RoboHelp で FrameMaker ドキュメントを読み込んでリンクする方法について説明します。

注意:

この機能を使用するには、FrameMaker 2019 Update 2 以降が必要です。

FrameMaker ドキュメントを 1 つ以上のトピックとして RoboHelp に素早く読み込むことができます。ドキュメントを読み込む際に、RoboHelp のいくつかの設定を構成して、ニーズに応じてトピックの読み込みとカスタマイズを行うことができます。また FrameMaker ドキュメントを RoboHelp プロジェクトにリンクすることもできます。 

FrameMaker ドキュメントの読み込み

FrameMaker のブック(.book)およびドキュメント(.fm.mif)を RoboHelp プロジェクトに読み込むことができます。コンテンツパネルで FrameMaker ドキュメントを読み込むとき、RoboHelp は選択した位置(ルートレベルまたはフォルダー内)にトピックを配置します。ただし、読み込んだドキュメント内で参照されているすべてのアセットは assets フォルダー以下のそれぞれのサブフォルダーに配置されます。例えば、スタイルシートは css サブフォルダーに、画像は images サブフォルダーに保存されます。

FrameMaker ドキュメントを読み込むには、次の手順を実行します。

  1. コンテンツパネルで、次に示すいずれかの操作を実行します。

    • フォルダー内の FrameMaker ドキュメントを読み込むには、次のいずれかの操作を行います。
      • フォルダーを選択して、「ファイル/読み込み/FrameMaker ドキュメント」を選択します。
      • 目的のフォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの をクリックして、「読み込み/FrameMaker ドキュメント」を選択します。
    • ルートレベルにある FrameMaker ドキュメントを読み込むには、次のいずれかの操作を行います。
      • どのフォルダーも選択せずに、「ファイル/読み込み/FrameMaker ドキュメント」を選択します。
      • フォルダー以外の場所を右クリックして、「読み込み/FrameMaker ドキュメント」を選択します。

    FrameMaker 読み込み設定ダイアログボックスが表示されます。

  2. FrameMaker 読み込み設定ダイアログボックスで、読み込む FrameMaker ドキュメントを選択して設定を編集します。ダイアログボックス中のオプションについては、「FrameMaker 読み込み設定」を参照してください。

  3. 読み込み」をクリックします。

    指定された設定に基づいて、選択した FrameMaker ドキュメントの HTML バージョンが生成されます。トピックは、コンテンツパネルで選択した位置にあるトピックのアルファベット順に配置されます。

FrameMaker 読み込み設定

ファイル/読み込み/FrameMaker ドキュメント」を選択すると、FrameMaker 読み込み設定ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスの以下のタブで、設定を構成します。

注意:

文字」タブ、「段落」タブ、「」タブ、「相互参照」タブは、選択した FrameMaker ドキュメントでこれらのタブのスタイルが適用されている場合にのみ使用することができます。

全般

全般」タブは、FrameMaker の読み込み設定ダイアログボックスでデフォルトで選択されます。このタブでは、以下の項目を設定します。

  • FrameMaker ドキュメント をクリックして、読み込む FrameMaker ドキュメント(.fm.mif または .book)を選択します。

    注意:FrameMaker ドキュメントを選択するとき、FrameMaker がすでに実行されていなければ、FrameMaker のインスタンスが起動します。

    RoboHelp は選択したドキュメントを読み取り、FrameMaker 読み込み設定ダイアログボックスの該当するタブを設定します。
  • スタイルマッピングのための CSS ファイル  をクリックして、プロジェクトのスタイルシートとは異なる外部のスタイルシート(.css ファイル)を選択し、FrameMaker のスタイルと RoboHelp のスタイルをマッピングします。デフォルトでは、RoboHelp はプロジェクトのデフォルトのスタイルシートを選択します。
  • 新しいトピックをスタイルから開始:選択した FrameMaker ドキュメントのコンテンツを使用してトピックを作成する場合は、以下の設定を使用します。
    • FrameMaker のスタイル:FrameMaker ドキュメントから、RoboHelp でトピックの作成に使用できる段落スタイルを選択します。例えば、第 1 レベルのすべての見出しに対してトピックを作成するには、「見出し 1」を選択します。 

      注意:このフィールドには、「FrameMaker ドキュメント」フィールドで選択されたドキュメントのすべての段落スタイルが表示されます。「FrameMaker ドキュメント」フィールドでドキュメントを選択していない場合、このフィールドは空白のままになります。 
    • トピック名パターン:新しいトピックの命名パターンを指定します。次のオプションから選択できます。
      • <$filename_no_ext>-<n>:拡張子のないファイル名が作成され、1 から順に番号が振られます。例えば、ABC.fm という FrameMaker ドキュメントを読み込んだ場合、新しいトピックのファイル名は ABC1ABC2 のようになります。
      • <$filename_no_ext>-<$paratext>:拡張子のないファイル名が作成され、最初の段落の最初のテキストが付加されます。
      • <$paratext> 選択したスタイルが適用される要素の最初のテキストを含むファイル名が作成されます。このオプションはデフォルトで設定されています。
    • 生成されたファイル名には ASCII 文字のみを使用する 新しいトピックのファイル名に含まれる非 ASCII 文字を ASCII 文字に変換する場合は、このフィールドを選択します。この変換は Punycode 標準に従います。
  • 設定を保存FrameMaker 読み込み設定ダイアログボックスの設定をプリセット(.fsf)ファイルとして保存するには、これをクリックします。設定を変更して新しいプリセットファイルとして保存すると、次回ダイアログボックスを開くときに「ロード設定」フィールドからそのファイルを選択できるようになります。
  • ロード設定 をクリックして、FrameMaker 読み込み設定ダイアログボックスの設定の保存先とする別のプリセット(.fsf)ファイルを選択します。このフィールドにはデフォルトのプリセットファイル default.fsf が表示されます。 をクリックして最近保存したプリセットファイルを選択することもできます。

文字

読み込んだコンテンツの文字スタイルを指定する場合は、「文字」タブを選択します。このタブには、以下の列が表示されます。

  • FrameMaker スタイル:「全般」タブの「FrameMaker ドキュメント」フィールドで選択した FrameMaker ドキュメントのスタイルです。
  • RoboHelp 内:「全般」タブの「スタイルマッピング用 CSS」フィールドで指定した CSS ファイルで設定されるスタイルです。 

FrameMaker の各スタイルについては、「RoboHelp 内」で をクリックし、別のスタイルを選択して、対応する FrameMaker のスタイルにマッピングします。対応する FrameMaker のスタイルに一致するスタイルがない場合、RoboHelp では以下の 2 つのスタイルオプションを使用できます。

  • スタイルを読み込む:(デフォルト)選択した FrameMaker ドキュメントのスタイルを RoboHelp に読み込みます。 
  • コンテンツを破棄:選択したスタイルが適用されているすべてのコンテンツを破棄します。  

選択した FrameMaker スタイルとマッピングされたスタイルは、それぞれ「FrameMaker プレビュー」と「RoboHelp プレビュー」の各セクションでプレビューすることができます。

段落

読み込んだコンテンツの段落スタイルを指定する場合は、「段落」タブを選択します。このタブには、以下の列が表示されます。

  • FrameMaker スタイル:「全般」タブの「FrameMaker ドキュメント」フィールドで選択した FrameMaker ドキュメントのスタイルです。
  • RoboHelp 内:「全般」タブの「スタイルマッピング用 CSS」フィールドで指定した CSS ファイルで設定されるスタイルです。 

FrameMaker の各スタイルについては、「RoboHelp 内」で をクリックし、別のスタイルを選択して、対応する FrameMaker のスタイルにマッピングします。対応する FrameMaker のスタイルに一致するスタイルがない場合、RoboHelp では以下の 2 つのスタイルオプションを使用できます。

  • スタイルを読み込む:(デフォルト)選択した FrameMaker ドキュメントのスタイルを RoboHelp に読み込みます。 
  • コンテンツを破棄:選択したスタイルが適用されているすべてのコンテンツを破棄します。 

選択した FrameMaker スタイルとマッピングされたスタイルは、それぞれ「FrameMaker プレビュー」と「RoboHelp プレビュー」の各セクションでプレビューすることができます。

読み込んだコンテンツの表スタイルを指定するには、「」タブを選択します。このタブには、以下の列が表示されます。

  • FrameMaker スタイル:「全般」タブの「FrameMaker ドキュメント」フィールドで選択した FrameMaker ドキュメントのスタイルです。
  • RoboHelp 内:「全般」タブの「スタイルマッピング用 CSS」フィールドで指定した CSS ファイルで設定されるスタイルです。 

FrameMaker の各スタイルについては、「RoboHelp 内」で をクリックし、別のスタイルを選択して、対応する FrameMaker のスタイルにマッピングします。対応する FrameMaker のスタイルに一致するスタイルがない場合、RoboHelp では以下の 2 つのスタイルオプションを使用できます。

  • スタイルを読み込む:(デフォルト)選択した FrameMaker ドキュメントのスタイルを RoboHelp に読み込みます。 
  • コンテンツを破棄:選択したスタイルが適用されているすべてのコンテンツを破棄します。

選択した FrameMaker スタイルとマッピングされたスタイルは、それぞれ「FrameMaker プレビュー」と「RoboHelp プレビュー」の各セクションでプレビューすることができます。

相互参照

読み込んだコンテンツの相互参照の段落スタイルを指定するには、「相互参照」タブを選択します。このタブには、以下の列が表示されます。

  • FrameMaker スタイル:「全般」タブの「FrameMaker ドキュメント」フィールドで選択した FrameMaker ドキュメントに適用される相互参照スタイルの表示名です。
  • RoboHelp 内:現在のスタイルの定義を表示します。デフォルトでは、この列には読み込んだ FrameMaker ドキュメントの定義が設定されます。定数と変数の組み合わせを使用して、この定義を変更することができます。変数を指定するには、「<」を入力し、ドロップダウンリストで変数を選択するか、変数名を入力します。 

選択した FrameMaker スタイルとその定義は、それぞれ「FrameMaker プレビュー」と「RoboHelp  プレビュー」の各セクションでプレビューすることができます。

画像

読み込んだコンテンツに対して画像スタイルを指定する場合は、「画像」タブを選択します。このタブでは、以下のフィールドを使用します。

  • 画像を再生成しない:FrameMaker ドキュメントを再度読み込み、読み込んだコンテンツ内の画像を更新する必要がない場合、このフィールドを選択します。
  • 参照ページの画像を読み込む:読み込んだ FrameMaker ドキュメントに参照ページの画像を読み込む場合、このフィールドを選択します。
  • 3D 画像を保持:選択された FrameMaker ドキュメント内の 3D 画像を保持します。つまり、3D 画像は 2D 画像に平坦化されません。出力が公開されると、画像内の 3D 情報がブラウザーに表示されます。このフィールドはデフォルトで選択されています。
  • 推奨する寸法
    • 高さ:読み込んだ画像の幅と高さを指定します。デフォルトでは、幅と高さのフィールドは同じ値を受け入れるようにリンクされています。幅と高さに異なる値を設定するには、 を切り替えます。
    • 倍率:読み込んだ画像の拡大縮小倍率を指定します。

      注意:倍率を指定すると、幅または高さの値が変更される場合があります。

    • 縦横比を維持:読み込んだ FrameMaker ドキュメント内の画像に従って縦横比を維持するには、このフィールドを選択します。

      注意:倍率を指定すると、幅または高さの値が変更される場合があります。
  • 最大サイズ
    推奨サイズ」は「倍率」および「縦横比を維持」の各設定により上書きされます。読み込んだドキュメント内の画像サイズの最大サイズを設定するには、このセクションを使用します。
    • 高さ:読み込んだ画像の幅と高さを指定します。デフォルトでは、幅と高さのフィールドは同じ値を受け入れるようにリンクされています。幅と高さに異なる値を設定するには、 を切り替えます。
  • 余白:画像の四辺すべての余白の値を指定します。上下左右の余白に異なる値を指定する場合は、 を切り替えます。
  • 境界線:読み込んだ画像に適用される標準的な HTML 境界線のプロパティを制御するには、このセクションを使用します。
    • 境界線スタイル:ドロップダウンリストから境界線のスタイルを選択します。デフォルトは「なし」です。
    • カラー:境界線のカラーを選択するには、 をクリックします。デフォルトは黒です。または をクリックして画面からカラーを選択します。   
    • :境界線の幅を指定します。
    • 以下のオプションを使用して、適用する境界線を選択します。
      • すべて(デフォルト)
      •  上
      •  右
      •  下
      •  左
  • 詳細
    • デフォルトの書式:デフォルトの画像フォーマットを選択して、すべての読み込んだ画像をそのフォーマットに変換します。 
    • カラービット深度:選択されたデフォルトの画像フォーマットに従って、このフィールドの値は変化します。サポートされているオプションから深度を選択できます。
    • JPG 画質:値を指定して、すべての読み込んだ JPG 画像の画質を設定します。このフィールドは、サイズと画質によって JPG の圧縮を制御します。例えば、デフォルト値の 100 は最良の画質と最小の圧縮を意味します。 
    • グレースケール:すべての読み込んだ画像をグレースケールに変換するには、これを選択します。

詳細

読み込んだコンテンツの詳細設定を指定する場合は、「詳細」タブを選択します。このタブでは、以下のフィールドを使用します。

  • 状況依存ヘルプのマーカー:FrameMaker ドキュメントから状況依存ヘルプマーカーを読み込むには、このフィールドを選択し、読み込む状況依存ヘルプマーカーのタイプを指定します。  
  • マーカーを使用してトピックに分割:FrameMaker ドキュメントの特定のマーカータイプに基づいてトピックを作成するには、このフィールドを選択し、マーカーのタイプを指定します。 
  • すべてのトピックを 1 つのフォルダーで保持:FrameMaker ブックの読み込み時に、このフィールドを選択すると、ブック内のすべてのトピックが同じフォルダーに保存されます。
  • すべてのトピックを目次に追加:選択した FrameMaker ドキュメントから作成されるすべてのトピックを、作成中の目次ファイルに追加するには、このフィールドを選択します。 
  • インラインの HTML スタイルをクリーンアップ:このフィールドを選択すると、読み込んだ FrameMaker ドキュメントでインラインスタイルが使用されている場合、それらのスタイルが破棄されます。
  • 用語集ファイルを読み込む:選択した FrameMaker ドキュメントからすべての用語集情報を新しい用語集ファイルに読み込みます。このオプションはデフォルトで選択されています。
  • 目次ファイルを読み込む:読み込み中の FrameMaker ブックが参照しているすべての目次ファイルを、新しい目次ファイルに読み込みます。このオプションはデフォルトで選択されています。

FrameMaker ドキュメントのリンク

RoboHelp プロジェクトフォルダーから FrameMaker ドキュメントをリンクすることができます。

トピックとフォルダーに対して利用できる基本機能に加えて、リンクされた FrameMaker ドキュメントから HTML トピックを作成することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー