マニュアル キャンセル

周波数バンドスプリッター

  1. Audition ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Audition の新機能
    2. Audition の必要システム構成
    3. ショートカットの検索とカスタマイズ
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
  3. ワークスペースと設定
    1. コントロールサーフェスのサポート
    2. オーディオの表示、ズームおよび操作
    3. ワークスペースのカスタマイズ
    4. Audition でオーディオハードウェアを接続する
    5. アプリケーション設定のカスタマイズと保存
  4. デジタルオーディオの基本
    1. オーディオについて
    2. オーディオのデジタイジング
  5. 読み込み、録音および再生
    1. マルチチャンネルオーディオワークフロー
    2. Adobe Audition でファイルを作成する、開く、または読み込む
    3. ファイルパネルでの読み込み
    4. CD からのオーディオの抽出
    5. サポートされている読み込み形式
    6. Adobe Audition での時間の操作とオーディオの再生
    7. オーディオの録音
    8. 録音レベルおよび再生レベルの監視
    9. オーディオ録音から無音を削除する
  6. オーディオファイルの編集
    1. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
    2. テキストからスピーチを生成
    3. 複数のオーディオファイル間でのラウドネスの一致
    4. 波形エディターでのオーディオ表示
    5. オーディオの選択
    6. Audition でのオーディオのコピー、カット、ペースト、削除の方法
    7. 視覚的なフェードおよび振幅の変更
    8. マーカーの操作
    9. オーディオの位相反転、リバースおよび無音部分の作成
    10. 一般的な操作の自動化
    11. フェーズ、周波数および振幅の分析
    12. 周波数バンドスプリッター
    13. 取り消し、やり直し、ヒストリー
    14. サンプルタイプの変換
    15. Audition を使用したポッドキャストの作成
  7. エフェクトの適用
    1. CEP 拡張機能の有効化
    2. エフェクトコントロール
    3. 波形エディターでのエフェクトの適用
    4. マルチトラックエディターでのエフェクトの適用
    5. サードパーティのプラグインの追加
    6. ノッチフィルターエフェクト
    7. Fade/Gain Envelope エフェクト(波形エディターのみ)
    8. 手動ピッチ補正エフェクト(波形エディターのみ)
    9. グラフィックフェーズシフターエフェクト
    10. ドップラーシフターエフェクト(波形エディターのみ)
  8. エフェクトリファレンス
    1. 振幅および圧縮エフェクトをオーディオに適用する
    2. ディレイとエコーエフェクト
    3. Audition の診断エフェクト(波形エディターのみ)
    4. フィルターとイコライザエフェクト
    5. 変調エフェクト
    6. ノイズを軽減してオーディオをリストアする
    7. リバーブエフェクト
    8. スペシャルエフェクトの使用
    9. ステレオイメージエフェクト
    10. タイムおよびピッチ操作エフェクト
    11. トーンとノイズを生成
  9. マルチトラックセッションのミキシング
    1. リミックスの作成
    2. マルチトラックエディターの概要
    3. 基本的なマルチトラックコントロール
    4. マルチトラックルーティングおよび EQ コントロール
    5. Audition でのマルチトラッククリップの配置と編集
    6. クリップのループ
    7. クリップボリュームを Audition と一致、フェード、ミキシングする方法
    8. エンベロープを使用したミックスのオートメーション化
    9. マルチトラッククリップのストレッチ
  10. ビデオとサラウンドサウンド
    1. ビデオアプリケーションの操作
    2. ビデオの読み込みとビデオクリップの操作
    3. 5.1 サラウンドサウンド
  11. キーボードショートカット
    1. ショートカットの検索とカスタマイズ
    2. デフォルトのキーボードショートカット
  12. 保存と書き出し
    1. オーディオファイルの保存と書き出し
    2. XMP メタデータの表示と編集

周波数バンドスプリッターでは、選択したオーディオクリップ(またはハイライトされた選択範囲)のコピーを最大 8 つ作成し、各コピーの周波数範囲をオリジナルとは異なるものとします。指定されたクロスオーバー周波数によって、スプリットポイントが決まります。波形の各コピーは、セッションウィンドウ内でそれぞれ別個のトラック上に単独で配置されます。その後、バンド別に編集やエフェクトの適用ができます。

例えば、クロスオーバー値が 800 と 3200 である 3 つの幅のデフォルト設定を使用すると、選択した波形のコピーが 3 つ作成され、各コピーは、周波数が 0 Hz ~ 800 Hz の波形、800 Hz ~ 3200 Hz の波形、3200 Hz ~ 22050 Hz(またはサンプルレートに基づく最大周波数)の波形となります。

  1. オーディオクリップを開きます。選択するには選択ツールを使用し、処理を行う範囲を選択します。

  2. 編集周波数バンドスプリッターを選択します。

    周波数バンドスプリッター

  3. 目的のオプションを設定して、「OK」をクリックします。

周波数スプリッターのオプション

バンド

スプリットポイントの数を設定します。ここで指定した数だけオリジナル波形のコピーが作成され、各コピーはクロスオーバーの値に応じた周波数範囲を持つ波形となります。

最大

各バンドの最大周波数を指定します。最小バンド幅に、現在のバンドと隣接バンドの最大周波数に基づいて計算された値が表示されます。

スケール

バンドを視覚的に示すために表示されるスケールを指定します。リニアまたは対数のいずれかを選択できます。

最大 FIR フィルターサイズ

FIR(有限インパルス応答)フィルターの最大サイズを設定します。これは応答カーブのフェーズエラーを維持するフィルターです。IIR フィルターはフェーズエラー(リンギングに聞こえることが多い)を含む場合がありますが、FIR フィルターはそうではありません。値を大きくするほど周波数フィルターの精度は高くなります。デフォルト値(320)のままでほとんどの場合は十分ですが、フィルターが適用された波形に歪みやリンギングが発生する場合は、値を大きくする必要があります。

エキスパートによる説明:

Jason Levine がモノラルおよびステレオのマテリアルの再バージョニングおよび再ミキシングのためにこのユニークなフィルターを利用するための基本的なプロセスについて説明します。

Jason Levine

アドビのロゴ

アカウントにログイン