マニュアル キャンセル

Audition を使用したポッドキャストの作成

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. テキストからスピーチを生成
    3. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    4. 波形エディターでのオーディオ表示
    5. オーディオの選択
    6. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    7. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    8. マーカーの操作
    9. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    10. 一般的な操作の自動化
    11. フェーズ、周波数および振幅の分析
    12. 周波数バンドスプリッター
    13. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    14. サンプルタイプの変換
    15. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

Audition で特別製のテンプレートおよびプリセットを使用して、ポッドキャストを録音、ミックス、編集および公開します。

ポッドキャストは、インターネットを通じてダウンロードまたはストリーミングできる、ラジオ形式のトークショーおよびオーディオ放送です。ポッドキャストの作成には、レコーディング、オーディオ編集およびミキシング、ストリーミングまたはパブリッシングの知識が必要です。

Audition は、直感的な編集およびミキシングインターフェイスにより、ポッドキャスト作成プロセスを簡単なものにします。ポッドキャストのプロセスは、台本作成と、アンビエンス、マイク、およびその他のレコーディング機器のセットアップから始まります。オーディオを録音したら、Audition で編集および調整して、不要なノイズを除去したり、EQ を使用してオーディオを強調したり、高度な編集および調整を実行します。

レコーディング設定の準備

スタンドアロンの USB またはアナログマイクから、マイク、オーディオインターフェイス、ミキサーなどの組み合わせまで、さまざまな機器を使用してポッドキャストオーディオを録音できます。ほとんどのポッドキャスト配信者は、オーディオハードウェアの USB 端子またはマイク端子にマイクを直接差し込んで、オーディオを録音します。

Audition は、様々なオーディオ入力および出力ハードウェアをサポートします。コンピューターにレコーディングデバイスを接続すると、機器を検出し、ドライバーが更新され、オーディオ環境設定が設定されます。録音を開始する前に、必ずオーディオハードウェア環境設定ダイアログボックスのオーディオ入力および出力の設定を確認してください。

要件に従ってオーディオ環境設定を設定するには、編集/環境設定/オーディオハードウェアを選択して、デフォルト入力および出力のオプションの設定を選択します。

注意:

ポッドキャストにお勧めのサンプルレートは、44100 Hz です。ポッドキャストをビデオファイルとして配信する予定の場合、48000 Hz を選択することもできます。

  1. 編集/環境設定/オーディオハードウェアを選択するか、マルチトラックセッションで作業している場合は、デフォルト入力またはデフォルト出力ドロップダウンからオーディオハードウェアを選択します。

  2. 接続した入力および出力デバイスが、自動検出された設定と共に、デフォルト入力およびデフォルト出力ドロップダウンボックスに表示されます。要件に従ってオプションを選択して、「OK」をクリックします。

    Audition へのオーディオハードウェアの接続について詳しくは、Audition でのオーディオハードウェアの接続を参照してください。

ポッドキャストのレコーディング

波形エディターまたはマルチトラックエディターを使用してポッドキャストを録音できます。波形エディターは、1 本のマイクで音声を録音して、個別の録音を編集するのに最適です。一方、マルチトラックエディターは、2 つ以上のソースから複数のオーディオトラックで録音および編集する場合に使用します。

波形エディターを使用した録音

  1. マイクまたはその他のボイスレコーディング機器をコンピューターのサウンドカードのマイク入力ポートに接続します。Audition は、ハードウェアを検出して、レコーディング用のデバイスをセットアップします。 

  2. ファイル/新規/オーディオファイルを選択して、レコーディングを作成します。

  3. 44100 Hz 以上のサンプルレートを選択し、チャンネルをステレオ、ビットデプスを 32(浮動小数)にして、「OK」をクリックします。

  4. オーディオを録音する準備ができたら録音ボタンをクリックし、録音中、必要に応じて一時停止および停止ボタンをクリックします。

  5. 設定を検証したら、ファイル/保存を選択して、ファイルを保存します。「サンプルタイプ」および「形式」をソースと同じに維持するか、「変更」ボタンをクリックして変更します。

  6. 後でカスタムマーカーおよびメタデータを追加したい場合は、「マーカーと他のメタデータを含める」チェックボックスをオフにして、デフォルトのマーカーおよびメタデータを回避します。

  7. OK」をクリックして、ファイルを保存します。別名で保存ダイアログボックスには、保存前に推定ファイルサイズが表示されます。

マルチトラックエディターを使用した録音

  1. ファイル/新規/マルチトラックセッションを選択します。

  2. セッション名」ボックスで、ポッドキャストのマルチトラックセッションファイルの名前を入力し、「フォルダーの場所」で、ファイルを保存する場所を選択します。

  3. ポッドキャストに適したエフェクトが事前設定されたデフォルトのホスト、インタビュー、サウンドエフェクトおよびミュージックベッドトラックを含むポッドキャストセッションを作成するには、テンプレートドロップダウンボックスから Podcast を選択します。Audition は、「サンプルレート」、「ビットデプス」および「ミキシング」フィールドを推奨値で自動的に設定します。

  4. 「OK」をクリックします。マルチトラックセッションでのレコーディングの準備ができました。

  5. トラックの設定を選択します。たとえば、音量レベル、モノラル/ステレオとして入力、モノラル/ステレオ/5.1 として出力します。

  6. オーディオを録音したいトラックの「R」アイコンをクリックし、エディターパネルのマーカーを、レコーディングを開始したい正確な時間の位置に置きます。

  7. 録音ボタンをクリックして録音を開始し、一時停止および停止ボタンを使用して、一時停止およびオーディオトラックの終了点を制御します。

ポッドキャストの編集

ポッドキャストは、ソロレコーディング、または音声と他の要素(アンビエンス、特殊効果、バックグラウンドミュージック、複数の話者の音声など)の組み合わせです。これらすべての要素をひとまとめにして、完全なプログラムを準備するには、マルチトラックセッションの様々なオーディオトラックを編集します。

  1. マルチトラックセッションでは、ボイスレコーディング、音楽およびその他のオーディオ要素を異なるトラックに追加します。

  2. 登場する順番で異なるトラックにあるクリップを並べます。例えば、ポッドキャストセッションに異なるタイプのクリップがある場合、一時停止およびエフェクトを使用して次の順番に並べます。

    1. タイトルミュージック
    2. イントロシーケンス
    3. エピソードやトピックを紹介するメインホストの音声
    4. BGM を重ねた他のホストのトークの録音
    5. 放送終了

    マルチトラックセッションのアレンジおよび編集のテクニックについて詳しくは、Audition でのマルチトラッククリップのアレンジと編集を参照してください。

オーディオからの不要なバックグラウンドノイズの除去

エッセンシャルサウンドパネルを使用すると、クリップにミックスタイプを割り当てて、クリップの特性に適した編集を適用できます。例えば、音声クリップのミックスタイプに「会話」を割り当てる場合、エッセンシャルサウンドパネルの「会話」タブに、そのミックスタイプに関連するいくつかのパラメーターグループが表示されます。パラメーターを使用すると、様々な録音を一般的なラウドネスに統一したり、バックグラウンドノイズを軽減したり、コンプレッションや EQ を追加するといった、会話に関連付けられた一般的なタスクを実行できます。

エッセンシャルサウンドパネルのミックスタイプは、相互に排他的です。つまり、あるクリップに 1 つのミックスタイプを選択すると、別のミックスタイプを使用してそのクリップに対しておこなった以前の変更が取り消されます。

  1. ウィンドウ/基本サウンドを選択して、エッセンシャルサウンドパネルを開きます。

  2. 編集するトラックにミックスタイプを割り当てます(例:「会話」)。

  3. プリセットドロップダウンボックスのプリセットを使用して、トラックを調整できます。例えば、ポッドキャスト音声プリセットには、雑音およびノイズリダクション、歯擦音除去のための事前定義済みの設定が含まれています。

  4. 手動でサウンドを修復するには、「サウンドを修復」で、要件に応じて、次の設定のチェックボックスを選択し、スライダーを使用して調整します。

    • ノイズを軽減 - バックグラウンドノイズを特定して軽減します。
    • 雑音を削減 - 低周波数音と破裂音を低減します。
    • ハムノイズ音を除去 - 電気的干渉によって発生するハムノイズ音を低減します。
    • 歯擦音を除去 - 不快な歯擦音を低減します。

    スペクトルエディターを使用して特定の周波数範囲のノイズプリントをキャプチャするなどの高度なノイズリダクション技術を使用してノイズを除去するには、Audition のノイズリダクションの方法とリストアエフェクトを参照してください。

  5. 設定を変更したら、出力をテストするために、マルチトラックオーディオを再生します。

    エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオ編集について詳しくは、エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上を参照してください。

ラウドネスの一致

Audition CC では、オーディオクリップのラウドネスを測定し、ラウドネスレベルを承認済みのラウドネス規格に合わせる補正を適用できます。

ポッドキャストは、主にモバイルデバイスで使用され、ノイズの多い環境で使用されるので、ターゲットラウドネスをより高くする必要があります。-20 LUFS ~ -16 LUFS のレベルで設定できます。ターゲットラウドネスの ITU 放送規格は -18 LUFS です。

  1. ウィンドウ/ラウドネスの一致を選択して、ラウドネス一致パネルを開きます。

  2. 1 つまたは複数のオーディオファイルをドラッグし、パネルにドロップします。

  3. スキャンアイコンをクリックして、各クリップの現在のラウドネス値を分析します。

  4. 「ラウドネス一致の設定」をクリックして、ラウドネスのパラメーターグループを展開します。

  5. 一致先ドロップダウンリストから、対象地域の規格およびコンテンツに適したラウドネス規格を選択します。ポッドキャストの場合、「ターゲットラウドネス」を -18 LUFS に設定した ITU 放送規格プリセットを選択します。

  6. 最大トゥルーピークレベル(-0.2 dBTP ~ 1.4 dBTP)、許容量(2 LU)を調整して、「実行」をクリックします。

エフェクトの適用

注意:

この節は、高度な機能を使用してオーディオを編集する Audition の上級ユーザー向けです。この節で説明する手順に従ってラックエフェクトを適用すると、エッセンシャルサウンドパネルを使用しておこなった変更が上書きされます。 

マルチトラックエディターでは、それぞれのクリップ、トラックおよびバスに最大 16 のエフェクトを適用し、ミックスを再生しながら調整することができます(個々に処理したいクリップがトラック内に複数含まれている場合は、クリップエフェクトを適用します)。

話し言葉のポッドキャストサウンドは、低周波数帯域をブーストして高周波数帯域を抑えるようにイコライズするとよくなります。Audition のエフェクトを使用してこれをおこなうことができます。

  1. 次の操作を必要に応じて実行します。

    • クリップを選択して、エフェクトラックの一番上にある「クリップエフェクト」をクリックします。
    • トラックを選択して、エフェクトラックの一番上にある「トラックエフェクト」をクリックします。
    • エディターまたはミキサーの FX セクションを表示します(エディターパネルで、左上隅にある「fx」アイコンをクリックします)。
  2. 事前設定済みのエフェクトをポッドキャストに追加するには、プリセットドロップダウンボックスでポッドキャスト音声を選択します。次のエフェクトがトラックに追加されます。

    • スピーチボリュームを均等化
    • ダイナミックス操作
    • パラメトリックイコライザー
    • ハードリミット

  3. エフェクトを手動で追加して設定するには、スロットを選択してエフェクトを追加します。例えば、男性および女性の音声を別の設定で強調するボーカル強調エフェクトがあります。

    リストの最大 16 スロットにエフェクトを追加できます。

    詳しくは、ラックでのエフェクトの挿入、バイパス、順序変更または削除を参照してください。

  4. イコライザーエフェクトのリストから選択して、オーディオをイコライズできます。通常、低周波数帯域をブーストして高周波数帯域を抑えます。

    EQ エフェクトの使用について詳しくは、フィルターとイコライザーエフェクトを参照してください。

ポッドキャストの書き出しと公開

編集と変更のプレビューが終わったら、ターゲットメディアに適した形式と設定でポッドキャストを保存できます。

ポッドキャストで最も一般的な形式は、MP3 または AAC です。MP3 は、ポッドキャスト配信者に使用される最も人気のある形式です。ただし、AAC ファイル(多くの場合 .aac または .m4a ファイルとして格納される)は、MP3 と比較して、同じファイルサイズでより優れた音質を実現します。また、AAC は、チャプターマーカーなど、MP3 がサポートしないメタデータをサポートし、埋め込みリンクや画像をサポートします。

より高いエンコーディングレートでポッドキャストをレコーディングして、豊かなオーディオの詳細を維持します。ステレオポッドキャストの場合、128 kbps MP3 が広く使用されています。モノのポッドキャストトークの場合、64 kbps MP3 が広く使用されています。効率的な圧縮、より小さいファイルサイズでありながら、より優れた音質ということになると、64 kbps AAC-HE(High Efficiency)ステレオファイルが、128 kbps MP3 よりわずかに優れています。

Audition は、アプリケーション内で、または外部(Adobe Media Encoder への書き出しなど)で、様々な出力およびエンコーディングオプションを提供します。

Adobe Media Encoder は、Audition からの高品質オーディオ出力をレンダリングして公開できる一連の形式とプリセットを備えています。

注意:Adobe Media Encoder での書き出しを使用するには、Audition と同じバージョンの Adobe Media Encoder がコンピューターにインストールされている必要があります。

  1. 次のいずれかのオプションを使用します。

    • Audition を使用してポッドキャストファイルを作成するには、ファイル/書き出し/ファイルを選択します。
    • マルチトラックのミックスダウンを作成するには、ファイル/書き出し/マルチトラックミックスダウンを選択して、時間選択範囲、クリップ全体または選択したクリップを選択します。
    • 高度なエンコーディング設定を使用して、選択した出力形式に出力を書き出すには、ファイル/書き出し/Adobe Media Encoder で書き出しを選択します。
  2. Audition を使用して書き出すには、マルチトラックミックスダウンの書き出しダイアログボックスまたは別名で保存ダイアログボックスの「変更」ボタンをクリックして、「形式」、「サンプルタイプ」、「形式の設定」および「ミックスダウンオプション」を選択します。

    オーディオ出力の書き出しの様々なオプションについて詳しくは、Audition でのファイルの保存と書き出しを参照してください。

Adobe Audition では、さらに多くのことを行えます。

Adobe Audition は、オーディオのレコーディングとミキシングポッドキャスト、およびサウンドエフェクトのデザインを行うことができる強力なアプリケーションです。

アドビのロゴ

アカウントにログイン