「CD からオーディオを抽出」コマンドを使用した CD トラックの抽出

「CD からオーディオを抽出」コマンドは、高速で、ドライブ速度の最適化やトラックの名前変更など、多くの設定を制御できます。

  1. オーディオ CD をコンピューターの CD-ROM ドライブに挿入します。
  2. ファイル/CD からオーディオを抽出を選択します。
  3. 「ドライブ」では、オーディオ CD が挿入されているドライブを選択します。
  4. 「スピード」では、選択したドライブでサポートされているすべての抽出スピードから選択します。通常、「最高速度」オプションで良い結果が得られますが、エラーが発生する場合は低い速度を選択してください。
  5. 次の操作を必要に応じて実行します。
    • トラックをプレビューするには、「再生」ボタンをクリックします。
    • トラックを含めるか除外するには、トラック番号の左側にあるチェックボックスをクリックするか、「すべてを切り替え」をクリックします。
    • トラックの名前を変更するには、名前をダブルクリックします。
  6. Audition CC のみ:「単一のファイルに抽出」を有効にして、選択されたすべてのトラックが含まれる単一のファイルを作成します。

トラック情報と CD データベースの設定

CD からオーディオを抽出ダイアログボックスの中央部では、デフォルトで「アーティスト」、「アルバム」、「ジャンル」および「年」の情報が、指定した CD データベースから抽出されます。これらのエントリを調整するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 情報をカスタマイズするには、現在のエントリを上書きします。
  • データベースからオリジナルの情報を挿入するには、タイトルを取得アイコン をクリックします。
  • 複数のレコードが一致することを示すメッセージが表示された場合、異なるデータベースレコードを挿入するには、矢印をクリックします。
  • 異なるデータベースおよびファイル名の命名規則を指定するには、タイトル設定アイコン をクリックします。タイトル設定の各オプションの説明を表示するには、マウスをオプションの上にかざしてしばらく待ち、ツールチップを表示します。

注意:複数のアーティストのエントリが検出されると、「コンピレーション」オプションが自動的に選択されます。タイトル設定ダイアログボックスで、編集用の区切り文字を入力して、各トラックのアーティストとトラックタイトルを区切ります。

「開く」コマンドを使用した CD トラックの抽出(Mac OS)

注意:

この抽出方法を実行すると、Audition のパフォーマンスが大きく低下することがあります。通常は「CD からオーディオを抽出」コマンドの方が優れています。

「開く」コマンドを使用すると、AIFF 形式のトラックを抽出できますが、Audition では CD からオーディオデータを読み込み続ける必要があるので、読み込みと編集に時間がかかります。

  1. オーディオ CD をコンピューターの CD-ROM ドライブに挿入します。
  2. ファイル/開くを選択します。
  3. ファイルタイプとして QuickTime を選択し、CD‑ROM ドライブに移動します。
  4. 抽出するトラックを選択し、「開く」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー