ビジュアルキーボードショートカットエディター

ビジュアルキーボードショートカットエディターを使用して、キーと割り当てられたショートカットを表示したり、新しいショートカットを割り当てたり、既存のショートカットを削除したりできます。また、この機能を使用すると、簡単に操作でき、ワークフローの効率を最大化できます。キーボードレイアウトのキーの上にマウスカーソルを置くと、ツールヒントにコマンド名全体が表示されます。

キーボードレイアウトでキーを選択すると、そのキーとその他すべての修飾キーの組み合わせに割り当てられたすべてのコマンドが表示されます。

  • Audition はキーボードハードウェアを検出し、検出結果に従って適切なキーボードレイアウトを表示します。
  • Audition が検出したキーボードがサポートされていない場合は、デフォルトの表示としてアメリカ英語のキーボードが表示されます。デフォルトで、「Adobe Audition 初期設定」プリセットが表示されます。
  • ショートカットを変更すると、プリセットのドロップダウンメニューが「カスタム」に変更されます。必要な変更をおこなった後に、「別名で保存」オプションを使用して、カスタマイズしたショートカット設定をプリセットとして保存します。

 

ビジュアルキーボードショートカットの使用とカスタマイズ

  • ビジュアルキーボードショートカットを表示するには、編集キーボードショートカットを選択します。

キーボードショートカットウィンドウが表示され、キーボードのレイアウトが表示されます。ショートカットが割り当てられたキーは、紫色で示されます。(紫色で示される)すべてのショートカットは、アプリケーション全体で使用するショートカットです。

ビジュアルキーボードショートカットエディター
ビジュアルキーボードショートカットエディター

ドラッグ&ドロップを使用したショートカットの割り当て

コマンドリストからコマンドを選択し、キーボードレイアウトのキーや、修飾キーリストに表示されている現在の選択キーに対する修飾キーの組み合わせへとドラッグすることで、ショートカットを割り当てることができます。コマンドリストおよび修飾キーリストは、キーボードの下に表示されます。

  • コマンドに修飾キー付きのショートカットを割り当てるには、ドラッグ&ドロップ中に修飾キーを押したままにします。
  • キーに割り当てたショートカットを削除するには、キーを選択して、「取り消し」をクリックします。
ショートカットの割り当て
ショートカットの割り当て

競合の解決

既存のショートカットが別のコマンドと競合している場合、

  • エディターの下に警告が表示されます。
  • 右下隅の「取り消し」ボタンおよび「消去」ボタンが有効になります。
  • 競合しているコマンドは青色でハイライト表示され、このコマンドをクリックするとコマンドリストのコマンドが自動的に選択されます。

これにより、競合するコマンドの割り当てを簡単に変えることができます。

 

Audition での Avid Pro Tools ショートカット

デフォルトの Pro Tools ショートカットを Audition に適用できます。Pro Tools は、多くの機能を持つマルチトラックテープレコーダーおよびオーディオミキサーとして機能する、デジタルオーディオワークステーションです。

Pro Tools ショートカットの使用

Pro Tools ショートカットを Audition に適用するには、次の手順に従います。

  1. 編集キーボードショートカットを選択します。

  2. キーボードショートカットウィンドウで、キーボードレイアウトプリセットを選択します。

  3. ドロップダウンメニューから、Pro Tools (読み取り専用) を選択します。

    これで、デフォルトの Pro Tools ショートカットを Audition で使用できます。

オーディオの再生およびズームに使用するキー

このリストには、Adobe Audition に習熟したユーザーにとって特に便利なショートカットが含まれています。ショートカットの完全なリストを表示するには、編集キーボードショートカットを選択します。

結果

Windows のショートカット

Mac OS のショートカット

波形エディターとマルチトラックエディターを切り替える

8

8

再生を開始または停止

スペースキー

スペースキー

時間インジケーターをタイムラインの先頭に移動

Home

Home

時間インジケーターをタイムラインの末尾に移動

End

End

時間インジケーターを前のマーカー、クリップまたは選択範囲の端に移動

Ctrl + 左向き矢印

Command + 左向き矢印

時間インジケーターを次のマーカー、クリップまたは選択範囲の端に移動

Ctrl + 右向き矢印

Command + 右向き矢印

「停止時に CTI を開始位置に戻す」の環境設定を切り替え

Shift + X

Shift + X

横方向にズームイン

=

=

縦方向にズームイン

Alt+^

Option+=

横方向にズームアウト

^

^

縦方向にズームアウト

Alt + マイナス記号

Option + マイナス記号

マーカーを追加

M または *(アスタリスク)

M または *(アスタリスク)

前のマーカーに移動 Ctrl + Alt + 左向き矢印 Command + Option + 左向き矢印
次のマーカーに移動 Ctrl + Alt + 右向き矢印 Command + Option + 右向き矢印

オーディオファイルの編集に使用するキー

次のキーボードショートカットは、波形エディターでのみ利用できます。

結果

Windows のショートカット

Mac OS のショートカット

前のコマンドを繰り返す(ダイアログボックスが表示され、「OK」がクリックされます)

Shift + R

Shift + R

前のコマンドを繰り返す(ダイアログボックスが表示されますが、「OK」はクリックされません)

Ctrl + R

Command + R

サンプルタイプを変換ダイアログボックスを開く

Shift + T

Shift + T

ノイズリダクションエフェクト用にノイズリダクションプロファイルをキャプチャ

Shift + P

Shift + P

編集用にステレオファイルの L チャンネルをアクティブにする

上向き矢印

上向き矢印

編集用にステレオファイルの R チャンネルをアクティブにする

下向き矢印

下向き矢印

スペクトル表示を対数よりまたはリニアよりにする

Control + Alt + 上向き矢印または下向き矢印

Option + Command + 上向き矢印または下向き矢印

スペクトル表示を完全に対数またはリニアにする

Ctrl + Alt + Page Up または Page Down

Option + Command + Page Up または Page Down

スペクトル解像度を増減する

Shift + Ctrl + 上向き矢印または下向き矢印

Shift + Command + 上向き矢印または下向き矢印

マルチトラックセッションのミキシングに使用するキー

次のキーボードショートカットは、マルチトラックエディターでのみ利用できます。

結果

Windows のショートカット

Mac OS のショートカット

すべてのオーディオトラックで同じ入力または出力を選択する

Ctrl+Shift キーを押しながら選択

Command + Shift キーを押しながら選択

すべてのトラックで「ミュート」、「ソロ」、「録音用に準備」、「入力をモニター」をアクティブまたは非アクティブにする

Ctrl + Shift キーを押しながらクリック

Command + Shift キーを押しながらクリック

ノブの設定値を大きい変化幅で調整する

Shift キーを押しながらドラッグ

Shift キーを押しながらドラッグ

ノブの設定値を小さい変化幅で調整する

Ctrl キーを押しながらドラッグ

Command キーを押しながらドラッグ

選択されたクリップを左にずらす

Alt + カンマ

Option + カンマ

選択されたクリップを右にずらす

Alt + ピリオド

Alt + ピリオド

キーフレームの時間の位置またはパラメーター値を維持

Shift キーを押しながらドラッグ

Shift キーを押しながらドラッグ

キーフレームを作成せずにエンベロープセグメントを再配置

Ctrl キーを押しながらドラッグ

Command キーを押しながらドラッグ

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー