパティパネルで次のオプションを設定します。

 

テンポ

1 分あたりの拍数を指定します。

カスタム(X フレーム/秒)

カスタム形式で時間を表示します。カスタム形式を変更するには、「カスタムフレームレートを編集」を選択して、1 秒あたりのフレーム数を入力します。有効な値は 2 ~ 1000 の整数です。

時間にジャンプ

タイムコード表示にフォーカスを設定するには、時間にジャンプショートカットを使用します。このショートカットを使用すると、タイムコードを入力してプレイヘッドを配置することができます。タイムコードを入力するには、次の手順に従います。

  1. 左下の時間表示で、ドラッグして数値を選択するか、特定の時間を入力します。

  2. タイムコードが表示されます。再生ヘッドのジャンプ先になる時間を入力します。

  3. Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。指定された時間にタイムコードが移動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー