マニュアル キャンセル

エフェクトコントロール

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. 既知の問題
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
    6. マイクチェックを実行 (ベータ版)
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. マルチトラックのセッションマーカーとクリップマーカー
    3. テキストからスピーチを生成
    4. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    5. 波形エディターでのオーディオ表示
    6. オーディオの選択
    7. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    8. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    9. マーカーの操作
    10. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    11. 一般的な操作の自動化
    12. フェーズ、周波数および振幅の分析
    13. 周波数バンドスプリッター
    14. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    15. サンプルタイプの変換
    16. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

エフェクトラックを使用すると、オーディオトラックに対して同時に複数のオーディオエフェクトを適用することができます。EQ、圧縮、リバーブ、遅延、歪みなどのオーディオ処理ツールのコンテナです。

エフェクトラックの概要

エフェクトラックでは、最大 16 個のエフェクトの挿入、編集、順序変更、ミックスレベルの最適化、プリセットの保存を行えます。ほとんどのラックコントロールは、波形エディターとマルチトラックエディターの両方に表示されます。

波形エディターとマルチラックエディターに共通のコントロール

A. ラックプリセットコントロール B. エフェクトスロット C. レベルコントロール D. メインパワーボタン 

波形エディター特有の コントロール

波形エディターでは、エフェクトラックにプロセスメニューがあります。このメニューでは、選択範囲またはファイル全体を変更し、「適用」ボタンでエフェクトを永続的に適用できます。

テスト 3
波形エディター特有のコントロール

マルチトラックエディター特有のコントロール

エフェクトラックには、トラックをプリレンダリングボタンおよび FX プリ/ポストフェーダーボタンがあり、エフェクトの最適化およびルーティングが可能です。エフェクトラックはクリップおよびトラックごとに固有で、セッションの一部として保存されます。

注意:

バスおよびミックストラックにはプリレンダリングオプションがありません。これは、すべてのソーストラックからエフェクトを処理するとパフォーマンスが低下するためです。

マルチトラックエディター
マルチトラックエディター特有のコントロール

ラックでの入力、出力、ミックスレベルの設定

  • ボリュームを最適化するには、メーターのピークがクリッピングしないように、入力レベルと出力レベルを調整します。
  • 処理されたオーディオの比率を変更するには、ミックススライダをドラッグします。100 %(ウェット)は完全にエフェクト処理されたオーディオ、0 %(ドライ)はエフェクト処理されていないオリジナルのオーディオになります。

ラックでのエフェクトの挿入、バイパス、順序変更または削除

エフェクトラックでは、個々のエフェクトスロットを使用して複数のエフェクトを管理します。

注意:

マルチトラックエディターでは、エディターパネルまたはミキサーの FX セクションからエフェクトラックのスロットを簡単に使用できます。

  1. エフェクトを挿入するには、スロットのポップアップメニューからエフェクトを選択します。次に、必要に応じて、エフェクトの設定を調整します。

  2. エフェクトをバイパスするには、個々のエフェクトのパワーボタン を選択します。

  3. すべてのエフェクトをバイパスするには、ラックの左下隅にあるメインパワーボタンをクリックします。 または、エディターパネルまたはミキサーの fx パワーボタンを選択します。

  4. 選択したエフェクトのグループをバイパスするには、パネルメニュー  から「選択したエフェクトのパワー状態を切り替え」を選択します。

    注意:

    エフェクトをバイパスすると、処理済みのオーディオと未処理のオーディオをすばやく比較できます。

  5. 1 つのエフェクトを削除するには、スロットのポップアップメニューから「エフェクトを削除」を選択します。または、スロットを選択して Delete キーを押します。

  6. すべてのエフェクトを削除するには、パネルメニュー  から「すべてのエフェクトを削除」を選択します。

  7. エフェクトの順序を変更するには、エフェクトを別のスロットにドラッグします。

    注意:

    エフェクトの順序を変更して、別の質感を作成することができます(例えば、フェーザーの前にリバーブを配置したり、逆に配置したりします。)

エフェクトラックからのエフェクトのコピーまたはペースト

波形モードとマルチトラックモードでは、トラック間でエフェクトをコピーまたはペーストできます。

  1. エフェクトラック波形モードまたはマルチトラックモード)からエフェクトを選択し、編集コピーを選択するか、Ctrl + C キーを押します。

  2. エフェクトをペーストするトラックまたはクリップを選択します。編集ペーストを選択するか、Ctrl + V キーを押して、エフェクトラック波形モードまたはマルチトラックモード)にエフェクトをペーストします。

エフェクトプリセットの使用

多くのエフェクトには、お気に入りの設定を保存し、呼び出せるプリセットがあります。エフェクト固有のプリセットに加えて、エフェクトラックにも、複数のエフェクトや設定を保存できるプリセットがあります。

  1. プリセットを適用するには、プリセットメニューからプリセットを選択します。

  2. 現在の設定をプリセットとして保存するには、「エフェクトラックをプリセットとして保存 保存ボタンを選択して設定を保存します。

  3. プリセットを削除するには、対象のプリセットを選択して、「プリセットを削除」ボタン を選択します。

    注意:

    既存のプリセットを変更するには、プリセットを適用し、必要に応じて設定を調整してから、同じ名前で新しいプリセットを保存します。

グラフによるエフェクト設定のコントロール

Adobe Audition のエフェクトの多くには、パラメータを調整できるグラフが用意されています。グラフ上のコントロールポイントを追加および移動することで、エフェクト設定を正確に調整できます。

グラフのコントロールポイントは、関連する数値設定と連動します。数値設定を変更するか無効にすると、関連するグラフコントロールもそれに従います。

エフェクトコントロールグラフでは、リアルタイムでオーディオ周波数に合わせて変化する周波数スペクトルを表示できます。周波数スペクトルを使用してオーディオのバランスの悪さを特定し、コントロールポイントを使用して修正できます。

周波数スペクトル
周波数スペクトル

  1. グラフ上のポイントを移動するには、ポイントを新しい位置までドラッグします。

    注意:

    次の方法は、ハンマーノイズ除去、ミキシング、フルリバーブ、パラメトリックイコライザ、およびトラックイコライザのグラフには使用できません。

  2. コントロールポイントをグラフに追加するには、グリッド内のポイントを配置する場所をクリックします。

  3. コントロールポイントの数値を入力するには、ポイントを右クリックして「ポイントを編集」を選択します。

  4. グラフからポイントを削除するには、ポイントをグラフの外までドラッグします。

  5. グラフをデフォルトの状態に戻すには、リセットボタン をクリックします。

グラフのスプラインカーブについて

デフォルトでは、コントロールポイント間に直線が表示されます。しかし、一部のグラフには、トランジションをスムーズにするために、コントロールポイント間に曲線を生成するための「スプラインカーブ」オプションがあります。

スプラインカーブを使用すると、曲線は各コントロールポイントを直接通りませんが、曲線の形状は各ポイントによって制御されます。カーブをコントロールポイントに接近させるには、その近くをクリックしてコントロールポイントのクラスターを作成します。

直線を使用するグラフとスプラインカーブを使用するグラフの比較

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン