振幅を変化させたりフェードを生成したりできるエフェクトは多数ありますが、視覚的なフェードおよびゲインコントロールでは、この操作をすばやく、直感的に行うことができます。エディターパネルでこれらのコントロールをドラッグするとプレビューが表示され、オーディオを正確に調整できます。

エディターパネルの視覚的コントロール

A. フェードコントロール B. ゲインコントロール(ヘッドアップディスプレイ) 

注意:

選択されたオーディオをすばやくフェードするには、テンプレート/フェードインまたはテンプレート/フェードアウトを選択します。

視覚的なフェードインまたはフェードアウト

Adobe Audition は、次の 3 種類の視覚的なフェードを備えています。

  • リニアフェードでは、一定の速度でボリュームが変化します。多くの素材で良好な結果が得られます。この設定ではフェードが急激すぎる場合は、その他いずれかのオプションを試してください。

  • 対数フェードは、緩やかなフェードから急速なフェードへ、または急速なフェードから緩やかなフェードへと滑らかに変化します。

  • コサインフェードは、S カーブに似た形で変化します。緩やかなフェードから始まって、次に大部分が急速にフェードし、最後にまた緩やかなフェードで終わります。

注意:

波形エディターでは、フェードによってオーディオデータが永久に変更されます。再調整可能なフェードをマルチトラックエディターで適用するには、トラック上にあるクリップのフェードまたはクロスフェードを参照してください。

フェードのタイプ

A. リニア B. 対数 C. コサイン 
  1. 波形の左上または右上で、フェードイン またはフェードアウト ハンドルを内側に向かってドラッグし、必要に応じて次の操作を行います。
    • リニアフェードの場合は、水平方向のみにドラッグします。

    • 対数フェードの場合は、上または下にドラッグします。

    • コサイン(S カーブ)フェードの場合は、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押さえます。

    注意:

    コサインフェードをデフォルトとし、上記のキーを押すとリニアまたは対数フェードが作成されるようにするには、一般環境設定でデフォルトフェードの設定を変更します。

視覚的な振幅の増減

  1. エディターパネルで、特定のオーディオを選択します。ファイル全体を調整する場合は何も選択しません。
  2. パネルの上にフローティング表示される ゲインコントロールで、ノブまたは数値をドラッグします。

    数値は、新規の振幅と既存の振幅の差分を示しています。 マウスボタンを離すとこの数値は 0 dB に戻るので、さらに調整を行えます。

    選択した領域のボリュームの変更

視覚的振幅コントロールの固定または非表示

デフォルトでは、視覚的振幅コントロールはすべての波形の上にヘッドアップディスプレイ(HUD)として表示されます。この HUD が邪魔になる場合は、次のいずれかを実行します。

  • HUD を一定の場所に固定するには、固定ボタン をクリックします。

  • ハイライトされている選択範囲上にのみ HUD を表示するには、一般環境設定で「選択範囲にのみ HUD を表示」を選択します。

  • HUD を完全に非表示にするには、ビュー/HUD を表示の選択を解除します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー