Adobe Audition では広範なハードウェアの入力および出力を使用できます。サウンドカード入力は、オーディオをマイク、カセットデッキおよびデジタルエフェクト装置などのソースから取り込むために使用します。サウンドカード出力は、オーディオをスピーカーやヘッドホンなどで監視するために使用します。

su00
A. サウンドカード入力にはマイクやテープデッキなどのソースを接続 B. サウンドカード出力にはスピーカやヘッドホンを接続 

オーディオ入力および出力の設定

録音や再生のために入力と出力を設定するとき、Adobe Audition では、次の種類のサウンドカードドライバーを使用できます。

  • Windows では、ASIO ドライバーがプロ向けカードをサポートし、MME ドライバーが通常は標準のカードをサポートします。

  • Mac OS では、CoreAudio ドライバーがプロ向けと標準の両方のカードをサポートします。

ASIO ドライバーと CoreAudio ドライバー の方がパフォーマンスが高く、レイテンシが小さいので、なるべくこれらのカードを使用するようお勧めします。また、ASIO と CoreAudio を使用した録音では、再生時のボリューム、パンおよびエフェクトの変化をその場で確認しながら録音できます。

  1. 編集/環境設定/オーディオハードウェア(Windows)、または Audition/環境設定/オーディオハードウェア(Mac OS)を選択します。
  2. デバイスクラスメニューから、使用するサウンドカード用のドライバーを選択します。
  3. カードからのデフォルトの入力および出力を選択します。

    注意:

    マルチトラックエディターで、特定のトラックのデフォルトを無効にすることができます。トラックに対するオーディオ入力および出力の割り当てを参照してください。

  4. (MME および CoreAudio)「マスタークロック」には、他のデジタルオーディオハードウェアを同期させる入力または出力を選択します(サンプルが正確に整列されていることを確認)。
  5. 「I/O バッファーサイズ」(ASIO および CoreAudio)または「レイテンシ」(MME)には、オーディオのドロップアウトが発生しない最低限の設定を指定します。最適な設定はシステムの処理スピードによって異なるため、いくつかの設定を試してみてください。
  6. オーディオハードウェアのサンプルレートを選択します(出力メディアごとの一般的なレートについては、サンプルレートについてを参照してください)。
  7. (オプション)ASIO カードおよび CoreAudio カードのパフォーマンスを最適にするには、「設定」をクリックします。詳しくは、サウンドカードのマニュアルを参照してください。

注意:

Adobe Audition のデフォルトでは、オーディオの再生またはモニタリング中、ASIO サウンドカードが制御されます。別のアプリケーションでカードにアクセスする場合は、「バックグラウンドで ASIO ドライバーを解放」を選択します(録音が突然停止するのを防ぐために、Audition では録音中もカードが制御されます)。

ネットワークユーザーのマシン固有ハードウェア設定の適用

ネットワーク環境では、Audition の環境設定は各ユーザーのアカウントに保存されます。編集やインターフェイスなどの環境設定については、このしくみによってユーザーごとにカスタマイズできるようになっています。ただし、オーディオハードウェアの環境設定は一般的に、同じマシン上ではどのユーザーでも同一となるようにしてください。これは、インストールされているオーディオインターフェイス上の入力と出力を Audition で確実に利用できるようにするためです。

  1. 編集/環境設定/オーディオハードウェア(Windows)、または Audition/環境設定/オーディオハードウェア(Mac OS)を選択します。

  2. 「オーディオハードウェア」の設定の一番下にある「マシンに固有のデバイスデフォルトを使用」を選択します(このオプションの選択を解除するのは、割り当てられたオーディオインターフェイスをユーザーが別のマシンに移動するときのみです)。

注意:

1 つのマシンから別のマシンにハードウェア設定を複製する代わりに、MachineSpecificSettings.xml ファイルを検索してコピーします。

入力および出力へのファイルチャンネルの割り当て

  1. 編集/環境設定/オーディオチャンネルのマッピング(Windows)または Audition/環境設定/オーディオチャンネルのマッピング(Mac OS)を選択します。

  2. 入力リストおよび出力リストの項目の右端で、三角形をクリックして各ファイルチャンネル用のハードウェアポートを選択します。

注意:

この手順によって、マルチトラックエディターのマスタートラックのデフォルト出力も設定されます。デフォルトを無効にするには、トラックに対するオーディオ入力および出力の割り当てを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー