マニュアル キャンセル

マルチチャンネルオーディオワークフロー

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. テキストからスピーチを生成
    3. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    4. 波形エディターでのオーディオ表示
    5. オーディオの選択
    6. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    7. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    8. マーカーの操作
    9. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    10. 一般的な操作の自動化
    11. フェーズ、周波数および振幅の分析
    12. 周波数バンドスプリッター
    13. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    14. サンプルタイプの変換
    15. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

マルチチャンネルオーディオワークフロー

Adobe Audition では、最大 32 チャンネルのマルチチャンネルオーディオを容易に操作できます。波形エディターで、特定のオーディオチャンネルを個別に編集および操作することができます。マルチトラックエディターで、マルチチャンネルファイルを 1 つのクリップとして使用したり、チャンネルを複数のクリップに分割することもできます。

波形エディター

マルチチャンネルオーディオファイルまたはビデオファイルがある場合は、次の手順に従って、波形エディターで各オーディオチャンネルを個別に編集することができます。

  1. ファイル開くを選択します。開かれたファイルがファイルパネルに表示されます。

  2. ファイル内の各チャンネルを表示するには、ドロップダウンを展開します。

    チャンネルのリスト
    チャンネルのリスト

  3. 他のチャンネルを無効にするには、個々のチャンネルをダブルクリックします。 

    注意:

    使用できる場合は、iXML メタデータからチャンネル名が表示されます。

    特定のチャンネルを有効にする
    特定のチャンネルを有効にする

    波形エディター
    波形エディター

マルチトラックエディター

セッション内でマルチチャンネルオーディオファイルやビデオファイルを使用するには、ファイルの各チャンネルを単一のマルチチャンネルクリップとしてマルチトラックエディターに移動します(デフォルトの動作)。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグすることで、各チャンネルまたはチャンネルのグループを別のクリップに自動的に分割することもできます。

1 つのマルチチャンネルクリップとしてのオーディオの読み込み
1 つのマルチチャンネルクリップとしてのオーディオの読み込み

別クリップとしてのマルチトラックエディターへのオーディオの読み込み
別クリップとしてのマルチトラックエディターへのオーディオの読み込み

  • 読み込むチャンネルを選択して、マルチトラックパネルにドラッグします。複数のチャンネルを選択して、同じトラックまたは別のトラックにドラッグすることもできます。
  • 別のトラックにチャンネルを追加するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。
別のトラックへのクリップの挿入
別のトラックへのクリップの挿入

注意:

追加先トラックのチャンネル形式に従ってクリップをチャンネル化するには、修飾キーの組み合わせ(Command + Option キー(Mac OS)または Control + Alt キー(Windows))を使用します。

特定のクリップのチャンネルの変更

特定のクリップに追加したチャンネルを変更するには、次の手順に従います。

注意:

トラックに追加したクリップのチャンネルの数は変更できません。ただし、あるチャンネルを別のチャンネルに置き換えることはできます。

  1. 編集するクリップを選択します。

  2. プロパティパネルで、「ソースチャンネルルーティング」を選択します。

  3. ラジオボタンを使用して、選択したクリップのソースチャンネルルーティングを変更します。

    特定のチャンネルルーティング
    特定のチャンネルルーティング

エフェクトチャンネル形式

エフェクトの操作時に、さまざまな入力 / 出力チャンネルを割り当てたり、サポートされているさまざまなチャンネル設定を問い合わせたりできます。特定のオーディオクリップまたはトラックチャンネルをモノラル、ステレオ、またはサラウンド / イマーシブエフェクトに簡単にルーティングしたり、既存のルーティング設定を一目で迅速に確認したりできます。 

  1. エフェクトレイアウトを変更するには、エフェクトラックメニューまたはエフェクトメニューからエフェクトを開きます。  エフェクトウィンドウが表示されます。 チャンネルマップエディターを選択します。

    チャンネルマップエディター

  2. 「レイアウトをリクエスト」を選択します。エフェクトレイアウトをリクエストウィンドウが表示されます。

    レイアウトをリクエスト

  3. 新しいエフェクトレイアウトをリクエストウィンドウが表示され、ここで入力の種類を選択できます。ドロップダウンで「モノラル」、「ステレオ」、「5.1」から選択します。 

    ドロップダウンから入力を選択

    注意:

    出力は常に入力後で、変更できません。

  4. カスタムチャンネル設定の場合、「カスタム」を選択し、チャンネルラベルを割り当てるか、編集します。

    カスタムオーディオチャンネルレイアウト

  5. チャンネルを追加および削除するには、以下のプラスアイコンとマイナスアイコンをそれぞれ使用します。

    チャンネルの追加または削除

  6. すべての個別チャンネルのエフェクト入力とエフェクト出力を変更できるようになりました。

    エフェクト入力とエフェクト出力の変更

アドビのロゴ

アカウントにログイン