ここでは、RoboHelp で目次を操作する方法について説明します。

目次を使用すると、プロジェクトの出力で、フォルダー、トピック、サブフォルダーを階層形式で表示することができます。 これによりユーザーは、ヘルプシステムの全体的な構造を把握しながら、各トピックを参照することができます。 目次を使用すると、目的のトピックを素早く選択して参照することができます。

ユーザーに対して表示する出力のタイプに応じて、1 つのプロジェクトに複数の目次を含めることができます。 例えば、開発者に対して特定の目次を表示し、エンドユーザーに対しては別の目次を表示することができます。 プロジェクトの目次パネルで、2 つの目次ファイルを同時に管理することができます。プロジェクトを公開する際に、どちらの目次ファイルを出力内で表示するかを指定することができます。

目次の作成

開いているプロジェクトで目次を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「目次」を選択します。目次パネルが表示されます。

  2. 目次パネルで「」をクリックして、目次を作成します。

  3. 目次を追加ダイアログボックスの「名前」フィールドに名前を入力します。ここで入力した名前が、作成する目次の名前になります。

  4. 終了」をクリックします。

    目次パネルで、目次がドロップダウンリスト()として作成されます。1 つのプロジェクトで複数の目次ファイルを追加することができます。

出力内で目的の目次を使用する

出力内で目次を使用するには、以下の手順を実行します。

  1. 標準ツールバーの左側に表示されている「出力」タブをクリックします。

    出力ビューが表示されます。

  2. 出力ツールバーで、「出力プリセット」をクリックします。

  3. 出力プリセットパネルのオプションで、目的の出力プリセットを選択します。レスポンシブ HTML5、モバイルアプリ、WebHelp、eBook などを出力プリセットとして選択することができます。

  4. コンテンツ」タブを選択します。

  5. プロジェクト内で作成されたすべての目次ファイルが「目次」フィールドに表示されます。ドロップダウンリストを使用して、目的の目次ファイルを選択します。

    選択した目次が出力内に挿入されます。 出力の生成方法については、「出力の生成」を参照してください。

目次名の変更

目次名を変更するには、以下の手順を実行します。

  1. 開いているプロジェクトの作成者ツールバーで、「目次」を選択します。目次パネルが表示されます。

  2. 目次パネルで、名前を変更する目次のオプションアイコン()/名前を変更を選択します。

  3. 目次名を変更ダイアログボックスで、現在の目次名を変更します。「終了」をクリックします。

目次の削除

目次を削除するには、以下の手順を実行します。

  1. 開いているプロジェクトの作成者ツールバーで、「目次」を選択します。目次パネルが表示されます。

  2. 目次パネルで、削除する目次のオプションアイコン()/削除を選択します。

  3. 確認ダイアログボックスで「はい」をクリックして、削除操作を確定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー