相互参照の作成と管理

トピック内、複数のトピック間、またはトピック内のセクションに情報をリンクするには、相互参照を使用します。

相互参照は、トピック内や複数のトピックに渡って存在する情報への参照です。相互参照は、参照先の項目へジャンプするリンクとして表示されます。参照トピックを記述する場合、あるトピックから別のトピックへの参照を自動的に更新して、生成された出力に正しい参照を表示することができます。相互参照を、ブックマーク、説明、図、見出し、段落、テーブル、または作成したタイトルに設定するかどうかを指定できます。ページ番号、章番号などの相互参照形式を指定することもできます。

相互参照は、出力タイプに基づいて動的に変更できます。オンライン出力の場合、相互参照は通常のハイパーリンクのように見えますが、印刷ベースの出力では、相互参照を使用してオンラインリンクをページ番号参照に変換できます。例えば、「15 ページを参照」のように印刷できます。

相互参照の挿入

相互参照を挿入するには、以下の手順に従います。

  1. 任意のトピックを開きます。参照を挿入する適切な位置にカーソルを置きます。

  2. 標準ツールバーで「リンクを挿入」のアイコンをクリックし、相互参照を選択するか、CTRL+R を押します。相互参照ダイアログボックスが表示されます。

  3. 以下のオプションを使用して、挿入する相互参照の設定を選択することができます。

    • トピックを選択:デフォルトでは、トピック選択ダイアログが開きます。リンクするプロジェクトのトピックに移動します。トピックを選択するには、をクリックします。
    • タイプ:タイプドロップダウンフィールドから、作成する参照のタイプを選択します。
    • 書式設定:タイプフィールドで選択したオプションに基づいて、書式設定セクションにオプションの一覧が表示されます。 
      次の表は、タイプと書式設定の両方で使用できる、各選択コントロールの詳細を示しています。
    • ターゲット:コンテンツが参照されるフィルタリングされた HTML スニペットです。選択したタイプに応じて、見出し、テーブル、ページ番号、脚注になります。
    • プレビュー:コンテンツのビジュアルプレビューがプレビュータブに表示されます。

    タイプ

    書式設定

    ブックマーク:ブックマークはトピック内の付加的なリンクです。これにより、クリックするとトピックのブックマークされたセクションへジャンプするリンクを作成することができます。

    • ブックマークテキスト:ブックマークされたテキストへの相互参照を作成します。 
         例えば次のようになります:stop_words
    • ページ番号:ブックマークが表示されるページへの相互参照を追加します。
         例えば次のようになります:1 ページを参照してください。
    • 章番号:章番号への相互参照を追加します。
         例えば次のようになります:第 1 章を参照してください。
    • ページ番号付きブックマークテキスト:ページ番号とともにブックマークの名前を追加します。
         例えば次のようになります:1 ページの「stop_words」を参照してください。

    説明:トピックのプロパティに入力したトピックの説明が表示されます。

    • 説明テキスト:説明のテキストへの相互参照を追加します。

    HTML<figure> エレメントには、トピックで参照され、<figcaption> エレメントを使用して指定されたイメージが含まれています。

    • キャプションテキスト:画像に見出しを付ける機能です。トピック内の画像への相互参照を作成し、画像のキャプションテキストを表示します。
             例えば次のようになります:エアフロー
    • ページ番号:図が表示されるページへの相互参照を追加します。
             例えば次のようになります:1 ページを参照してください。
    • 章番号:章番号への相互参照を追加します。
             例えば次のようになります:第 1 章を参照してください。
    • ページ番号付きキャプション:ページ番号とともに図のキャプションを追加します。
            例えば次のようになります:1 ページの「エアフロー」を参照してください。

    見出しHTML の <h1> から <h6> のエレメントは、6 つのレベルの見出しを表示します。見出しエレメントは、H1、H2、H3、H4、H5、および H6 です。

    • 見出しテキスト:トピックの見出しへの相互参照を作成します。
            例えば次のようになります。プロジェクトレビュー
    • ページ番号:見出しが表示されるページへの相互参照を追加します。
            例えば次のようになります:1 ページを参照してください。
    • 章番号:見出しが表示される章への相互参照を追加します。
             例えば次のようになります:第 1 章を参照してください。
    • ページ番号付き見出しテキスト:ページ番号とともに見出しテキストを追加します。
             例えば次のようになります:1 ページの「プロジェクトレビュー」を参照してください。

    段落HTML の <p> エレメントは段落を表示します。

    • 段落テキスト:定義したトピック内で任意の段落への相互参照を作成します。
           例えば次のようになります:プリセットで定義されたパスに出力が生成されます。
    • ページ番号:ページ番号への相互参照を追加します。                        
           
      例えば次のようになります:1 ページを参照してください。
    • 章番号:章番号への相互参照を追加します。
            例えば次のようになります:第 1 章を参照してください。
    • ページ番号付き見出しテキスト:ページ番号とともに見出しテキストを追加します。 
            例えば次のようになります:1 ページの「プリセットで定義されたパスに出力が生成されます。」を参照してください。

    テーブル:テーブルへの相互参照を作成し、キャプションで表示します。キャプションは、作成者ビューで定義できます。

    • キャプションテキスト:テーブルに見出しを付ける機能です。トピック内のテーブルへの相互参照を作成し、テーブルのキャプションテキストを表示します。
           例えば次のようになります:コンサート
    • ページ番号:テーブルが表示されるページへの相互参照を追加します。
    •      例えば次のようになります:1 ページを参照してください。
    • 章番号:章番号への相互参照を追加します。
           
      例えば次のようになります:第 1 章を参照してください。
    • ページ番号付きキャプションテキスト:ページ番号とともにテーブルのキャプションを追加します。
            例えば次のようになります:1 ページの「コンサート」を参照してください。

    タイトル:選択したトピックのタイトルは、トピックのプロパティから取得されます。トピックのプロパティでトピックタイトルを編集できます。

    • タイトルテキスト:トピックのタイトルへの相互参照を作成します。
            例えば次のようになります:便利なリンク集
    • ページ番号:タイトルが表示されるページへの相互参照を追加します。
            例えば次のようになります:1 ページを参照してください。
    • ページ番号付きタイトルテキスト:ページ番号とともにタイトルを追加します。
            例えば次のようになります:1 ページの「便利なリンク集」を参照してください。

  4. 「挿入」をクリックします。

相互参照がトピックに追加されます。

注意:

「スクリーンチップ」と「ディスプレイイン」オプションは、相互参照にも使用できます。

相互参照の更新

すべての相互参照は、そのターゲットに動的にリンクされます。つまり、ターゲットで何かが更新されると、相互参照が自動的に更新されます。 

例えば、参照先が 5 ページ目の見出しを指している場合(5 ページの「プロジェクトレビュー」を参照、など)に、テキストの追加または削除によって見出しページ番号が変更されると、相互参照番号は自動的に更新されます(8 ページの「プロジェクトレビュー」を参照、など)。

この参照の自動および動的管理により、一度参照を追加すれば、トピック内で何かが変更されても参照を更新する必要はありません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン