マニュアル キャンセル

Audition でオーディオハードウェアを接続する

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. 既知の問題
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
    6. マイクチェックを実行 (ベータ版)
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. マルチトラックのセッションマーカーとクリップマーカー
    3. テキストからスピーチを生成
    4. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    5. 波形エディターでのオーディオ表示
    6. オーディオの選択
    7. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    8. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    9. マーカーの操作
    10. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    11. 一般的な操作の自動化
    12. フェーズ、周波数および振幅の分析
    13. 周波数バンドスプリッター
    14. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    15. サンプルタイプの変換
    16. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

Adobe Audition では広範なハードウェアの入力および出力を使用できます。サウンドカード入力は、オーディオをマイク、カセットデッキおよびデジタルエフェクト装置などのソースから取り込むために使用します。サウンドカード出力は、オーディオをスピーカーやヘッドホンなどで監視するために使用します。

A. サウンドカード入力にはマイクやテープデッキなどのソースを接続 B. サウンドカード出力にはスピーカやヘッドホンを接続 

オーディオ入力および出力の設定

録音や再生のために入力と出力を設定するとき、Adobe Audition では、次の種類のサウンドカードドライバーを使用できます。

  • Windows では、ASIO ドライバーがプロ向けカードをサポートし、MME ドライバーが通常は標準のカードをサポートします。

  • Macintosh では、CoreAudio ドライバーがプロ向けと標準の両方のカードをサポートします。

ASIO ドライバーと CoreAudio ドライバー の方がパフォーマンスが高く、レイテンシが小さいので、なるべくこれらのカードを使用するようお勧めします。また、ASIO と CoreAudio を使用した録音では、再生時のボリューム、パンおよびエフェクトの変化をその場で確認しながら録音できます。

  1. 編集/環境設定/オーディオハードウェア(Windows)、または Audition/環境設定/オーディオハードウェア(Mac OS)を選択します。
  2. デバイスクラスメニューから、使用するサウンドカード用のドライバーを選択します。
  3. カードからのデフォルトの入力および出力を選択します。
    注意:

    マルチトラックエディターで、特定のトラックのデフォルトを無効にすることができます。トラックに対するオーディオ入力および出力の割り当てを参照してください。

  4. (MME および CoreAudio)「クロック」には、他のデジタルオーディオハードウェアを同期させる入力または出力を選択します(サンプルが正確に整列されていることを確認)。

  5. 「I/O バッファーサイズ」(ASIO および CoreAudio)または「レイテンシ」(MME)には、オーディオのドロップアウトが発生しない最低限の設定を指定します。最適な設定はシステムの処理スピードによって異なるため、いくつかの設定を試してみてください。
  6. オーディオハードウェアのサンプルレートを選択します(出力メディアごとの一般的なレートについては、サンプルレートについてを参照してください)。
  7. (オプション)ASIO カードおよび CoreAudio カードのパフォーマンスを最適にするには、「設定」をクリックします。詳しくは、サウンドカードのマニュアルを参照してください。
注意:

Adobe Audition のデフォルトでは、オーディオの再生またはモニタリング中、ASIO サウンドカードが制御されます。別のアプリケーションでカードにアクセスする場合は、「バックグラウンドで ASIO ドライバーを解放」を選択します(録音が突然停止するのを防ぐために、Audition では録音中もカードが制御されます)。

デフォルトのオーディオデバイスの切り替え(macOS のみ)

オペレーティングシステムで現在使用中のオーディオデバイスを使用するには、「オーディオハードウェア環境設定」ウィンドウで「システムデフォルト」を「デフォルトの入力」として設定します。新しいデバイスがプラグインまたは接続されると、デバイスは自動的に切り替わります。

注: 「システムデフォルト」は、Adobe アプリケーションの新しいデフォルトオプションであり、専用のオーディオインターフェースを持たないユーザーに対して、想定されるワークフローをサポートする必要があります。

オーディオハードウェア環境設定

注意:

Apple Airpods などの対称サンプルレートをサポートしていないデバイスもあります。 これらのデバイスは、多くの場合、出力のための標準的なサンプルレートを持っていますが、マイクのサンプルレートは限られています。これにより再生品質が低下するため、この方法で制限されている場合、Adobe アプリケーションは入力を自動的に切り替えるのではなく、問題を通知します。オーディオハードウェア環境設定でこの入力を手動で選択して、この制限を無効にすることができます。

ネットワークユーザーのマシン固有ハードウェア設定の適用

ネットワーク環境では、Audition の環境設定は各ユーザーのアカウントに保存されます。編集やインターフェイスなどの環境設定については、このしくみによってユーザーごとにカスタマイズできるようになっています。ただし、オーディオハードウェアの環境設定は一般的に、同じマシン上ではどのユーザーでも同一となるようにしてください。これは、インストールされているオーディオインターフェイス上の入力と出力を Audition で確実に利用できるようにするためです。

  1. 編集/環境設定/オーディオハードウェア(Windows)、または Audition/環境設定/オーディオハードウェア(Mac OS)を選択します。

  2. 「オーディオハードウェア」の設定の一番下にある「マシンに固有のデバイスデフォルトを使用」を選択します(このオプションの選択を解除するのは、割り当てられたオーディオインターフェイスをユーザーが別のマシンに移動するときのみです)。

注意:

1 つのマシンから別のマシンにハードウェア設定を複製する代わりに、MachineSpecificSettings.xml ファイルを検索してコピーします。

入力および出力へのファイルチャンネルの割り当て

  1. 編集/環境設定/オーディオチャンネルのマッピング(Windows)または Audition/環境設定/オーディオチャンネルのマッピング(Mac OS)を選択します。

  2. 入力リストおよび出力リストの項目の右端で、三角形をクリックして各ファイルチャンネル用のハードウェアポートを選択します。

注意:

この手順をおこなうと、マルチトラックエディターのミックストラックのデフォルト出力も設定されます。デフォルトを無効にするには、トラックに対するオーディオ入力および出力の割り当てを参照してください。

その他の関連ヘルプ

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合