マニュアル キャンセル

マルチトラックエディターの概要

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. テキストからスピーチを生成
    3. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    4. 波形エディターでのオーディオ表示
    5. オーディオの選択
    6. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    7. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    8. マーカーの操作
    9. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    10. 一般的な操作の自動化
    11. フェーズ、周波数および振幅の分析
    12. 周波数バンドスプリッター
    13. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    14. サンプルタイプの変換
    15. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

マルチトラックセッションについて

マルチトラックエディターで、複数のオーディオトラックをミキシングすることにより、レイヤー構成のサウンドトラックを作成して精巧な音楽制作を実現できます。無数のトラックを録音およびミキシングすることができ、各トラックには必要なだけのクリップを含めることができます。制約となるのはハードディスクの容量とプロセッサーの処理能力だけです。ミキシング結果が気に入ったら、ミックスダウンファイルを CD 用、Web 用などとして書き出せます。

マルチトラックエディターは非常に柔軟なリアルタイムの編集環境であるため、再生中に設定を変更したり、結果を即座に聞いたりできます。例えば、セッションを聞きながら、トラックボリュームを調整して適切に他のトラックと調和させることが可能です。すべての変更は非恒久的な方法で、つまりノンディストラクティブに実行されます。オリジナルのソースファイルは変更されないため、いつでも再ミックスすることができ、エフェクトを自由に適用または削除して別の質感の音を作成できます。

Adobe Audition では、ソースファイルとミキシング設定に関する情報がセッションファイル(.sesx)に保存されます。ソースファイルのパス名とミキシングパラメーター(ボリューム、パン、エフェクトの設定など)が格納されているだけなので、セッションファイルは比較的小さなファイルです。管理しやすいように、セッションファイルは参照するソースファイルと一緒に、セッション固有のフォルダに保存するようお勧めします。そうしておけば、後で別のコンピューターにセッションを移動する必要が出てきた場合も、そのフォルダを移動するだけで済みます。

エディターパネルおよびミキサー内でのマルチトラックセッションの編集

マルチトラックエディターのエディターパネルには、セッションのミキシングおよび編集に役立ついくつかの要素が表示されます。左側のトラックコントロールでは、ボリュームやパンなど、トラック固有の設定を調整できます。右側のタイムラインでは、各トラックのクリップおよびオートメーションエンベロープを編集できます。

マルチトラックエディターのエディターパネル

A. トラックコントロール B. ズームナビゲーター C. 垂直スクロールバー D. トラック 

ミキサー(ウィンドウ/ミキサー)は、セッションのもう 1 つの表示方法で、クリップを表示せずにより多くのトラックとコントロールを同時に表示します。ミキサーは、トラックの多い大きなセッションのミキシングに最適です。

ミキサーのコントロール:

A. 入力 B. エフェクト C. SEND D. イコライゼーション E. ボリューム F. 出力 

マルチトラックエディターでの範囲選択

エディターパネルで範囲とクリップを同時に選択

  1. ツールバーで、時間選択ツール を選択します。
  2. エディターパネルで、次のいずれかの操作を行います。
    • 範囲だけを選択する場合は、トラック表示部の何もない領域をクリックして、左右にドラッグします。

    • 範囲とクリップを選択する場合は、クリップの中央をクリックして、長方形をドラッグします。

マルチトラックセッション用の開始オフセットおよび時間表示のカスタマイズ

  1. エディターパネルで、トラック表示の空白領域をクリックして、クリップが選択されていないことを確認します。

  2. ウィンドウ/プロパティを選択します。

  3. プロパティパネルで、次のオプションを調整します。

    開始時間

    開始時間オフセットを設定します。この設定により、Adobe Audition 内のオーディオを、ビデオアプリケーションに表示される時間と一致させることができます。

    詳細設定

    アクティブなセッションの時間表示設定をカスタマイズするには、「時間形式」と「カスタムフレームレート」を設定します。詳しくは、時間表示形式の変更を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン