マニュアル キャンセル

画像とマルチメディアの操作

  1. RoboHelp ユーザーガイド
  2. 概要
    1. Adobe RoboHelp の新機能
    2. RoboHelp(2020 release)アップデート 8 の新機能
    3. RoboHelp(2020 release)アップデート 7 の新機能
    4. RoboHelp(2020 release)アップデート 6 の新機能
    5. RoboHelp(2020 release)アップデート 5 の新機能
    6. RoboHelp(2020 release)アップデート 4 の新機能
    7. RoboHelp 必要システム構成
    8. RoboHelp FAQ
    9. Adobe アプリをダウンロードしてインストールする
    10. MacOS で RoboHelp をダウンロードしてインストールする
    11. RoboHelp ワークスペースの概要
    12. RoboHelp で解決済みの問題
  3. プロジェクト
    1. RoboHelp プロジェクトの計画
    2. プロジェクトの作成
    3. トピックとフォルダーの操作
    4. レポートの生成
    5. 状況依存ヘルプの使用
    6. 参照の管理
    7. RoboHelp での環境設定
  4. 作成者との共同作業
    1. Git を使用した共同作業
    2. SharePoint Online を使用した共同作業
    3. Azure DevOps(Team Foundation Server)を使用した共同作業
  5. PDF レイアウト
    1. PDF テンプレート
    2. PDF 出力の公開
    3. 一般的なコンテンツスタイルの利用
    4. PDF テンプレートのコンポーネント
  6. 編集と書式
    1. コンテンツの書式設定
    2. 相互参照の作成と管理
    3. リンクの作成と管理
    4. スニペットによるシングルソース
    5. 画像とマルチメディアの操作
    6. 作成した変数を使用して簡単に更新を行う
    7. 変数セットの操作
    8. 検索と置換の使用
    9. コンテンツの自動保存
    10. スプリットビューで並べて編集
    11. スペルチェック機能の使用
    12. ブックマークの作成と編集
    13. フィールドの挿入と更新
    14. 複数ビュー間の切り替え
    15. CSS の自動番号付け
  7. 読み込みとリンク
    1. プロジェクトへの Markdown ファイルの読み込み
    2. Word ドキュメントのプロジェクトへの読み込み
    3. FrameMaker ドキュメントのプロジェクトへの読み込み
  8. 目次、索引および用語集
    1. 目次の作成と管理
    2. 索引の作成と管理
    3. 用語集の作成と管理
    4. 閲覧シーケンスの作成と管理
    5. 関連項目および関連トピックの操作
  9. 条件付きコンテンツ
    1. 条件付きコンテンツとは
    2. コンディションタグの作成と適用
    3. 条件付きコンテンツの出力プリセットの設定
    4. 条件付きコンテンツの最適化と管理
  10. マイクロコンテンツ
    1. マイクロコンテンツ
  11. レビューと共同作業
    1. レビューと共同作業
  12. 翻訳
    1. コンテンツの複数言語への翻訳
    2. サービスプロバイダー向け翻訳フレームワークの設定
  13. スキンとマスターページ
    1. スキンの操作
    2. マスターページの操作
    3. ラベルの操作
    4. PDF のカスタマイズ
    5. フレームレススキンエディターの概要
  14. 出力を生成中
    1. 出力の生成
    2. フレームレス出力の生成
    3. ナレッジベース出力の生成
    4. PDF 出力の生成
    5. レスポンシブ HTML5 出力の生成
    6. Word ドキュメント出力の生成
    7. コンテンツのみの出力の生成
    8. 電子ブック出力の生成
    9. Microsoft HTML Help 出力の生成
    10. モバイルアプリ出力の生成
  15. 出力の公開
    1. RoboHelp Server への公開
    2. FTP サーバー、セキュア FTP サーバーまたはファイルシステムへの公開
    3. SharePoint Online への公開
    4. Zendesk ヘルプセンターへの公開
    5. Salesforce ナレッジベースに公開
    6. ServiceNow ナレッジベースへの公開
    7. Zoho ナレッジベースへの公開
    8. Adobe Experience Manager への公開
  16. 付録
    1. Adobe RoboHelp スクリプトリファレンス
    2. RoboHelp のキーボードショートカット

ここでは、RoboHelp で画像、YouTube のビデオ、Adobe Captivate のビデオなどを使用して、コンテンツを強化する方法について説明します。

RoboHelp の強力なワークスペースを使用すると、画像やマルチメディアを簡単にトピックに追加できます。 コンピューター、YouTube、Vimeo、オーディオクリップから様々な形式の画像やビデオを挿入できます。 RoboHelp の最新のインターフェイスを使用すると、ワンクリックで YouTube ビデオを挿入してプレビューできます。画像のサムネールを追加することもできます。出力内でサムネールをクリックすると、拡大表示されます。 画像やマルチメディアを使用した内容豊富でクリエイティブなコンテンツを公開できるだけでなく、プロジェクト出力をオーサリング、公開、表示する際のワークフローがスムーズになります。

注意:

コンテンツパネルに使用可能な画像やビデオが存在する場合は、開いているトピックの目的の場所にドラッグアンドドロップできます。

画像の追加

画像を追加するには:

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. コンテンツパネルでトピックをダブルクリックして開きます。画像を挿入する場所にカーソルを置きます。

  3. 画面の上部にある標準ツールバーで画像を挿入アイコン()をクリックし、画像を追加します。

  4. 画像を挿入ダイアログボックスで以下のいずれかのオプションを使用して、画像を選択します。

    • プロジェクトファイル:「コンテンツ」または「最近の使用」ドロップダウンセクションで、プロジェクトファイルを参照します。
    • ローカルファイル:コンピューター上を参照するか、画像ファイルのパスを指定します。
    • Web リンク:画像の URL を指定します。

    画像を挿入する 3 つすべてのオプションでは、選択した画像をプレビューエリアでプレビューできます。

  5. (オプション)図のキャプションを追加して、画像のタイトルを追加することも可能です。

  6. 「挿入」をクリックします。選択した画像がトピックに追加されます。

画像のプロパティの編集

画像のプロパティを編集するには:

  1. 開いているトピックで、目的の画像をクリックします。

  2. 画面の右側にあるプロパティパネル/全般タブの「Type」フィールドに Img が表示されます。パネル内の他のフィールドには画像のプロパティが表示されます。

  3. 画像のプロパティを変更するには、以下のフィールドを使用します。

    • ソース:画像のアップロード元となるフォルダーのパスを表示します。
    • 代替テキスト:画像の代替テキストを指定します。このフィールドに指定する用語により、画像の検索可能性が向上します。
    • 画像タイトル:画像の上にカーソルを置くと表示される画像のタイトルを指定します。
    • :画像の幅を指定します。
    • 縦横比を維持アイコン:RoboHelp ではデフォルトで画像の縦横比が維持されます。画像の 1 つのコンポーネント(幅/高さ)を変更すると、他のコンポーネント(幅/高さ)が縦横比に従って自動的に変更されます。縦横比の維持を無効にするには、このアイコンをクリックします。
    • 高さ:画像の高さを指定します。
    • デフォルトにリセットアイコン:画像の元の高さと幅にリセットする場合はクリックします。
    • 図のキャプション:キャプションを指定して、画像のタイトルを表示できます。 オプションで、図のキャプションを使用できます。キャプションは画像の上部または下部に挿入されます。次のアイコンを使用して、図のキャプションの位置を選択します。
      画像の上部にキャプションを表示します。
      画像の下部にキャプションを表示します。
      キャプションを画像から削除します。
    • テキストの折り返し:テキストに基づいて画像の配置方向を選択する場合は、「」または「」アイコンをクリックします。デフォルトは「なし」です。
    • サムネールを使用:出力内で画像をサムネールとして使用し、その幅と高さを指定する場合は選択します。

    全般」タブのドロップダウンセクションについて詳しくは、「プロパティパネルの全般タブ」を参照してください。

画像リンクの作成

画像は内部コンテンツ(プロジェクト内のトピックなど)にリンクすることも、外部コンテンツ(Web サイトやドキュメントなど)にリンクすることもできます。 画像をトピックにリンクするには、トピックを左側のパネルからエディターの画像にドラックします。 トピックにリンクが自動で作成されます。 画像をトピックや外部コンテンツにリンクする別の方法については、リンクを挿入するをご覧ください。

画像マップの操作

トピックまたは Web ページにリンクしているクリック可能な領域を持つ画像は、画像マップと呼ばれます。画像マップを作成するには、画像上に図形(長方形、円形、または多角形)を描画することによって、クリック可能な領域を追加します。各領域にリンクを追加します。

画像マップは、PDF 出力ではサポートされていません。

画像マップを操作するには、以下の手順を実行します。

  1. トピックで、画像マップを作成する画像をクリックします。

    標準ツールバーに、「画像マップを挿入/編集」アイコン  が表示されます。 をクリックします。

    または、画像を右クリックして、「画像マップを挿入」をクリックします。

    画像マップダイアログボックスが表示されて、選択した画像が表示されます。

  2. 画像マップダイアログボックスで、目的の図形をクリックします。長方形 、円形 、または多角形  から選択します。 

  3. 画像上で図形を描画することによって、クリック可能な領域を追加します。各領域の番号とポイント(小さい白い四角形)が表示されます。

  4. 領域を詳細に定義するには、必要に応じて、ポイントをドラッグアンドドロップするか、図形を移動することによって図形のサイズ変更を行います。

    注意:

    イメージを更新する際に、グラフィックの変更に伴いマップ領域の移動とサイズ変更が必要になる場合があります。 RoboHelp では、カーソルでイメージマップを選択し、上下左右の矢印キーを使用してマップを移動またはサイズ変更することで、マップを正しい方向に移動することができます。

  5. 領域にリンクを挿入するには、 をクリックします。デフォルトで「プロジェクトファイル」オプションが選択されているリンク先ダイアログボックスが表示されます。

  6. リンク先ダイアログボックスでトピックを選択するか、領域にリンクを設定する Web ページアドレスを指定します。ダイアログボックスについて詳しくは、「リンクを挿入する」の手順 3 を参照してください。

    画像マップダイアログボックスで、複数の図形を挿入することによって、複数の領域を描画することができます。リンクされたトピックまたは Web ページを確認するには、領域の上にカーソルを置きます。図形が強調表示され、ツールチップにパスが表示されます。

  7. 領域が重なっている場合は、図形をクリックしてから、以下のいずれかのアイコンをクリックしてレイヤリングを調整します。

    • すべての図形の最前面に移動するには、 をクリックします。
    • 図形 1 つ分前面に移動するには、 をクリックします。
    • 図形 1 つ分背面に移動するには、 をクリックします。
    • すべての図形の背面に移動するには、 をクリックします。
  8. 領域を削除するには、図形を選択して、 をクリックします。

  9. 終了」をクリックします。

  10. 画像マップを変更するには、画像を右クリックして、「画像マップを編集」または標準ツールバーの  をクリックします。

  11. 画像マップを削除するには、画像を右クリックして、「画像マップを削除」をクリックします。

  12. 画像マップの領域リストを表示するには、画像をクリックします。プロパティパネル/「全般」タブ/「画像マップ」ドロップダウンセクションで、領域のリストが表示されます。各領域で、以下の操作を実行できます。

    • リンクされたトピックまたは Web ページを変更するには、領域の  をクリックしてください。
    • 領域を削除するには、領域の  をクリックしてください。

ビデオの追加

ビデオは以下の方法でトピックに追加できます。

コンピューター、YouTube、Vimeo からの追加

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. コンテンツパネルでトピックをダブルクリックして開きます。ビデオを挿入する場所にカーソルを置きます。

  3. 標準ツールバーでマルチメディアを挿入アイコン()を選択し、ドロップダウンリストから以下のいずれかのオプションを選択します。

    • ビデオファイル:コンピューターからビデオを選択します。
    • YouTube:YouTube のビデオを選択します。
    • Vimeo:Vimeo のビデオを選択します。
  4. マルチメディアを挿入ダイアログボックスで、以下のいずれかのオプションを使用してビデオを選択します。

    • プロジェクトファイル:「コンテンツ」または「最近の使用」ドロップダウンセクションで、プロジェクトファイルを参照します。または、ファイル名を使用してビデオをすばやく検索します。 RoboHelp で、コンテンツパネルに指定したファイル名が検索されます。
    • ローカルファイル:コンピューター上を参照するか、ビデオのパスを指定します。
    • Web リンク:ビデオの URL を指定します。

    ビデオを挿入する 3 つすべてのオプションでは、選択した画像をプレビューエリアでプレビューできます。

  5. 挿入」をクリックします。選択したビデオがトピックに追加されます。

Adobe Captivate ビデオの読み込みと挿入

注意:

Adobe Captivate のビデオをトピックのコンテンツに挿入するには、最初にビデオをプロジェクトに読み込む必要があります。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. コンテンツパネルで以下に示すいずれかの操作を実行し、ビデオをプロジェクトに読み込みます。

    • 目的のフォルダーを選択し、ファイル/読み込み/Adobe Captivate デモを選択します。
    • フォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの  をクリックし、読み込み/Adobe Captivate デモを選択します。
  3. 開くダイアログボックスで、読み込むビデオを選択します。

    Adobe Captivate では、ビデオ出力がファイルとフォルダーのコレクションとして保存されます。 すべての関連ファイルを zip 圧縮ファイルとして自動的に読み込むには、出力フォルダーで index.html または index.htm を選択します。または、出力フォルダー全体を含めた .zip または .cpz ファイルを選択できます。

    開く」をクリックします。

    zip 圧縮されたビデオは、RoboHelp により、.cpz 形式でファイル名のアルファベット順にフォルダーに配置されます。

    注意:

    読み込む際にフォルダーを選択しなかった場合、ビデオはコンテンツパネルのルートレベルに配置されます。

  4. 読み込んだビデオをコンテンツに挿入するには、コンテンツパネルでトピックをダブルクリックします。開いているトピックで、ビデオを挿入する場所にカーソルを置きます。

  5. 標準ツールバーで、マルチメディアを挿入アイコン()を選択し、ドロップダウンリストから「Adobe Captivate デモ」を選択します。

  6. 標準ツールバーで、マルチメディアを挿入アイコン()を選択し、ドロップダウンリストから「Adobe Captivate デモ」を選択します。Adobe Captivate デモダイアログボックスの「コンテンツ」ドロップダウンセクションで、読み込んだビデオを選択します。

    注意:

    読み込んだビデオを挿入すると、Adobe Captivate デモダイアログボックスの「最近の使用」ドロップダウンセクションに表示されます。ここではビデオをすばやく選択することもできます。

  7. 選択したビデオを挿入する前に、Adobe Captivate デモダイアログボックスでビデオをプレビューできます。「挿入」をクリックします。

    ビデオはトピック内のカーソルの位置に挿入されます。

    注意:

    標準ツールバーの右隅に表示される  をクリックすると、「プレビュー」でビデオ全体をすばやく再生して確認した後、プロジェクトを公開できます。

画像またはビデオの削除

画像またはビデオをトピックから削除するには:

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. コンテンツパネルで、削除する画像またはビデオが含まれているトピックを開きます。

  3. 目的の画像またはビデオを選択し、「削除」を押します。

サポートされる画像ファイル形式

RoboHelp では以下の画像ファイル形式をサポートしています。

  • BMP
  • GIF
  • ICO
  • JPE
  • JPEG
  • JPG
  • PNG
  • SVG
  • WEBP

サポートされているビデオファイル形式

RoboHelp では以下のオーディオファイル形式とビデオファイル形式をサポートしています。

オーディオファイル形式

  • ASF
  • ASX
  • AU
  • MID
  • MP3
  • RA
  • RAM
  • RM
  • RMI
  • WAV
  • WAX
  • WMA

ビデオファイル形式

  • AVI
  • CPZ
  • F4V
  • FLV
  • MOV
  • MP4 
  • MPE
  • MPEG
  • MPG
  • OGG
  • OGV
  • QT 
  • RPM
  • SWF
  • WEBM
  • WMV 
  • WVX
アドビのロゴ

アカウントにログイン