マニュアル キャンセル

文法およびスペルのチェック機能の使用

  1. RoboHelp ユーザーガイド
  2. 概要
    1. Adobe RoboHelp の新機能
    2. RoboHelp(2020 release)アップデート 8 の新機能
    3. RoboHelp(2020 release)アップデート 7 の新機能
    4. RoboHelp(2020 release)アップデート 6 の新機能
    5. RoboHelp(2020 release)アップデート 5 の新機能
    6. RoboHelp(2020 release)アップデート 4 の新機能
    7. RoboHelp 必要システム構成
    8. RoboHelp FAQ
    9. Adobe アプリをダウンロードしてインストールする
    10. MacOS で RoboHelp をダウンロードしてインストールする
    11. RoboHelp ワークスペースの概要
    12. RoboHelp で解決済みの問題
  3. プロジェクト
    1. RoboHelp プロジェクトの計画
    2. プロジェクトの作成
    3. トピックとフォルダーの操作
    4. レポートの生成
    5. 状況依存ヘルプの使用
    6. 参照の管理
    7. RoboHelp での環境設定
  4. 作成者との共同作業
    1. Git を使用した共同作業
    2. SharePoint Online を使用した共同作業
    3. Azure DevOps(Team Foundation Server)を使用した共同作業
  5. PDF レイアウト
    1. PDF テンプレート
    2. ページレイアウトのデザイン
    3. PDF 出力の公開
    4. 一般的なコンテンツスタイルの利用
    5. PDF テンプレートのコンポーネント
  6. 編集と書式
    1. コンテンツの書式設定
    2. 相互参照の作成と管理
    3. リンクの作成と管理
    4. スニペットによるシングルソース
    5. 画像とマルチメディアの操作
    6. 作成した変数を使用して簡単に更新を行う
    7. 変数セットの操作
    8. 検索と置換の使用
    9. コンテンツの自動保存
    10. スプリットビューで並べて編集
    11. スペルチェック機能の使用
    12. ブックマークの作成と編集
    13. フィールドの挿入と更新
    14. 複数ビュー間の切り替え
    15. CSS の自動番号付け
  7. 読み込みとリンク
    1. プロジェクトへの Markdown ファイルの読み込み
    2. Word ドキュメントのプロジェクトへの読み込み
    3. FrameMaker ドキュメントのプロジェクトへの読み込み
  8. 目次、索引および用語集
    1. 目次の作成と管理
    2. 索引の作成と管理
    3. 用語集の作成と管理
    4. 閲覧シーケンスの作成と管理
    5. 関連項目および関連トピックの操作
  9. 条件付きコンテンツ
    1. 条件付きコンテンツとは
    2. コンディションタグの作成と適用
    3. 条件付きコンテンツの出力プリセットの設定
    4. 条件付きコンテンツの最適化と管理
  10. マイクロコンテンツ
    1. マイクロコンテンツ
  11. レビューと共同作業
    1. レビューと共同作業
  12. 翻訳
    1. コンテンツの複数言語への翻訳
    2. サービスプロバイダー向け翻訳フレームワークの設定
  13. スキンとマスターページ
    1. スキンの操作
    2. マスターページの操作
    3. ラベルの操作
    4. PDF のカスタマイズ
    5. フレームレススキンエディターの概要
  14. 出力を生成中
    1. 出力の生成
    2. フレームレス出力の生成
    3. ナレッジベース出力の生成
    4. PDF 出力の生成
    5. レスポンシブ HTML5 出力の生成
    6. Word ドキュメント出力の生成
    7. コンテンツのみの出力の生成
    8. 電子ブック出力の生成
    9. Microsoft HTML Help 出力の生成
    10. モバイルアプリ出力の生成
  15. 出力の公開
    1. RoboHelp Server への公開
    2. FTP サーバー、セキュア FTP サーバーまたはファイルシステムへの公開
    3. SharePoint Online への公開
    4. Zendesk ヘルプセンターへの公開
    5. Salesforce ナレッジベースに公開
    6. ServiceNow ナレッジベースへの公開
    7. Zoho ナレッジベースへの公開
    8. Adobe Experience Manager への公開
  16. 付録
    1. Adobe RoboHelp スクリプトリファレンス
    2. RoboHelp のキーボードショートカット

スペルチェックは、スペルミスに対処するため、辞書の作成、無視した単語リストの管理、スペルミスの単語の修正などを行い、エクスペリエンスを簡素化できます。

高い品質を保つため、スペルチェックオプションのご使用をお勧めします。Adobe RoboHelp では、デフォルトで「トピックを開くときにスペルチェックを実行」をサポートし、赤の下線でトピック内のスペルミスがある単語を強調表示します。

文法およびスペルのチェックのオプション

スペルチェックオプションを選択するには、画面の右側にある「プロパティ」タブの横にあるスペルチェックパネルにアクセスします。オプションのいずれかを選択したら、右側のスピンをクリックして、指定したファイルでスペルチェックを実行します。スペルチェックでは、すべての単語がスキャンされ、エラーの修正が提案されます。

  • 現在のファイル - 表示中のファイルのスペルチェックを行います。
  • すべてのトピック - 現在開いているプロジェクトのすべてのファイルについて、スペルチェックを行います。
  • すべてのプロジェクトファイル - トピック、目次、索引、用語集を含む、現在開いているプロジェクトのすべてのファイルについて、スペルチェックを行います。

「スペルチェック」タブの右側にある「設定」アイコンをクリックすると、2 つの環境設定(「ユーザー辞書」「単語を無視」)を追加できます。

キーボードショートカットを使用した文法およびスペルのチェック

キー
アクション
F7 文法およびスペルのチェックパネルが開き、エラーを検出するためにトピックがスキャンされます。 実行すると、トピックで最初に検出されたエラーが表示されます。 

Ctrl+F7(Win)

Cmd+F7(macOS)

現在のフォルダーと同じフォルダーにあるすべてのトピックについて、文法とスペルのチェックを行います。

CTRL+SHIFT+F7(Win)

Cmd+Shift+F7(macOS)

ファイルが開いているかどうかに関係なく、文法とスペルのチェックパネルが開き、すべてのファイル(索引、用語集、HTML コンテンツファイル、目次)からエラーにフラグを立てます。 

文法およびスペルのチェック

文法およびスペルのチェックのプロファイルに関する詳細については、文法およびスペルチェッカープロファイルの設定を参照してください。

文法およびスペルチェッカーを実行するには、次の手順に従います。

  1. RoboHelp で、トピック、索引、用語集を開きます。

  2. 右側のペインで、「スペルチェック」を選択します。

  3. 環境設定」アイコンを選択して、適切なプロバイダーが選択されていることを確認します。

  4. 現在のファイル、プロジェクト内のすべてのトピック、またはプロジェクト内のすべてのファイルについて、文法チェッカーを実行するかどうかを選択します。

    チェック範囲を選択します
    チェック範囲を選択します

  5. 文法チェックを実行」を選択します。結果は、次のようにパネルに表示されます。

  6. スペル、文法、区切り記号によってグループ化されたエラーの数を示すセクションがあります。 この例では、チェッカーがフラグを立てたトピック内にタイプミスが 2 つと文法エラーが 1 つあります。

  7. それぞれの結果について、修正候補を適用するか拒否するかを選択できます。 スペルミスを修正するには、提案された単語を選択し、変更を適用します。 修正候補を選択すると、正しくない用語 / フレーズがエディターで強調表示されます。 「確定」ボタンは、修正候補を選択した後にのみ有効になります。 修正候補が拒否されると、結果がパネルから削除されます。

    選択された修正候補
    選択された修正候補

  8. 同様に、その他の修正候補も適宜変更してください。

注意:

ネットワークに接続されていない場合など、何らかの中断が発生した場合は、ポップアップが表示され、実行の再開またはキャンセルを求めるメッセージが表示されます。

仕組み

スペルチェックでは、スペルミスがある単語をそれぞれ確認できます。選択内容に基づいて、辞書にないすべてのスペルミスがある単語は、辞書にない単語フィールドの下に表示され、スキップ、無視、追加のいずれかを選択できます。詳しくは、辞書にない単語を参照してください。

下部の修正候補リストには、正しいスペルの選択肢が表示されます。スペルミスがある単語について表示された提案をもとに置換またはすべて置換を選択できます。詳しくは、修正候補を使用したスペルの修正を参照してください。

上記の手順でスペルミスがある単語を修正した後は、次のスペルミスがある単語に移動します。スペルミスの修正が完了すると、スペルミスがある単語の下に「<なし>」というメッセージが表示されます。

注意:

ユーザーが手動でスペルミスがある単語を修正した場合、現在のファイルの更新されたコンテンツでスペルチェックの再実行が必要です。

辞書にない単語

この項目は、スペルミスがある単語が検出されたことを示します。メイン辞書にない単語は、スペルミスと見なされます。以下の 3 つのオプションから選択します。

  • スキップ - 報告された単語をスキップして、次のスペルミスがある単語に移動します。
  • 無視 - 特定のスペルミスがある単語が、今後報告されないように設定できます。スペルミスと見なされた単語が実際には正しく綴られている場合にこれを使用します。その単語は、無視した単語リストに自動的に追加されることになります。詳しくは、無視した単語を参照してください。
  • 追加 - 報告された単語をユーザー辞書に追加します。スペルが正しいにもかかわらず(例:人の名前、場所など)単語がスペルミスとして報告されている場合は、「追加」ボタンを使用して、以後のスペルチェックでフラグが立てられないようにします。詳しくは、ユーザー辞書を参照してください。

修正候補を使用したスペルの修正

スペルチェック機能では、以下のオプションからスペルミスがある単語を置き換える方法を選択できます。

  • 置換 - 提案された単語のいずれかを使用してエラーを修正し「置換」ボタンをクリックします。
  • すべて置換 - 「すべて置換」を選択して、トピック内のすべてのエラーを一度に修正できます。

ユーザー辞書

注意:

辞書に単語を追加すると、プロジェクト全体のスペルチェックにその単語を使用できるようになります。

これにより、新しい単語のスペルを正しいものとしてプログラムに認識させることができます。辞書に追加された単語を編集または削除するには、以下の手順に従います。

  • 単語を追加するには、ボックスに単語を入力し、追加(+)をクリックします。
  • 単語を削除するには、「辞書」ボックスで選択し「削除」()をクリックします。ただし、複数の不要な単語を選択し「削除」()をクリックして、辞書から削除することもできます。
ユーザー辞書

無視した単語

注意:

無視した単語のリストはプロジェクトレベルに固有のものであるため、プロジェクトごとに異なります。

このリストで無視した単語を定義することで、スペルミスがある単語として表示されないようになります。名前、略語など、特定の単語を除外するのに役立ちます。このリストは「辞書にない単語」タブから無視した単語リストを継承します。

  • 単語を削除するには、リストで単語を選択し「削除」)ボタンをクリックします。ただし、複数の単語を選択して「削除()」をクリックすることもできます。
無視した単語

アドビのロゴ

アカウントにログイン