マニュアル キャンセル

視覚的なフェードおよび振幅の変更

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. テキストからスピーチを生成
    3. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    4. 波形エディターでのオーディオ表示
    5. オーディオの選択
    6. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    7. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    8. マーカーの操作
    9. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    10. 一般的な操作の自動化
    11. フェーズ、周波数および振幅の分析
    12. 周波数バンドスプリッター
    13. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    14. サンプルタイプの変換
    15. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

振幅を変化させたりフェードを生成したりできるエフェクトは多数ありますが、視覚的なフェードおよびゲインコントロールでは、この操作をすばやく、直感的に行うことができます。エディターパネルでこれらのコントロールをドラッグするとプレビューが表示され、オーディオを正確に調整できます。

エディターパネルの視覚的コントロール

A. フェードコントロール B. ゲインコントロール(ヘッドアップディスプレイ) 

注意:

選択されたオーディオをすばやくフェードするには、テンプレート/フェードインまたはテンプレート/フェードアウトを選択します。

視覚的なフェードインまたはフェードアウト

Adobe Audition は、次の 3 種類の視覚的なフェードを備えています。

  • リニアフェードでは、一定の速度でボリュームが変化します。多くの素材で良好な結果が得られます。この設定ではフェードが急激すぎる場合は、その他いずれかのオプションを試してください。

  • 対数フェードは、緩やかなフェードから急速なフェードへ、または急速なフェードから緩やかなフェードへと滑らかに変化します。

  • コサインフェードは、S カーブに似た形で変化します。緩やかなフェードから始まって、次に大部分が急速にフェードし、最後にまた緩やかなフェードで終わります。

注意:

波形エディターでは、フェードによってオーディオデータが永久に変更されます。再調整可能なフェードをマルチトラックエディターで適用するには、トラック上にあるクリップのフェードまたはクロスフェードを参照してください。

フェードのタイプ

A. リニア B. 対数 C. コサイン 

  1. 波形の左上または右上で、フェードイン またはフェードアウト ハンドルを内側に向かってドラッグし、必要に応じて次の操作を行います。
    • リニアフェードの場合は、水平方向のみにドラッグします。

    • 対数フェードの場合は、上または下にドラッグします。

    • コサイン(S カーブ)フェードの場合は、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押さえます。

    注意:

    コサインフェードをデフォルトとし、上記のキーを押すとリニアまたは対数フェードが作成されるようにするには、一般環境設定でデフォルトフェードの設定を変更します。

視覚的な振幅の増減

  1. エディターパネルで、特定のオーディオを選択します。ファイル全体を調整する場合は何も選択しません。
  2. パネルの上にフローティング表示される ゲインコントロールで、ノブまたは数値をドラッグします。

    数値は、新規の振幅と既存の振幅の差分を示しています。 マウスボタンを離すとこの数値は 0 dB に戻るので、さらに調整を行えます。

    選択した領域のボリュームの変更

視覚的振幅コントロールの固定または非表示

デフォルトでは、視覚的振幅コントロールはすべての波形の上にヘッドアップディスプレイ(HUD)として表示されます。この HUD が邪魔になる場合は、次のいずれかを実行します。

  • HUD を一定の場所に固定するには、固定ボタン をクリックします。

  • ハイライトされている選択範囲上にのみ HUD を表示するには、一般環境設定で「選択範囲にのみ HUD を表示」を選択します。

  • HUD を完全に非表示にするには、ビュー/HUD を表示の選択を解除します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン