多くの音楽ジャンルで、基本的なリズムトラックから音楽作品全体まで、あらゆるところでループが使用されています。Adobe Audition では、独自のループを作成することも、Resource Central パネルで無償で提供されている数千のループから選択して利用することもできます。

ループを使用すると、非常に柔軟なマルチトラックセッションを作成できます。ループには通常、1 小節または 2 小節のフレーズ(4 ~ 8 拍)が含まれているだけですが、マウスでドラッグするだけでループを延長したり繰り返したりできます。

トラック表示部のループの識別

A. ループなし B. シングルループ C. 拡張された(繰り返された)ループ 

ループの拍へのスナップ

ループを使用したセッションをさらに同調させるには、「小節と拍」タイム形式を使用してスナップを有効にします。次に、ループを追加してリズムのベースを作成します。このベースは新しいオーディオクリップを録音して作成できます(既存のオーディオクリップを追加することもできますが、ループの拍に揃うのは開始点または終了点だけです)。

  1. ビュー/時間表示/小節と拍を選択します(このルーラー形式を使用すると、視覚的にループを楽曲の拍に揃えやすくなります)。
  2. 編集/スナップサブメニューで、次のいずれかを選択します。

    ルーラーにスナップ(粗調整)

    小節内の拍にスナップします。このオプションはループファイルが 1/4 小節または 1/2 小節の場合に使用します。

    クリップにスナップ

    オーディオクリップの先頭または末尾にスナップします。

    ループにスナップ

    クリップ内のループの先頭または末尾にスナップします。

ループクリップの有効化と長さの変更

  1. マルチトラックエディターで、オーディオクリップを右クリックしてコンテキストメニューからループを選択します。
  2. クリップの左右いずれかのエッジにポインターを置きます。ループ編集アイコン が表示されます。
  3. ループをドラッグして伸縮します。

    ドラッグする距離によって、ループを完全に繰り返すことも部分的に繰り返すこともできます。例えば、1 小節の長さのループをドラッグして、3-1/2 小節に拡張し、ループ内の拍で終わることができます。小節をまたがるたびに、白い垂直線がクリップに表示されます。これはスナップ線で、他のトラックの拍と完全に揃っていることを示しています。

    ループの拡張

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー