各トピックの着信リンクと送信リンクを表示する方法について説明します。

トピック参照レポートには、トピックやプロジェクト内のすべての参照に関する詳細な概要が表示されます。レポートには、トピック、タイトル、フォルダー、送信リンク、着信リンクなどの参照が含まれます。また、フィールドをカスタマイズして、今後アクセスできるようにダウンロードすることもできます。

レポートを開く

参照レポートを開くには、次の操作を行います。

  1. 開いているプロジェクトの作成者ツールバーで、レポートアイコン()をクリックします。

  2. レポートパネルで、「トピック参照」タブをダブルクリックしてレポートを開きます。または、「トピック参照」タブの横に表示されているオプションアイコン()をクリックして「開く」を選択します。

レポートをカスタマイズ

画面右側のフィルターパネルを使用して、トピック参照レポートをカスタマイズすることができます。このパネルでは、さまざまな形式でレポートを表示したり、情報をフィルタリングしたり、閲覧シーケンスやさまざまな列を使用したりできます。テーブルグラフビューのレポートをカスタマイズするには、フィルターパネルで以下のオプションを使用します。

テーブルビュー

テーブルでレポートを表示すると、RoboHelp ではスプレッドシートのように行と列にデータを表示します。

タイプ

「タイプ」オプションで、開いているレポートのタイプを確認することができます。トピック参照などが含まれます。

表示

デフォルトでは、トピック参照レポートはテーブルとして表示されます。「表示」の各オプションを使用して、レポートの外観を変更することができます。

フィルター

「フィルター」の下に表示されている各種プロジェクトコンポーネントのドロップダウンリストを使用して、レポートに表示する情報を含めます。ドロップダウンリストで、複数のオプションを選択することもできます。

レポートに含めることができる情報のタイプを次に示します。

  • トピック:トピックの名前をリンクと共に表示します。リンクをクリックすると、ターゲットのトピックに移動できます。
  • タイトル:トピックのタイトルを表示します。
  • フォルダ:トピックの場所を表示します。
  • 送信リンク:トピックから参照される送信リンクの発生すべてを一覧表示します。送信リンクは、ユーザーを特定のトピックに関する追加の情報ソースに移動するためのものです。
  • 着信リンク:トピックに参照される着信リンクの発生すべてを一覧表示します。着信リンクは、クリックすると現在のトピックに移動する他のトピックからのリンクです。

列を選択すると、その列がレポートから表示され、選択を解除すると、レポートから表示されなくなります。それぞれの列のデータを並べ替えるには、列の見出しをクリックします。 

グラフビュー

記録をグラフで表示すると、RoboHelp ではデータをグラフィック形式で表示します。

タイプ

「タイプ」オプションで、開いているレポートのタイプを確認することができます。トピック参照などが含まれます。

表示

デフォルトでは、トピック参照レポートはテーブルとして表示されます。「表示」の各オプションを使用して、レポートの外観をグラフに変更することができます。

フィルター

閲覧シーケンス:閲覧シーケンスを使用してトピックのシーケンスをユーザーに提供し、前のトピックや次のトピックに移動できるようにします。画面の右側にある左矢印や右矢印を使用して、特定の閲覧シーケンスを選択し、選択したシーケンス内のトピックの参照を表示できます。

トピック

検索ボックスを使用して検索を行い、他のトピックを探します。

レポートを表示

レポートは、テーブル形式とグラフ形式で表示できます。選択した表示タイプによって、レポートの外観とレポートの書式設定の範囲が決まります。

次の例は、異なる表示オプションで実行される同じレポートを示しています。

テーブルビュー

フィルターパネルから「表示」を選択したあと、「テーブル」を選択してレポートをテーブルビューに表示します。

レポートはテーブル形式で表示されます。 

テーブルビュー
参照レポートのテーブルビューでの表示例

トピックは左側に、送信リンクは中央に、着信リンクは画面右側に表示されます。

グラフビュー

フィルターパネルから「表示」を選択したあと、「グラフ」を選択してレポートをグラフビューに表示します。

レポートはグラフィック形式で表示されます。 

グラフビュー
参照レポートのグラフビューでの表示例

着信リンクは緑色で左側に、トピックは青色で中央に、送信リンクはオレンジ色で画面右側に表示されます。

壊れたリンクを修復

レポート内の壊れた参照は、赤色で表示され、リンクが破損していることを警告します。 

修復するには、壊れたリンクが含まれたリンクを選択します。壊れたリンクを修正ダイアログボックスが開き、壊れたリンクのリストや場所が表示されます。壊れたリンクを正しいトピックに関連付けて、必要に応じてリンクを更新できます。

壊れたリンク

参照を削除

トピックを削除する際には、以下の手順に従って、すべての参照を削除することもできます。

  1. レポートパネルでトピックを右クリックし、「削除」をクリックします。

  2. 確認ダイアログボックスが開き、このトピックの参照元のファイル一覧が表示されます。チェックボックスをクリックして、ファイルからすべての参照を削除したことを確認します。  

    参照を削除
  3. 「はい」をクリックして、削除を確認します。トピックとその参照は削除されます。

注意:

参照を削除しない場合は、リンクが壊れたリンクとして表示されます。